1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 住まい・くらし  >  
  4. 住まい  >  
  5. 市営住宅

7月6日及び7月12日からの大雨による被災者に対する市営住宅の提供

1.目的
令和3年7月6日からの大雨及び7月12日からの大雨により被災された市民に対して、市営住宅を提供します。

2.提供する市営住宅(16戸)
(1)提供期間は最長1年間
(2)家賃・駐車場代は全額免除
(3)敷金・退去修繕は不要
(4)その他光熱水費、共益費、自治会費は入居者負担
※電化製品等の家財道具はありません。

3.対象者
松江市が発行する当該被害に係る罹災証明書の交付を受けた市民

4.入居要件
(1)令和3年7月6日からの大雨及び7月12日からの大雨の被害に係る罹災証明書の交付を受けた被災者
(2)入居するすべての者が暴力団員ではないこと

5.提供住宅(※随時更新)

チェリーハイツ(島根町大芦)1戸(3LDK)
矢田アパート(矢田町)5戸(3DK)
宝谷アパート(山代町)4戸(3K、3DK)
中曽根アパート(山代町)3戸(3K)
来美アパート(山代町)1戸(3DK)
大庭アパート(大庭町)1戸(3DK)
古志原アパート(古志原)1戸(3K)

6.申込手続き
(1)行政財産使用許可申請書
(2)住宅の罹災証明書
(3)入居者全員の住民票の写し

7.お問い合わせ先
松江市歴史まちづくり部建築指導課

(電話)0852-55-5344
(受付時間)平日8時30分から17時15分まで

新型コロナ感染症の影響による住宅喪失者への市営住宅の提供について

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う解雇等により、収入が著しく減少し住宅の退去を余儀なくされる松江市内在住の方に対して、市営住宅を提供します。

1.提供する市営住宅(5戸)

 間取り:3Kまたは3DK

2.家賃等

  • 家賃:50%減免
  • 駐車場:有償
  • 敷金、連帯保証人は不要

3.提供する期間

 1年以内(入居から6ヵ月経過時に更新手続き要)

4.受付開始時期

 令和2年5月18日(月)

5.申し込みに必要な書類

  • 行政財産使用許可申請書
  • 誓約書
  • 住宅を喪失されることがわかる書類
  • 離職等がわかる書類(離職された方のみ)
  • 収入が減少したことがわかる書類(収入が著しく減少された方のみ)

 市県民税課税証明書および直近3ヵ月分の給与支払い証明書

  • 入居希望者全員の住民票

通常入居の申し込み

平成23年4月1日から市営住宅等の入居者募集や各種受付窓口が次のとおりとなっております。

松江市古志原四丁目1番1号

島根県住宅供給公社松江住宅管理事務所(外部サイト:市営住宅の入居を希望される方はこちらをクリックしてください。)

電話:0852-22-3400

ファックス:0852-22-3280


受付窓口の位置図:

島根建住宅供給公社の位置図、島根県立工業高等学校北西。

島根県住宅供給公社は、国道432号沿い、島根県立松江工業高等学校の隣です。

受付時間

平日:8時30分から18時まで

(休日は土曜、日曜、祝日、年末年始です。)

窓口が変更となった主な業務

  • 入居の受付に関すること
  • 家賃及び駐車場使用料に関すること
  • 各種届出書類の受付に関すること
  • 住宅の修繕に関すること
  • 住宅の退去に関すること
  • 駐車場の管理に関すること

市営住宅・特定公共賃貸住宅・住宅地区改良住宅【一覧表・位置図】

 

【位置図】H28.4.1現在