1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 選挙  >  
  4. 衆議院議員総選挙(令和3年10月31日執行)

衆議院議員総選挙(令和3年10月31日執行)

投票できる人

今回、市内の各投票所で投票することができるのは18歳以上の日本国民で、10月18日時点で松江市に住所を有してから3か月以上が経過している人です。具体的には次のとおりです。

年齢 平成15年11月1日以前の出生者
投票できる人
転入者 令和3年7月18日以前に転入届を出した人は投票できます
転出者

令和3年7月1日以降の転出者

ただし、転出先の名簿に登録された人は松江市の選挙人として投票することはできません。

市内転居者 令和3年10月9日以降に転居届を出した人は前住所の投票所での投票となります。

 

投票所

投票所は、事前に送付する入場整理券に記載していますので、ご確認ください。
また、下記ページにも、投票所一覧と案内図を掲載しています。
松江市内の投票区・投票所一覧(Excel:68KB)

投票時間は7時から20時までです。ただし、次の地区の投票所では投票終了時刻を繰り上げて、19時までとします。

【各支所管内地区、大野地区、秋鹿地区、忌部地区、本庄地区】

入場整理券

 投票入場券は、18日(月)から、順次、全世帯に郵送により配達しておりますが、配達完了が21日(木)の見込みとなっております。

配達が遅れている方にはご心配をおかけしますが、入場券がなくても投票することはできますので、その場合は投票所の係員にお伝えください。

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止対策

各投票所では、手指消毒用アルコールの設置、事務従事者などのマスク着用、投票用紙記載台の定期的な消毒などを実施します。
投票に行く人も投票所でのマスク着用、咳エチケットの実施、帰宅後の手洗い・うがいなどの徹底にご協力お願いします。

投票の方法

  1. 受付に入場整理券を出します(入場整理券がないときは受付でお申し出ください)。
  2. 係員が名簿と対照します。
  3. 「小選挙区選挙」の投票用紙を受け取ります。投票しようと思う候補者1人の氏名を記載台で投票用紙に記入し、指定の投票箱に入れてください。
  4. 「比例代表選挙」と「最高裁判所裁判官国民審査」の投票用紙を受け取り、同じ記載台で一度に記入します。「比例代表選挙」の投票用紙には投票しようと思う1つの政党名を、また「最高裁判所裁判官国民審査」の投票用紙にはやめさせたいと思う裁判官の氏名の上の欄に×印を記入し、それぞれ指定の投票箱に入れてください。

候補者の氏名以外に「必勝」「当選」などと記入したり、氏名の下に「へ」「に」「さんへ」などと記入した投票は無効となります。

点字投票・代理投票

投票用紙を受け取る前に、係員に点字で投票する旨を申し出てください。点字器は投票所でも用意しますが、使い慣れた点字器をお持ちになり、使用してもかまいません。点字による候補者名簿なども用意していますので、必要な人は係員に申し出てください。

身体の障がいなどのため、自分で投票用紙に書けない人は、投票所で定める代理者(事務員)が代わって記載する制度がありますので、係員に申し出てください。

期日前投票

期間:10月20日(水)から10月30日(土)

イオンは10月23日(土)から10月30日(土)ですのでご注意ください。

時間:8時30分から20時(イオンは9時から20時)


投票日当日に投票できない人は、期日前投票ができます。投票所に選挙人が集中することを避けるため、ご自身の予防対策をしたうえで、期日前投票を積極的に利用してください。投票所内の混雑緩和のため入場整理を行いますので、時間帯によってはお待ちいただく場合があります。

投票所滞在時間の短縮および投票所職員との接触機会を減らすため、あらかじめ入場整理券裏面に印刷された「期日前投票宣誓書」を記入してください。

期日前投票所は次のとおりです。

・市役所本庁2階集会室
・鹿島公民館1階部屋「恵比須」
・島根支所1階101会議室
・美保関支所2階201会議室
・八雲支所1階会議室
・玉湯支所1階ロビー
・宍道公民館小会議室
・八束支所1階会議室
・東出雲支所1階情報公開室
・イオン松江ショッピングセンター新館1階吹抜け広場

不在者投票

指定病院などでの不在者投票

指定病院・老人ホームなどに入院・入所している人は、その施設で不在者投票ができます。事前にその施設の担当者に問い合わせください。
なお、不在者投票期間は期日前投票と同じですが、時間は8時30分から17時です。

他市町村で行う不在者投票

出張・旅行などで居住地を不在とし、松江市で投票当日の投票や期日前投票ができない人は、滞在地の市町村で不在者投票ができます。事前に松江市選管(本庁)に投票用紙を請求してください。なお、不在者投票の時間は、滞在地の市町村選管に問い合わせください。

・不在者投票用請求書(PDF:134KB)

重度身体障がい者等の郵便等投票

(1)から(3)の障がいに該当する人で、投票所に行くことができない人は、自宅などで「郵便等による不在者投票」をすることができます。この場合、あらかじめ市選管から郵便等投票証明書の交付を受け、10月27日(水)までに所定の請求書に本人が署名をして投票用紙を請求してください。

(1)身体障がい者手帳の所持者で、

  • 両下肢、体幹、移動機能の障がいが1級か2級の人
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がいが1級か3級の人
  • 免疫、肝臓の障がいが1級から3級の人

(2)戦傷病者手帳の所持者で、

  • 両下肢、体幹の障がいが特別項症から第2項症までの人
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がいが、特別項症から第3項症までの人

(3)介護保険法に規定する要介護者で、介護保険の被保険者証の要介護状態区分が要介護5の人

代理人に記載をさせることができる人

上記(1)から(3)に該当する人のうち、下記の障がいがある人は、本人に代わって代理人が自宅などで投票用紙に記載することができます。この場合あらかじめ市選管から代理記載用の郵便等投票証明書の交付を受け、10月27日(水)までに所定の請求書に代理人が署名をして投票用紙を請求してください。

  • 身体障がい者手帳の所持者で、上肢、視覚の障がいが1級の人
  • 戦傷病者手帳の所持者で、上肢、視覚の障がいが特別項症から第2項症までの人

特例郵便等投票

新型コロナウィルス感染症により療養等されている方が一定の要件を満たす場合、郵便等で投票することができるようになりました。特例郵便等投票制度の詳細については、下記外部サイトよりご確認ください。

総務省ホームページ(外部サイト)

・特例郵便等投票制度の対象となる方、手続きの概要(PDF:467KB)

・投票用紙等の請求手続きについて(PDF:392KB)

・投票の手続きについて(PDF:376KB)

・特例郵便等投票請求書(PDF:173KB)

・特例郵便等投票請求書記載例(PDF:215KB)

・請求書送付の際の宛名表示(PDF:224KB)

選挙公報の配布

選挙公報は10月29日までに各世帯に配布しますが、もし届かないときは、市役所本庁、各支所、各公民館に備えていますのでご利用ください。また、島根県ホームページに10月20日ごろに掲載される予定です。下記ホームページリンクをご活用ください。

島根県選挙管理委員会(外部サイト)

お問い合わせ
選挙管理委員会事務局
電話:0852-55-5118/ファックス:0852-55-5494/メールアドレス:senkyo@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。