1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 広報・広聴  >  
  4. 報道提供資料  >  
  5. 平成31(2019)年  >  
  6. 10月  >  
  7. 松江歴史館ミニ展示「家老屋敷で食べられていたもの」(10月23日)

松江歴史館ミニ展示「家老屋敷で食べられていたもの」(10月23日)

内容

松江藩主が松平家の時期に家老の屋敷地だった松江歴史館敷地内での発掘調査によって当時のゴミ穴から出土した貝殻や動物の骨などを展示して、当時の家老屋敷で食べられていた動物資源の一端を紹介します。

  •  期:令和元年10月18日(金曜)から12月18日(水曜) 休館日:11月21日(木曜)

開館時間:8時30分から17時(観覧受付は閉館30分前まで)

  •  所:松江歴史館 展示ホール (補足)観覧無料です。

(注目点)家老屋敷から出土した貝殻の大きさなど、実際に目で見て感じてもらうことができます。

現在も「赤貝」と呼び食べる習慣があるサルボウガイは、松江歴史館敷地内の南側屋敷地から最も多く出土した貝類だったことを紹介します。

当時の荷札木簡から、アワビが家老屋敷地に運び込まれていたことがわかります。

添付資料(PDF:534KB)


【問い合わせ】

歴史まちづくり部松江歴史館

担当者:木 

電話:0852-55ー5511

お問い合わせ
政策部  広報室
電話:0852-55-5125/ファックス:0852-55-5665/メールアドレス:kouhou@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。