1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 行政改革  >  
  4. 地方分権の推進・権限移譲

地方分権の推進・権限移譲

住民に一番近い自治体である市が、市民本位の政策を実施するために、松江市独自で判断・決定できる事柄を国・県に働きかけて拡大していくものです。

松江市では、平成8年度以降、島根県の「市町村への権限委譲計画」や国の地方分権改革、特例市への移行等により、さまざまな事務権限の移譲を受けてきました。

 

また、平成26年5月に地方自治法が改正され、平成27年4月1日から特例市制度が廃止されるとともに、中核市の指定要件が人口30万人以上から20万人以上に引き下げられました。

山陰一の人口を有する松江市(平成26年12月末で約20万6千人)は、市民サービスのさらなる充実と、人口減少社会にあっても活力ある地域となるために、特例市より多くの権限を持つ中核市への移行を目指します。

お問い合わせ
総務部  行政改革推進課
電話:0852-55-5612/ファックス:0852-55-5070/メールアドレス:gyoukaku@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。