1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 文化行政  >  
  4. 松江の文化力を生かしたまちづくり

松江の文化力を生かしたまちづくり

国際文化観光都市70周年を迎えるにあたり、市民の暮らしの根底にあり、誇りとなりうる松江の文化力を再認識し、世代を超えて誰もが心豊かになれるまちにしていくための指針を示すため、令和3年3月30日に「松江の文化力を生かしたまちづくり条例」を施行しました。

「誰もが松江の伝統文化芸術を誇りに思い、心豊かになれるまち」を目指し、まちづくりを推進していきます。

「松江市伝統文化芸術振興審議会」公募委員の選考結果について

令和3年6月1日(火曜)から6月30日(水曜)までの期間、「松江市伝統文化芸術振興審議会」公募委員の募集を行い、下記のとおりご応募をいただきました。募集終了後、応募者の選考を行いましたので、その結果についてお知らせします。

【応募者数】4人

【選考決定者数】2人

松江の文化力を生かしたまちづくり条例

松江の文化力を生かしたまちづくり条例では、松江の文化力を支える7つの柱として「古代から近代までの豊富な文化財」「地域に根付く伝統文化」「市民生活に根付く茶の湯文化」「小泉八雲が五感で感じた松江の生活文化」「市民とともに育む文化芸術活動」「伝統文化芸術活動の拠点となる施設」「宍道湖、堀川、中海等の松江的景観」を定めました。また、伝統文化芸術の振興にあたっては、「知る」「育てる」「伝える」「創造する」「活用する」「支える」の6つの視点を取り入れながら取り組みを推進します。

松江市伝統文化芸術振興計画

松江市伝統文化芸術振興計画は、条例で定めた「めざすべきまちの姿」の実現に向けた実行性を確保するとともに、誰もが力をあわせて松江の伝統文化芸術振興に取り組む基本的な考え方を共有するために策定しました。

資料

リーフレット

松江の文化力を生かしたまちづくり条例リーフレット1松江の文化力を生かしたまちづくり条例リーフレット2

条例制定及び計画策定までの経過

松江の文化力を生かしたまちづくり条例の制定及び松江市伝統文化芸術振興計画の策定にあたり、令和元年11月から「松江市文化行政のあり方検討委員会」を設置して、松江の伝統文化芸術の保存、活用、継承のあり方などについて検討を重ねてきました。

松江市文化行政のあり方検討委員会

パブリックコメント

松江の文化へのご意見等

ヒアリング内容について公開のご了承をいただいた方のご意見

お問い合わせ
政策部  地域振興課
電話:0852-55-5519/ファックス:0852-55-5665/メールアドレス:chiiki@city.matsue.lg.jp、(ふるさと納税)furusato@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。