1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 申請・届出・証明  >  
  4. 住民基本台帳カード・電子証明書  >  
  5. 公的個人認証サービス

公的個人認証サービス

電子証明書とは、e-Taxなどインターネットを通じて公的個人認証サービスを受けるために利用するものです。

マイナンバーカードでは、「利用者証明用電子証明書」と「署名用電子証明書」の2種類の電子証明書が搭載されます。

  • 「利用者証明用電子証明書」とは

インターネットを閲覧する場合などに、利用者本人であることのみを証明する仕組みで、行政機関がやりとりした自分のマイナンバーの付いた情報を確認できるマイナポータル(平成29年1月開始予定)へのログインなど、本人であることの証明手段として利用されます。

  • 「署名用電子証明書」とは

インターネットで電子文書を送信する際などに、文書が改ざんされていないかどうか等を確認することができる仕組みで、e-Taxの確定申告など、文書を伴う電子申請に利用されます。署名用電子証明書は15歳未満の方及び成年被後見人には発行できません。

マイナンバー制度導入による電子証明書の発行の変更について

平成28年1月から社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入により、マイナンバーカードの発行が開始されました。

これにより、住民基本台帳カードへの電子証明書の発行は平成27年12月22日をもって終了しました。

住民基本台帳カードへ電子証明書を発行することはできませんのでご注意ください。

すでに電子証明書が発行されている住民基本台帳カードについては有効期限まで使えます。

住民基本台帳カードの電子証明書の有効期限は発行日から3年間でしたが、マイナンバーカードの電子証明書の有効期限は発行日から5回目の誕生日までとなります。

ただし、電子証明書の有効期限がマイナンバーカードの有効期限より長くなる場合は、マイナンバーカードの有効期間満了日までとなります。

また、住所や氏名等個人番号カードの登録事項に変更があった場合には、個人番号カード自体の券面更新手続きをすれば「利用者証明用電子証明書」は有効期限まで使うことができますが、「署名用電子証明書」は失効してしまいます。

マイナンバーカードへの電子証明書の発行手数料は初回無料です。

マイナンバーカードを紛失されたりして再交付を受けた場合は、電子証明書の再発行手数料200円がかかります。

問い合わせ先

<本庁>市民課総合窓口センター届出窓口(2番窓口)

690-8540島根県松江市末次町86
電話:0852-55-5253
ファックス0852-55-5536
メール:shimin@city.matsue.lg.jp

<各支所>市民生活課

お問い合わせ
市民部  市民課            
電話:0852-55-5252/ファックス:0852-55-5536/メールアドレス:shimin@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。