1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 市民相談・市民活動  >  
  4. 消費生活  >  
  5. 情報提供  >  
  6. 消費者トラブル

消費者トラブル

消費者トラブルに遭ったら

 生活の中で困った契約のトラブル、商品についての苦情・相談をお受けします。

 「借金が多くて返済できない。」「何年返済してもなかなか終わらない。」などの債務整理に関することや「だまされた。」「無理矢理契約させられた。」など悪質商法に関すること。また、「敷金が返してもらえない。」「一方的に大家さんから出て行けといわれた。」などの借家契約に関することなど、消費生活に関するさまざまな相談を専門の相談員が受け付けています。困ったな、と思ったら一人で悩まず、まず相談をしましょう。

 私たちは毎日の生活の中で、さまざまな契約をしています。契約はお互いの合意があれば契約書がなくても口約束でも成立し、いったん契約を結ぶと一方の都合だけ勝手に解消することはできません。契約上のトラブルが発生した場合は、私たち消費者の利益を守るために、特定商取引法(クーリング・オフ制度)や消費者契約法などの法律が制定されています。


消費者トラブルの例

 催眠商法:空き店舗などを会場にして人を集め、最初はタダ同然に日用品などを配布し"買わなければ損をする"という雰囲気にしておいて最後に高額

の布団などを販売するものです。契約書を受け取ってから8日間はクーリング・オフができます。

 点検商法:『床下の点検をさせてくれ。』などといって訪問し、『床下が湿っている。放って置くと大変なことになる。』などと事実と異なること

を告げて、必要もないのに補強工事をさせたり、床下換気扇を設置させる。契約書を受け取ってから8日間はクーリング・オフできます。

 【国民生活センター】の見守り新鮮情報は、高齢者・障がい者・子どもを支える人たちに役立つ情報です。

 見守り新鮮情報は、こちらから(`外部サイト'に移行します。)

架空請求

 郵便、電子メールなどで過去のアダルトサイト情報料などの未納分を支払えと言って催告通知をする悪質な業者が横行しています。業者は何らかの方法で名簿などを入手し、無作為に架空の請求をしています。

 利用していないのなら支払う必要はありません。連絡先の携帯番号に電話をすると個人情報を教えることになり、執拗な請求を受けることになります。無視して、連絡しないことです。もし連絡してしまって執拗な請求を受けている場合は、警察や相談機関に相談しましょう。

インターネット通信販売

 インターネットのホームページを見て代金を振り込んだが、商品が届かない。こんなトラブルが増えています。クレジット払いや銀行振込みなどの後払いの支払方法が用意されているかどうか、また業者の氏名、住所、連絡先(電話・FAX)などを確認することも必要です。一定の運営基準を満たす適正な事業者はホームページ上にオンラインマークを表示しており、消費者にとっての「安心の目安」とされています。

 (社)日本通信販売協会が審査しており、ホームページが通信販売のルールを守っていることを認定しています。ただし事業者の販売する商品やサービスの品質や売買契約の内容、事業者の経営内容を保証するものではありません。

多重債務にならないようにしましょう

 返済計画を立てて使いすぎないように注意しましょう。借金返済のためにさらに借金をすることは多重債務の始まりです。多重債務に落ち入った場合は債務整理の方法(特定調停、任意整理、個人再生、自己破産)がありますので、相談しましょう。

 借金整理屋や買取屋の甘い誘いに乗ると結果的に借金を増やすことになりますので気をつけましょう。

お問い合わせ
市民部  消費・生活相談室
電話:0852-55-5148/ファックス:0852-55-5544
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。