1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. まちづくり  >  
  4. 景観・屋外広告物  >  
  5. 屋外広告物

屋外広告物について

屋外広告物は、様々な情報の伝達手段として、日々の経済活動や市民活動等において欠くことのできないものですが、無秩序に氾濫すると、良好な都市景観や自然の風致を阻害する要因となります。さらに、適正な掲出や管理がされなければ、公衆の安全を妨げ、危害や圧迫感を与えることも懸念されるため、適正な規制・誘導が必要となります。

松江市では地域の特性に応じたメリハリのある屋外広告物行政を推進するため、指針として策定した『松江市屋外広告物計画』(平成20年6月)を基調として、『松江市屋外広告物条例』(平成20年10月)を制定しました。平成21年4月1日から、『松江市屋外広告物条例』に基づき、景観行政との一体性を高めた屋外広告物行政を進めています。

地域ごとの景観特性に合わせた屋外広告物の基準を設けていますので、屋外広告物の計画の際には、事前に区域とその基準の確認をしてください。

また、平成30年4月1日の中核市移行に伴い、屋外広告業登録制度も実施しています。松江市内で屋外広告業を営むにはこれまでの島根県の登録ではなく、松江市の登録が必要です。

屋外広告物に関すること

屋外広告物を掲出するには、原則として許可が必要です。

松江市内は全域が許可地域と禁止地域になっており、制限なく掲出できる地域はありません。

また、許可地域の中でも周辺の景観にあわせて細かく区域ごとに基準を定めています。

屋外広告物の種類、市内の区域やその基準については以下をご覧ください。

内中原町を「景観保全型広告整備区域」に追加しました(令和2年7月施行)

江戸時代からの堀に囲まれた地形を残す内中原らしい景観を守り、育み、次世代に継承し、また住民の地域に対する誇りと愛着を深めるため、松江市景観計画における重点区域に「内中原町景観形成区域」を指定しました。

それに合わせて屋外広告物計画でも「景観保全型広告整備区域」に指定し、内中原町の景観に調和した屋外広告物となるように基準を定めました。

住民の皆さんと協働で地域の現状や将来像を考え、内中原町の低層な住宅地と公共施設や高層建築が混在する特性に応じて3つの区域に分けて景観・屋外広告物のルールを策定しています。

・松江市屋外広告物条例・計画における内中原町景観形成区域の概要(PDF:553KB)(指定範囲の図を含みます)

屋外広告物による事故の防止は、広告主や所有者の責任です

 平成27年2月15日に札幌市において、ビルの壁面に設置されている屋外広告物の一部が落下して歩行者を直撃し、意識不明の重体となる事故が発生しました。老朽化によるものですが、設置から30年間、看板の安全点検は目視による確認しか行っていませんでした。

 屋外広告物は風雨や日差しなどの自然環境により、部材の腐食、ゆるみ、亀裂等が発生している場合があります。こうした劣化を放置すると、落下や倒壊などの危険があり、重大な人身事故など取り返しのつかない事態を招くおそれがあります。

 看板の落下などで第三者に被害があった場合、長年積み重ねた会社やお店の信用を一瞬で失い、多額の賠償や風評によって事業の継続が脅かされる事態にも陥りかねません。そこまで極端な状況でなくても、老朽化して錆びたまま、照明が切れたままの看板を放置することが会社の評価の向上につながることはあり得ません。

 市内にもバブル期に設置されて約30年が経過する看板は多く存在します。看板の事故を未然に防ぎ、文字どおり会社の「看板に傷がつく」リスクから身を守るため、適切な安全点検や改修を行いましょう。

オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック(PDF:1924KB)

産官学連携による屋外広告物適正化推進委員会の発行で、オーナー目線でのチェックポイント等が分かりやすくなっています。

屋外広告業に関すること

市内で業務を行うには、松江市への登録が必要です。

平成30年4月1日の中核市移行に伴い、松江市内で屋外広告物の設置など屋外広告業の業務を行うには、松江市への登録が必要になりました。

特例制度(島根県に登録すれば、松江市にも登録したとみなす)は、一部の経過措置を除いて設けていませんので、ご注意ください。

屋外広告物講習会について

松江市では屋外広告物の表示及び掲出物件の設置に関して必要な知識の習得を目的とした講習会を島根県と共催で開催しています。

この講習会の修了者は、屋外広告業の登録にあたって必要な営業所ごとの業務主任になることができます。

※令和3年度の受講申込を受付中です。

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり文化財課景観政策係(市役所別館2階)

電話:0852-55-5387/FAX:0852-55-5658

Eメール:machi-bun@city.matsue.lg.jp

お問い合わせ
歴史まちづくり部  まちづくり文化財課
電話:0852-55-5956(歴史まちづくり係)、0852-55-5387(景観政策係)、0852-55-5523(文化財保護係)/ファックス:0852-55-5658/メールアドレス:machi-bun@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。