1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 教育・子育て  >  
  4. 子育て  >  
  5. 支援  >  
  6. ファミ  >  
  7. まかせて会員スキルアップ講習会(要予約)

まかせて会員スキルアップ講習会(要予約)

2021年度の予定

実施日:

  • 6月25日(金曜)10時から12時
    • 「発達の気になる子どもの理解と関わり方ー困った子から困っている子へー」(病児・病後児預かり会員養成講座項目2)
    • 講師:市教育・発達相談支援センター「エスコ」所長山本勉氏
    • 定員:20人
  • 8月30日(月曜)10時から11時
    • 「子どもの心肺蘇生とAEDの使い方」(病児・病後児預かり会員養成講座項目5)
    • 講師:松江市消防本部職員
    • 定員:19人
  • 令和4年2月4日(金曜)9時から12時
    • 「事業を円滑に進める為に」(病児・病後児預かり会員養成講座項目9)
    • 講師:まつえファミリーサポートセンターアドバイザー
    • 定員:5人

受講定員を通常より減らし、席の間隔をあけて実施します。

会場入口で手指を消毒してください。

席や発熱などの体調不良の症状がある場合は、受講をご遠慮ください。

会場内ではマスクの着用をお願いします。

  • 注意:令和3年7月現在の予定です。日程は変更になることがあります。詳しくはお問い合わせください。
  • 電話/ファックス:0852-32-0850
  • メールfamisapo@web-sanin.co.jp

2021年度「まかせて会員スキルアップ講習会」の報告

講習会の報告です。

「発達の気になる子どもの理解と関わり方ー困った子から困っている子へー」

6月25日(金曜)に松江市保健福祉総合センターにおいて、松江市発達・教育相談支援センター「エスコ」所長山本勉氏を講師に迎え、「発達の気になる子どもの理解と関わり方ー困った子から困っている子へー」と題し、第1回まかせて会員スキルアップ講習会を開催しました。
当日は、17名の参加者がありました。
支援する立場から、「発達の気になる子ども」とどのように関わっていけば良いのか、たくさんの現場でたくさんの子どもと関わり、経験を積んでこられた先生だからこその話しを聞くことができました。
普段の子育てにも大切な内容が多く含まれていましたので、先生のお話しの一部をご紹介します。

講師の講話の様子 講習会で講師が話す様子

  • 「気になる行動」とは・・・(大人から見て)気になる行動であり、そこには原因がある。
    • 子どもの心の訴えに早く気付き声掛けをしてあげる。
    • 大人の意識を高める。
    • マイナス的な意見も理解することにより子どもの自信に繋がる。
  • 「寄り添う」とは・・・子どもの困った感情も大人の受け取り方を変えることで、子ども自身の困りに寄り添うことができる。視点が変わることにより、関わりが変わってくる。
    • 子どもの行動や言葉を読み取り、その背景を探ること。
    • 見通しを立ててあげること。
    • 聴き上手になるということ。
  • 「環境」を整えるとは・・・望ましい環境とは、
    • 過ごしている場が、参加しやすい場である。
    • 求められるものがやりがいのある活動である。
    • そこにいる人が、安心できる人である。
  • その他

発達障がいには種類と特性がある。(ADHD・ASDなど)理解と支援で個性になる。

  • 障がいを支えるというより、子どもを支える。

 

最後に・・・

  • 支援をする為にはプラスを引き継ぐ。上手くいっている時にこそプラスになる要素がある。
  • 子どものズレをなくす。子どもとはズレるんだということを前提におく。

 

現在、子育て支援に携わってくださっている方はもとより、子育て支援に興味のある方にも参加いただき、とても実りある学習会となりました。

お問い合わせ
子育て部  子育て支援センター
電話:0852-60-8141(家庭支援係:子育て支援拠点、ファミサポなど)、電話:0852-60-8155(子育て保健係:妊娠・出産、予防接種など) /ファックス:0852-60-8160/メールアドレス:kosodate@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。