1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 保健衛生(感染症、食品、動物、生活衛生)  >  
  5. 感染症情報  >  
  6. 感染性胃腸炎

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎は、ウイルスや細菌など様々な病原体が原因となります。中でもノロウイルスは冬季に多く報告され、感染症だけでなく、食中毒の原因にもなります。また、ノロウイルスは感染力が強く、大規模な食中毒など集団発生を起こしやすいため、注意が必要です。

感染性胃腸炎は、小児から大人まで流行する範囲が広く、小児だけでなく高齢者への注意も必要です。

症状

吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、発熱などです。軽い風邪のような症状や無症状の場合もあります。通常2日から3日程度で快復しますが、体力の弱い小児や高齢者の場合、ひどい下痢により脱水症状を起こし、入院する場合もあります。

感染を防ぐためには

  • 嘔吐、下痢等の症状がある人は、調理を控えましょう。
  • 調理前、トイレの後等には石けんと流水で適切な手洗いを行いましょう。
  • 二枚貝を調理する時は、中心部まで十分熱を通しましょう。(※加熱は、中心温度85℃から90℃で90秒間以上が目安です。)
  • 消毒には熱湯又は次亜塩素酸ナトリウムの使用が効果的です。また、トイレはノロウイルスの汚染源となることが多いため、定期的に洗浄・消毒をしましょう。

(参考)

手洗いの手順リーフレット(厚生労働省作成)[PDF形式:488KB]

ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット(厚生労働省作成)[PDF形式:1.05MB]

関連ページ

お問い合わせ
健康部  保健衛生課
電話:0852-28-8285/ファックス:0852-28-8118/メールアドレス:eisei@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。