1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 文化・スポーツ  >  
  4. 松江市史

松江市史

史料調査係ニュース

松江市文書館(仮称)

松江市文書館(仮称)整備構想

 松江市では、「公文書のライフサイクル」を見通した公文書管理体制全体の見直しを進めるとともに、「公文書管理法」の趣旨に沿って選別された歴史公文書と、地域に所在する歴史史料(古文書等)を一体的に保存・活用する「文書館」を整備することが必要であるとして、平成31328日「松江市文書館(仮称)整備構想」を策定しました。

 

松江市文書館(仮称)検討委員会

これまでの経過についてはこちらをご覧下さい。

 

『松江市史』について

「松江市史編纂基本計画」

『松江市史』編纂全期間における主な活動

『松江市史』の構成、閲覧できる施設

『松江市史』全18巻

『松江市史』各巻のご紹介

『松江市史』別編1「松江城」 

刊行物のご案内、購入方法

松江市ふるさと文庫ほか刊行物

松江市史講座

(2022年2月18日更新)

  • 松江市史Web講座
    • 第6回:若槻真治「松江市の戦争遺跡」
    • 第5回:小山祥子「松江城下の食と人」
    • 第4回:史跡出雲国分寺跡指定100周年記念シンポジウム「出雲国分寺の実像に迫る」
    • 第3回:松本岩雄「田和山遺跡からみた出雲の弥生社会」
    • 第2回:丹羽野裕「朝酌・大井の須恵器窯跡群について」
    • 第1回:梶谷光弘「西洋医学受容と衛生思想普及への道のり」

これまでの取り組み

市史講座の様子

コラム

調査コラム〜史料調査の現場から

(2022年7月29日更新)

『松江市史』編纂事業が終了し、史料編纂課・松江城研究室は、令和2年(2020)4月から史料調査課、松江城調査研究室として再出発しました。さらに、令和4年(2022)4月から新たに「松江城・史料調査課」となりました。今後も課で「調査コラム」を執筆していきます。

→調査コラムバックナンバーのページ

松江市史編纂コラム

平成22年10月〜令和元年12月まで、『松江市史』執筆担当者や史料編纂課職員が月替わりで紹介してきた『松江市史』編纂にまつわるコラムです。古文書調査で発見した史料の紹介、松江の知られざる歴史、史料編纂課の業務など、気軽に読んでいただけます。

松江市史PLUS(プラス)

『松江市史』通史編をより楽しく、より親しみを持って読んでいただくため、執筆担当の先生方に、本編に盛り込み切れなかった事柄や補足を、コラムとして執筆していただきました。

お問い合わせ
文化スポーツ部  松江城・史料調査課
電話:0852-55-5959(松江城係)、0852-55-5388(史料調査係)/ファックス:0852-55-5495(松江城係)、0852-55-5495(史料調査係)
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。