1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 文化・スポーツ  >  
  4. 文化財  >  
  5. 島根県指定有形文化財興雲閣  >  
  6. 興雲閣保存修理工事の実施について

興雲閣保存修理工事の実施について

島根県指定有形文化財「興雲閣(こううんかく)」は、明治36年の完成から100年余りが経ち老朽化が進んでいます。これまで部分的な小修理は行ってきましたが全体的な改修は行っておらず、根本的な修理が必要な状態です。
松江市教育委員会では、平成20年度以降、興雲閣の歴史に関する調査研究、外部委員会による「興雲閣修理復原基本計画」の策定、社会実験や松江市立女子高等学校生徒、観光関係者からの提案、パブリックコメントを実施し、平成23年度「興雲閣保存活用計画」策定、平成24年度実施設計を行いました。
この経過を踏まえ、城山公園内の市民の憩いの場として、魅力ある観光スポットとして広く親しまれるために、また、保存と活用を両立させることにより文化財としての価値をより高めるために、平成25年度から平成27年度にかけて保存修理工事を実施します。工事期間中は仮囲いや足場設置等、市民や観光客の皆さまにご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

興雲閣外観の写真(修理前の状態)

興雲閣外観

期間

平成25年11月から平成27年9月(予定)

場所

松江城二之丸

工事の内容

工事の内容をご紹介します。

保存修理工事

「興雲閣修理復原基本計画」「興雲閣保存活用計画」にもとづき明治45年当時に復旧整備するため、半解体修理を行います。

解体を行いながら建物の痕跡や仕様の調査を行い、調査結果にもとづいて修理方針を確定したうえで組み立てていきます。

耐震補強工事

保存修理後に内部を公開・活用するために鉄骨を使った耐震補強を行います。

補強にあたっては文化財としての価値、特に外観を損ねない工法・仕様を採用します。

活用関連工事

便所内部、飲食スペース、外部エレベーター等を整備し、これに伴い必要となる各種設備を設置します。

工程

平成25年度:保存修理工事(解体調査工事)
平成26年度:保存修理工事(解体調査工事)、耐震補強工事
平成27年度:保存修理工事(組立仕上工事)、活用関連工事

関連情報

島根県指定有形文化財興雲閣

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり文化財課文化財保護係
住所:690-8540松江市末次町86(市役所別館2階)
電話:0852-55-5523/ファックス:0852-55-5658
Eメール:machi-bun@city.matsue.lg.jp

お問い合わせ
歴史まちづくり部  まちづくり文化財課
電話:0852-55-5956(歴史まちづくり係)、0852-55-5387(景観政策係)、0852-55-5523(文化財保護係)/ファックス:0852-55-5658/メールアドレス:machi-bun@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。