1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 住まい・くらし  >  
  4. 住まい  >  
  5. 住宅関連支援制度  >  
  6. 中古木造住宅取得等支援事業補助金交付制度について

中古木造住宅取得等支援事業補助金交付制度について

 近年増加傾向にある空き家の流通・活用の促進、定住人口の増加、住み替えニーズへの対応のため、全市域を対象として、中古木造住宅の取得及び改修・建て替えを支援しています。

補助金の申請について

【全般について】

  • 補助金は、予算の範囲内において交付するものであり、件数に制限があります。
  • この制度での「中心市街地」とは、「2期松江市中心市街地活性化基本計画」で定めた中心市街地の範囲をいいます。

【取得支援について】

  • 申請年度と同じ年度の固定資産税についてのみ申請することができます。

【改修・建て替え支援について】

  • 工事着工前に申請し、補助金の交付が決定してから着手してください。

支援の概要について

取得の支援(平成28年度の受付は終了致しました。)

 【補助対象】
  • 平成21年8月1日以降に、松江市内にある中古木造住宅(中心市街地においては、木造以外の中古住宅及び中古マンションを含む。)を自己の居住用として購入した人。

(注意)ただし、売買による所有権移転を、相続又は贈与とみなし、対象外とする場合があります。


【補助内容】

  • 固定資産税等相当額
  • 物件の所在ごとの補助内容

松江市内の物件:上限5万円×最長3年間

(1,000円未満の端数については、これを切り捨てた額。)

(注意)購入物件の固定資産税が、最初に賦課される年度から補助金を交付いたします。

(例:平成27年12月までに物件を購入した場合、補助金は平成28年度に申請、交付となります。)

(注意)3年間の補助を確約するものではありません。


【手続きの流れ】

  1. 購入物件の固定資産税が、最初に賦課される年度以降に申請
  2. 補助金交付決定の通知書送付
  3. 固定資産税を納付
  4. 納税したことが分かる書類を添えて、実績報告書の提出
  5. 補助金の交付請求をしていただき、補助金の振込

(注意)補助期間の間、毎年度申請が必要になります。

申請書様式と必要添付資料一覧はこちらです。

改修費用の支援

【補助対象】

  • 平成21年8月1日以降に、松江市内にある中古木造住宅(中心市街地においては、木造以外の中古住宅及び中古マンションを含む。)を自己の居住用として購入した人。

(注意)ただし、売買による所有権移転を、相続又は贈与とみなし、対象外とする場合があります。

  • 取得してから1年以内に行う工事であること。

【補助内容】

  • 構造部分(注意1)、電気設備(注意2)、ガス配管設備及び給排水衛生設備等の改修工事費用に補助率を乗じたもの
  • 物件の所在地ごとの補助内容

松江市内の物件:補助率10%(上限40万円)

ただし、上記のうち、UIJターン者の場合は、補助率15%(上限60万円)

松江市内の中心市街地内の物件:補助率20%(上限80万円)

ただし、上記のうち、UIJターン者の場合は、補助率25%(上限100万円)

(1,000円未満の端数については、これを切り捨てた額。)

(注意1)構造部分:屋根、壁、床、基礎等

(注意2)電気設備:冷暖房空調機械設備を除く


【手続きの流れ】

  1. 工事の内容・補助対象経費の確認
  2. 交付申請書等の提出
  3. 申請書の審査をし、補助金交付決定の通知書送付
  4. 改修工事の着手
  5. 改修工事の完了後、実績報告書等の提出
  6. 補助金の交付請求をしていただき、補助金の振込

申請書様式と必要添付資料一覧はこちらです。


【外部サイトへのリンク】

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター

 (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター(外部サイト)

安心してリフォームを実施するために必要な情報を提供。

  • リフォームの進め方、事例、相談窓口の紹介
  • 住宅リフォーム工事用の標準的な契約関係書式の掲載など

 

建て替え時の解体費用の支援

【補助対象】

  • 平成21年8月1日以降に、松江市内にある築後20年を経過した中古木造住宅(中心市街地においては、木造以外の中古住宅及び中古マンションを含む。)を購入した人。

(注意)ただし、売買による所有権移転を、相続又は贈与とみなし、対象外とする場合があります。

  • 同一敷地に自己居住用の住宅を建築するために、購入した住宅を解体する工事であること。
  • 取得してから1年以内に行う工事であること。

【補助内容】

  • 住宅を解体する費用に補助率を乗じたもの
  • 物件の所在地ごとの補助内容

松江市内の物件:補助率2/3(上限70万円)

ただし、上記のうち、UIJターン者の場合は、補助率70%(上限80万円)

松江市内の中心市街地内の物件:補助率80%(上限100万円)

ただし、上記のうち、UIJターン者の場合は、補助率85%(上限110万円)

(1,000円未満の端数については、これを切り捨てた額。)


【手続きの流れ】

  1. 工事の内容・補助対象経費の確認
  2. 交付申請書等の提出
  3. 申請書の審査をし、補助金交付決定の通知書送付
  4. 解体工事の着手
  5. 解体工事の完了後、実績報告書等の提出
  6. 補助金の交付請求をしていただき、補助金の振込

 申請書様式と必要添付資料一覧はこちらです。

事業に関しよくある質問とその回答

 補助対象物件、建物の用途、添付書類等について以下のとおりまとめました。

 中古木造住宅取得等支援事業補助金のよくある質問と回答(PDF:428KB)

その他

  • 対象物件を自己の居住以外の用に供するなど、要件を満たさなくなったとき、また、偽りその他不正行為があった場合は、補助金の対象でなくなりますので、ご注意ください。
  • ホームページでご案内している書類の他、必要な書類の提出を別にお願いする場合があります。
  • 申請年度内に実績報告書類を提出してください。
  • 申請時期を定めていますので、ご注意ください。
  • 補助金は予算の範囲内において交付するものであり、件数に制限があります。

 

お問い合わせ

住宅政策係(電話:0852-55-5099/ファックス:0852-55-5532)

お問い合わせ
歴史まちづくり部  建築指導課
電話:0852-55-5342(建築指導係)、電話:0852-55-5347(建築審査係)、電話:0852-55-5099(住宅政策係)、電話:0852-55-5344(住宅政策係・市営住宅に関すること)/ファックス:0852-55-5532
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。