1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 住まい・くらし  >  
  4. 交通  >  
  5. 貸切バス等による松江市民の県内移動支援事業補助金

貸切バス等による松江市民の県内移動支援事業補助金

こちらのページは、主に貸切バス事業者・レンタカー事業者の方、レンタルバスを利用される方向けの情報を掲載しています。

バスを利用される一般の方は、「貸切バス・レンタルバスを使ったおでかけ支援」ページをご覧ください。

新着情報

事業の対象期間を延長します(令和3年3月22日要綱改正)

事業の対象を、(帰着日)令和3年10月31日(日曜)までに延長します。

  • 3月23日(火曜)より、4月1日(木曜)以降に帰着する交付申請を受付します。
  • 4月1日(木曜)以降に帰着する事業の申請については、要綱改正後の新様式をご利用ください。

申請方法

レンタルバス利用者の申請方法

  1. レンタカー事業者に予約をされた後に、市へ「実施計画書(様式第1号)」を、ご提出ください。
    • 交付申請書の提出期限は、原則として出発日の3日前(土日祝日を含まない。)までとなります。

【添付書類】

  • 島根県に提出した「実施計画書」の写し
  • レンタルバスの予約内容がわかる書類
  • 自動車航送申込書の写し(該当の場合のみ必要)
  • 補助金の振込先口座がわかる書類(通帳のコピー:預金口座のふりがな、支店名、口座番号が確認できるもの)
  1. 実施計画書を提出後、市から「内示通知書( 様式第2号) 」を郵送いたします。
  • 内示後に金額等の変更が必要となった場合、市へ「変更実施計画書(様式第3号)を、ご提出ください。
  1. レンタルバスでのおでかけ後に、市へ「交付申請兼実績報告書(様式第5号)」及び「交付請求書(様式第8号)」を、ご提出ください。
    • 交付請求書(様式第8号)に記載する指令番号については、別途お問合せ下さい。

【添付書類】

  • 県が交付した補助対象事業の「内示通知書」の写し
  • 領収したことがわかるものの写し及び内訳がわかるもの
  • レンタカー貸渡証の写し
  1. 市から交付決定及び確定通知書(様式第7号)」を郵送し、補助金を指定の口座にお支払いします。

民間貸切バス事業者の申請方法

  1. レンタカー事業者に予約をされた後に、市へ「実施計画書(様式第1号)」を、ご提出ください。
    • 交付申請書の提出期限は、原則として出発日の3日前(土日祝日を含まない。)までとなります。

【添付書類】

  • 島根県に提出した「実施計画書」の写し
  • 運送引受書の写し
  • 自動車航送申込書の写し(該当の場合のみ必要)
  • 補助金の振込先口座がわかる書類(通帳のコピー:預金口座のふりがな、支店名、口座番号が確認できるもの)
  1. 実施計画書を提出後、市から「内示通知書( 様式第2号) 」を郵送いたします。
  • 内示後に金額等の変更が必要となった場合、市へ「変更実施計画書(様式第3号)を、ご提出ください。
  1. 貸切バス運行後に、市へ「交付申請兼実績報告書(様式第5号または様式第6号)」を、ご提出ください。

【添付書類】

  • 県が交付した補助対象事業の「内示通知書」の写し
  • 領収したことがわかるものの写し及び内訳がわかるもの
  1. 補助金の額の確定後、市から交付決定及び確定通知書(様式第7号)」を郵送します。
  2. 市へ「交付請求書(様式第8号)」を、ご提出ください。

【添付書類】

  • 交付決定及び確定通知書(様式第7号)」の写し
  1. 補助金を指定の口座にお支払いします。

書類の提出先

〒690-8540

松江市末次町86番地

松江市交通政策課「貸切バス等支援事業申請窓口」宛て

事業の詳細について

概要

民間貸切バス事業者及びレンタルバス利用者に対し、貸切バス利用運賃又はレンタルバス利用料金の一部を助成します。

補助金対象者

松江市内に営業所を有する民間貸切バス事業者及びレンタルバス利用者

  • 貸切バス事業者とは、道路運送法第(昭和26年法律第183号)第3条第1項に規定する一般貸切旅客自動車運送事業者
  • レンタルバス利用者とは、市内に営業所を有するレンタカー事業者からレンタルバスを借り受けたもの
  • レンタカー事業者とは、道路運送法第80条第1項の規定による自家用自動車の有償貸渡許可を受けた事業者

補助要件

対象事業

島根県「貸切バス等による県民の県内移動支援事業補助金交付要綱」(令和2年6月25日施行)の対象事業のうち、松江市民が、対象期間(令和2年7月1日以降に出発し、令和3年10月31日までに帰着)に、松江市を出発地とし、県内の松江市以外の市町村を目的地とする、貸切バス又はレンタルバスの借上業務

  • 貸切バスとは、道路運送法第3条第1項に規定する一般貸切旅客自動車運送事業者が、乗車定員11人以上の貸切バスを貸し切って旅客を運送するバスをいう
  • レンタルバスは、乗車定員が11名以上29名以下であり、かつ車両長が7m以下の車両に限る
  • 宗教活動(冠婚葬祭と判断されるものは除く)、選挙活動を目的とするものは対象外
  • 概ね同一の工程で、概ね同一の利用者が反復継続して利用する事業を除く
  • 島根県観光振興課又は島根県観光協会の補助対象事業を除く
隠岐汽船を利用する場合

隠岐汽船を利用する県内移動について、以下の場合に補助対象となります。

  1. 境港(鳥取県境港市)を単なる経由地として隠岐汽船航路を利用する場合
  2. 市内と七類港(松江市)相互間の移動について、隠岐汽船航路を利用する場合

補助金

民間貸切バス利用運賃又はレンタルバス利用料金の3分の2を島根県・松江市が補助する

  • 貸切バス利用運賃(貸切バスのキロ制運賃と時間制運賃の合計額(貸切バスを隠岐汽船で航送する場合は、フェリー自動車航送運賃を含む。)をいい、消費税等を含まない)の3分の2を補助(運賃補填)
  • レンタルバス利用料金の3分の2を補助(1台あたり上限4万円/日)
    • レンタルバスの有償貸渡に係る経費のうち、損害保険料、燃料費、各種オプション(カーナビゲーション等)料金及び消費税等を除いたもの。ただし、レンタルバスを隠岐汽船で船送する場合においては、フェリー自動車船送運賃のうち消費税等を除いたものを含む)
  • 契約1件あたり上限20万円

島根県補助分

  • 貸切バス利用運賃の2分の1を補助(運賃補填)
  • レンタルバス利用料金の2分の1を補助(1台あたり上限3万円/日)
  • 契約1件あたり上限15万円

島根県「貸切バス等による県民の県内移動支援事業」ページ(外部サイト)

松江市補助分

  • 貸切バス利用運賃の6分の1を補助(運賃補填)
  • レンタルバス利用料金の6分の1を補助(1台あたり上限1万円/日)
  • 契約1件あたり上限5万円
申請書類

(参考)島根県補助事業の申請書類はこちらをご覧ください。

島根県「貸切バス等による県民の県内移動支援事業」ページ(外部サイト)

令和2年度事業について

令和3年3月31日(水曜)までに帰着する移動については、以下とおりです。

補助金(令和2年度)

民間貸切バス利用運賃又はレンタルバス利用料金の6分の5を島根県・松江市が補助する

  • 貸切バス利用運賃(貸切バスのキロ制運賃と時間制運賃の合計額(貸切バスを隠岐汽船で航送する場合は、フェリー自動車航送運賃を含む。)をいい、消費税等を含まない)の6分の5を補助(運賃補填)
  • レンタルバス利用料金の6分の5を補助(1台あたり上限5万円/日)

(レンタルバスの有償貸渡に係る経費のうち、損害保険料、燃料費、各種オプション(カーナビゲーション等)料金及び消費税等を除いたもの。ただし、レンタルバスを隠岐汽船で船送する場合においては、フェリー自動車船送運賃のうち消費税等を除いたものを含む)

  • 契約1件あたり上限25万円

島根県補助分

  • 貸切バス利用運賃の3分の2を補助(運賃補填)
  • レンタルバス利用料金の3分の2を補助(1台あたり上限4万円/日)
  • 契約1件あたり上限20万円

松江市補助分

  • 貸切バス利用運賃の6分の1を補助(運賃補填)
  • レンタルバス利用料金の6分の1を補助(1台あたり上限1万円/日)
  • 契約1件あたり上限5万円

レンタルバス利用者の申請方法(令和2年度)

  1. レンタカー事業者に予約をされた後に、市へ「交付申請書」を、ご提出ください。
  • 交付申請書の提出期限は、原則として出発日の3日前(土日祝日を含まない。)までとなります。

【添付書類】

  • 島根県「貸切バス等による県民の県内移動支援事業補助金交付申請書」の写し
  • レンタルバスの予約内容がわかる書類
  • 自動車航送申込書の写し(該当の場合のみ必要)
  • 補助金の振込先口座がわかる書類(通帳のコピー:預金口座のふりがな、支店名、口座番号が確認できるもの)
  1. 市から「交付決定通知書」を、郵送いたします。
  • 交付決定後に、申請金額等の変更が必要となった場合、市へ「変更承認申請書を、ご提出ください。
  1. レンタルバスでのおでかけ後に、市へ「実績報告書」及び「交付請求書」を、ご提出ください。

【添付書類】

  • 交付決定通知書の写し
  • 領収したことがわかるものの写し及び内訳がわかるもの(レンタカー会社による原本証明が必要)
  • レンタカー貸渡証の写し(レンタカー会社による原本証明が必要)

(参考)原本証明とは、「この写しは原本と相違ないことを証明する」旨を記載いただき、事業者の印を押印いただくことです。

  1. 市で審査を行い、補助金の額の確定後、市から「確定通知書」を郵送し、補助金を指定の口座にお支払いします。
申請書類(令和2年度)
    お問い合わせ
    歴史まちづくり部  交通政策課
    電話:0852-55-5661(交通企画係)、電話:0852-55-5209(交通管理係)/ファックス:0852-55-5915
    松江市役所
    〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
    電話:0852-55-5555(代表)
    開庁時間:8時30分から17時15分
    • 庁舎位置図
    • 電話番号・メールアドレス一覧
    • 組織機構図・事務分掌一覧
    松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。