1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 統計・情報政策  >  
  4. 統計調査のお知らせ  >  
  5. 平成22年国勢調査産業等基本集計

平成22年国勢調査産業等基本集計

集計結果

3産業等基本集計結果の要約

産業等基本集計結果

1結果の要約

(注意)以下の記述は、特に記載のない限り合併前の松江市と東出雲計です。


労働力率は男性で引き続き低下

平成22年10月1日現在、松江市の年齢15歳以上の労働力人口は104,678人で、労働力率は61.5%です。平成17年と比べると、0.1ポイント増加しています。

男女別にみると、男性が72.1%で、平成12年以降一貫して低下しています。

女性は52.0%で、平成17年と比べると1.0ポイント増加しています。

労働力人口及び労働力率の推移をグラフで示しています。

労働力人口及び労働力率の推移を表で示しています。


女性の労働力率はほとんどの年代で上昇

男女別労働力率を年齢5歳階級別にみると、男性は25歳から59歳までの各年齢階級で90%以上と高くなっています。

一方、女性は25歳から29歳と、45歳から49歳を頂点とし、35歳から39歳を谷とするM字カーブとなっています。

女性の労働力率を平成17年と比べると、女性の35歳から39歳で5.8ポイント、60歳から64歳で7.7ポイントと大きく上昇しています。

女性の年齢階級別労働力率の推移を示しています。男性の年齢階級別労働力率の推移を示しています。


「医療、福祉」に従事する人の割合が増加

15歳以上の就業者に占める割合を産業別にみると、「卸売業、小売業」が17.0%と最も高く、次いで「医療、福祉」が12.9%となっています。

平成17年と比べると、「医療、福祉」は1.5ポイント上昇で、最も上昇しています。一方、「農業、林業」は1.5ポイント低下、「卸売業、小売業」は1.4ポイント低下しています。

産業別就業者人口の割合

(注意)

  1. 平成12年、平成17年では、「労働者派遣事業所の派遣社員」は、産業大分類「サービス業(他に分類されないもの)」の産業小分類「労働者派遣業」に分類されていたが、平成22年は派遣先の産業に分類している。
  2. 平成12年は、平成14年3月に改定される前の日本標準産業分類により、平成17年は、平成19年11月に改定された日本標準産業分類により、平成22年は、組み替え後再集計によっている。
  3. 「その他」に含まれるのは、漁業、鉱業・採石業・砂利採取業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、輸業・郵便業、金融業・保険業、不動産業・物品賃貸業、学術研究・専門・技術サービス業、生活関連サービス業・娯楽業、複合サービス事業、サービス業(他に分類されないもの)、公務(他に分類されるものを除く)、分類不能の産業です。

第2次産業の割合が高い東出雲町

合併前の旧市町村別に産業別就業者の割合をみると、第1次産業では旧美保関町が12.0%、、第2次産業では旧東出雲町が29.6%、第3次産業では旧松江市が77.6%で最も高くなっています。

グラフ旧市区町村別産業(3分類)別就業者人口の割合

旧市区町村別産業別就業者人口の割合を示しています。

(注意)産業(3部門)の区分は、大分類を次のように集約したもの。

  • 第1次産業(農業・林業、漁業)
  • 第2次産業(鉱業・採石業・砂利採取業、建設業、製造業)
  • 第3次産業(電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業・郵便業、卸売業・小売業、金融・保険業、不動産業・物品賃貸業、学術研究・専門技術サービス業、宿泊業・飲食サービス業、生活関連サービス業・娯楽業、教育・学習支援業、医療・福祉、複合サービス事業、サービス業(他に分類されないもの)、公務(他に分類されないもの))

共働きの世帯は、夫婦のいる一般世帯の52.4%

夫婦のいる一般世帯(45,669世帯)を、夫婦の就業・非就業別にみると、夫婦ともに「就業者」の世帯は23,195世帯で全体の52.4%を占めています。

夫が「就業者」である世帯(34,104世帯)に限ってみると、夫婦ともに「就業者」の世帯(23,195世帯)は、その68.0%を占めています。

夫婦のいる一般世帯を、夫婦の就業、非就業別の割合を示しています。

注意

  1. 「就業」には、「主に仕事」のほか、「家事のほか仕事」、「通学のかたわら仕事」及び「休業者」を含む。
  2. 1つの世帯に親族である2組以上の夫婦がいる場合には、最も若い世代の夫婦の就業状態で区分している。

母子世帯は引き続き増加

松江市の母子世帯は1,177世帯で、平成12年以降増加が続いています。他の世帯員がいる世帯を含む母子世帯は、平成22年の母子世帯数は1,735世帯です。

父子世帯は123世帯で、他の世帯員がいる世帯含む父子世帯は309世帯です。

母子世帯の増加をグラフで示しています。

注意

  1. 母子世帯とは、未婚、死別または離別の女親と、その未婚の20歳未満の子供のみからなる一般世帯をいう。父子世帯は未婚、死別または離別の男親と、その未婚の20歳未満の子供のみからなる一般世帯をいう。
  2. ほかの世帯員がいる世帯を含む母子(父子)世帯とは、未婚、死別または離別の女親(男親)と、その未婚の20歳未満の子供及び他の世帯員(20歳以上の子供を除く。)からなる一般世帯をいう。
2統計表
3その他の統計表はこちら

小地域集計結果(産業等基本集計)

産業等基本集計による町丁字別男女別集計

お問い合わせ
政策部  情報政策課
電話:0852‐55‐5197(情報システムについて)、0852‐55‐5177(各種統計調査について)/ファックス:0852‐21‐2157
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。