1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 広域連携・交流  >  
  4. 堀尾吉晴公共同研究会

堀尾吉晴公共同研究会について

現在の愛知県大口町で生まれ、織田・豊臣・徳川に仕えて全国各地で功績を挙げ、島根県松江市で亡くなった戦国時代の武将、堀尾吉晴公。

謎に包まれている吉晴公の人物像や功績を明らかにするため、堀尾氏に縁のある自治体が集まり、本研究会は立ち上がりました。

団体の概要

目的

戦国時代の武将『堀尾吉晴公』の生涯を通した人物像を調査研究によって明らかにし、共通の歴史認識を持つとともに、関係自治体の交流を深化させ、『堀尾吉晴公』に関する史跡の歴史的・文化的価値向上を図ることを目的としています。

構成

本研究会は、吉晴公に縁のある自治体で組織されています。

【構成自治体】

  • 島根県松江市…吉晴公がまちのシンボル『松江城』を築城し、現在の松江のまちづくりの基礎を築いたまち。
  • 島根県安来市…関ヶ原の戦いの後、出雲・隠岐の統治を任された吉晴公が最初に入城した、月山富田城があるまち。
  • 愛知県大口町…吉晴公の出生地『御供所村(ごごしょむら)』があったまち。

【オブザーバー(平成29年度より参加)】

  • 静岡県浜松市…小田原の北条攻めのあと、吉晴公が12万石の知行で浜松城主となり、浜松城に石垣を築いて天守を建てたまち。

これまでの活動について

報告会

松江堀尾会設立10周年記念事業の一環として、本研究会の報告会を行いました。

概要

日程:平成30年6月17日(日)13:00ー15:00

会場:興雲閣2階

報告内容

 ・堀尾吉晴は本能寺の変で名を変えたか(松江歴史館西島様)

 ・堀尾氏がもたらした出雲石造文化の源流を探るー来待石製石塔に見る堀尾氏に関する新知見ー(松江市史料編纂課稲田様)

 ・よみがえる浜松城ー最新発掘成果報告ー(浜松市文化財課鈴木様)

当日の様子

当日は70名の方が報告会に参加され、堀尾吉晴公に関する最新の知見について熱心に聴講されました。

開会のご挨拶事務局説明

1:副会長の鈴木大口町長からご挨拶/2:事務局から取組のご説明

文献テーマ石造物テーマ

3:『堀尾吉晴は本能寺の変で名を変えたか』/4:『堀尾氏がもたらした出雲石造文化の源流を探る』

城郭テーマ閉会のご挨拶

5:『よみがえる浜松城』/6:安来市大谷文化財課長からご挨拶

全国各地から一次史料収集

吉晴公の生涯を明らかにすべく、堀尾氏一族に関する一次史料について、全国の自治体・博物館や図書館等・堀尾氏に縁のある地の寺社等へ、一次史料の有無についてアンケート調査を行っています。

個人の皆様へ

堀尾氏に関する史料を所蔵していらっしゃる場合、是非、本ページ最下部のお問い合わせ先まで情報をお寄せください。

共同視察

吉晴公の縁の地に関する共通認識を持つため、本研究会の構成3自治体による共同視察を実施しました。

概要

日程:平成29年9月27日ー29日

視察先

・春光院(京都市):吉晴公の菩提寺

・佐和山城(彦根市):吉晴公が4万石の城主として入城

・浜松城・二俣城・鳥羽山城(浜松市):吉晴公が12万石の城主として浜松城に入城。堀尾氏が二俣城・鳥羽山城を改修。

お問い合わせ
政策部  地域振興課
電話:0852-55-5519,5092(ふるさと納税)(地域振興係)/ファックス:0852-55-5665/メールアドレス:chiiki@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。