1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 広報・広聴  >  
  4. まちのお助け隊「伺います係」  >  
  5. ご相談に対するQ&A

ご相談に対するQ&A

質問1「道路の修繕について」

  • 質問

自宅前の道路に陥没箇所があるので、直してほしい。

  • 回答

(以下は、松江市市民部市民生活相談課伺います係(電話0852-55-5677)にご連絡をいただいた場合の回答例です。)

 ご自宅の住所を教えてください。まずは現地確認に伺います。道路管理者への連絡は当課から行います。あなた様の氏名・連絡先を教えていただければ、初動対応についてお知らせします。

 あなた様から直接、道路管理者に連絡いただく方法もございます。

 市道の連絡先は、松江市都市整備部道路課(電話0852-55-5364、0852-55-5365)です。

 県道、国道431号、国道432号又は国道485号の連絡先は、島根県松江県土整備事務所「道と川の相談ダイヤル」(電話0852-32-5200)です。

 国道9号、国道54号の連絡先は、国土交通省「道路緊急ダイヤル」(電話#9910)です。

 なお、私道については土地所有者の管理となり、市として対応できません。

質問2「カーブミラーの修繕について」

  • 質問

自宅近くの三叉路にあるカーブミラーの向きが変わっていて、安全確認が出来ないので直してほしい。

  • 回答

回答については「質問1」の回答と同じです。

カーブミラーの管理も各道路管理者に連絡することになります。

質問3「カーブミラーの設置について」

  • 質問

近所に見通しの悪い道路があり、カーブミラーを設置してほしい。

  • 回答

年に一度、「交通安全施設要望」として要望を受け付けています。要望内容が地区の総意である必要があるため、個人要望は受け付けていません。自治会長が地区の総意であることを取りまとめ、各地区交通安全対策協議会(事務局は各公民館)に要望書を提出してください。(反対意見があり要望がまとまらない場合は、提出をご遠慮ください。)

質問4「道路上の動物の死体の処理について」

  • 質問

道路で動物が死んでいる。

  • 回答

動物の死体についても各道路管理者の処分となりますが、市道上の動物の死体については、リサイクル都市推進課(電話番号0852-55-5279)で処分いたします。

なお、私有地内で死んでいる場合は、地権者での対応となります。市に処理を依頼する場合は、リサイクル都市推進課(環境センター内)、または各支所市民生活課に段ボール等に入れて持ち込んでいただく必要があります。その際、飼い主不明の動物については、手数料はかかりませんが、ペットについては、手数料が510円かかります。

質問5「ハチの巣駆除について」

  • 質問

自宅の敷地内にハチの巣ができているので、市で駆除してほしい。

  • 回答

松江市役所では民間の敷地内や建物内のハチの駆除は行っていません。タウンページの「ハチ駆除業」や「消毒業」欄に載っている複数の業者から料金などを確認したうえで依頼されることをお勧めします。

なお、市道や市の管理する公園・公共施設にハチの巣がある場合は、現地確認のうえ各担当課と相談し、対応をします。

ハチは花の受粉を助け、害虫を駆除してくれる人間の益虫です。ほとんどのハチは不用意に刺激しないかぎり積極的に刺したりはしません。危険なハチかどうかの判断も含めて専門の業者の方に相談されることをお勧めします。

質問6「野焼きに対する指導について」

  • 質問

近所の方が野焼きをされていて、洗濯物などに臭いがついて困っています。市で注意をしてほしい。

  • 回答

廃棄物の焼却は一部の例外規定を除いて禁止されています。例外規定に該当する場合であっても、生活する上で支障が生ずる場合は、廃棄物対策課(電話番号0852-55-5679)にご連絡いただければ職員が出向き指導を行います。野焼き終了後にご連絡いただいた場合は、現地確認が困難な場合もあり、効果的な指導ができませんので、野焼きの最中にご連絡をお願いします。

質問7「崩れそうな空き家について」

  • 質問

崩れそうな空き家がある。市から空き家の所有者に指導してもらえるか。

  • 回答

空き家の適正な管理については、『松江市空き家を生かした魅力あるまちづくり及びまちなか居住促進の推進に関する条例(通称:空き家管理条例)』を定めています。崩壊する危険性のある空き家については、建築指導課(電話番号0852-55-5342)で現地を確認し、状況に応じて所有者に連絡します。

質問8「空き家の草木について」

  • 質問

隣の家が空き家となり、その空き地に生えた草木で環境的な被害を受けています。市でその土地の所有者に草刈などのお願いをしてほしい。

  • 回答

個人と個人の問題ですので、市は基本的に立ち入る事はできません。空き家の所有者については、法務局に申請することで確認することができますので、確認のうえ、所有者に直接、草刈りの依頼をしてください。解決が難しい場合は、建築指導課(電話番号0852-55-5342)で現地を確認し、状況に応じて対応します。

質問9「飼い猫の飼い主に対する指導について」

  • 質問

近所で飼っている犬・猫が、自分の家の庭にフンをして困る。市から飼い主に指導してもらえないか。

  • 回答

犬・猫の飼い方については、松江保健所動物愛護推進課(電話番号0852-61-8875)で指導をしています。

また、フンの放置禁止看板については、リサイクル都市推進課で準備はいたしますが、設置は希望者にお願いしています。なお、リサイクル都市推進課(環境センター内)まで取りに来ていただく必要がありますので、事前にリサイクル都市推進課(電話番号0852-55-5279)にご相談ください。

質問10「野良猫の餌やりについて」

  • 質問

野良猫の餌やりについて。

  • 回答

野良猫とそれに対する餌やりによって発生する環境被害でお困りの場合は松江保健所動物愛護推進課(電話番号0852-61-8875)にご相談ください。

質問11「放置自転車について」

  • 質問

家の前に自転車が放置されているが、どうしたらいいか。

  • 回答

盗難車である可能性もありますので、防犯登録の確認をしていただき、防犯登録があるようでしたら、最寄りの交番にご相談ください。防犯登録がない場合は、各土地の地権者での処分となります。市道上であれば、建設総務課(電話番号0852-55‐5367)が担当となりますのでご相談ください。

質問12「土木要望書について」

  • 質問

町内会、自治会等の土木関係施設整備(道路、側溝等)の要望をしたいが、どのような手続きをしたら良いか。

  • 回答

まず、町内会、自治会等で話し合いをしていただき、地域のまちづくりにとって必要と判断された土木工事関係(道路、水路等に関わる工事)の要望書を公民館又は支所に提出頂くこととしています。なお、個人的な要望を受け付ける制度ではございません。制度をご理解のうえご活用ください。

詳しくは、建設総務課(電話0852-55-5397)までお問い合わせください。

質問13「ごみの出し方について」

  • 質問

ごみの出し方がわからないがどうしたらいいか。

  • 回答

「松江市ホームページ」→「暮らしのガイド」→「ごみ・環境・衛生」→「ごみ・リサイクル」→「ごみの分別と出し方」からご覧いただけます。電話でお問い合わせをされる場合は、リサイクル都市推進課(電話番号0852-55-5678)までご連絡ください。

質問14「ボランティアで草刈りをした際の処分について」

  • 質問

地区で草刈りボランティアを行った。刈った草を回収してほしい。

  • 回答

ボランティア清掃で刈った草は市で回収しますが、事前に担当課であるリサイクル都市推進課(電話番号0852-55-5279)に相談していただき、回収日時、回収場所の打ち合わせをお願いします。なお、刈った草を詰める袋については、事前に担当課にご相談いただければ、ボランティア用ゴミ袋をお渡しします。

お問い合わせ
市民部  市民生活相談課
電話:0852-55-5169(市民活動推進係)、0852-55-5126(伺います係)/ファックス:0852-55-5544/メールアドレス:shikatsu@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。