1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 各種計画  >  
  4. 福祉部  >  
  5. さまざまな福祉政策  >  
  6. 戦没者遺族等の援護

戦没者遺族等の援護

【受付終了】戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

このたび、第189回国会で成立した「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律」に基づき、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回特別弔慰金)が支給されることになりました。

  1. 趣旨

戦後70周年にあたり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金を支給するものです。

  1. 支給対象者

基準日の平成27年4月1日において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次に挙げるご遺族で先順位のお一人に支給されます。

「戦没者等の死亡当時のご遺族で

  1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹

(注意) 戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わる場合があります。

  1. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)

(注意)戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

  1. 支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

  1. 請求手続きについて
  • 請求期間は平成27年4月1日から平成30年4月2日までです。

(注意)請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。

  • 松江市にお住まいの方は、福祉総務課15番窓口あるいは各支所市民生活課で請求の手続きをお願いします。
  • 各窓口に専用の請求様式を用意しています。
  • 戸籍に関する書類を添付いただきます。
  • 平成28年1月以降請求の場合、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)」の施行に伴い、受付時に個人番号の確認及び身元確認を行いますのでご了承ください。

詳しくは、福祉総務課(0852-55-5302/5319)または各支所市民生活課へお問い合わせください。

戦没者等の妻に対する特別給付金について

1.概要

「戦没者等の妻に対する特別給付金」は、先の大戦において夫を失い、大きな痛手を受けるとともに、経済的困難とも闘ってこられた方々へのご労苦に対し、国として特別の慰藉をするために、昭和38年から記名国債として、一定の基準日において支給しているものです。

受給対象の可能性がある方へは、厚生労働省あるいは島根県から案内の文書が通知されています。

2.支給する特別給付金額

額面200万円、10年償還の記名国債

3.請求期間

国債の種類によって請求期限が異なっています。

詳しくは、島根県高齢者福祉課(0852-22-5240)へお問い合わせください。

また、厚生労働省あるいは島根県から請求手続きに関する通知が届いた場合は、福祉総務課(0852-55-5302)へお問い合わせください。

全国戦没者追悼式について

第二次世界大戦の戦没者に対し追悼の誠を捧げ、平和を祈念するため、今年も政府主催により全国戦没者追悼式が開催されます。島根県ではこの式典に島根県遺族代表として参加していただく方を募集しています。

  • 日程:平成30年8月14日(火曜日)から15日(水曜日) 1泊2日

14日に出雲空港より飛行機で上京(東京都内拍)、15日に式典参列後、羽田空港より出雲空港行き飛行機で帰県

  • 会場:日本武道館(東京都千代田区北の丸公園2番3号)
  • 対象者:以下の要件をすべて満たす市内在住の方
  1. 日華事変(昭和12年7月7日)以降の軍人、軍属等戦没者の遺族
  2. 戦没者の遺族である配偶者、子、父母、兄弟姉妹、孫、甥姪、曾孫、子・兄弟姉妹・孫・甥姪の配偶者。18歳未満の遺族(平成30年8月15日時点)とその保護者
  3. 健康状態良好で、2日間の団体行動に耐えられる方(介助者なしで行動が可能であること)
  • 参加費:松江市を起点とした東京までの往復運賃と宿泊費の一部が公費で定額助成されます。その他の費用は自己負担となります(無料ではありません。)
  • 申込期限:平成30年6月4日(月曜日)必着 松江市役所福祉総務課福祉総務係まで
  • 応募方法:松江市役所福祉総務課福祉総務係(15番窓口)へ、備え付けの申込書(PDF,247kb)でお申し込みください。なお、島根県遺族連合会会員の方は、お申し込みにあたり、必ず支部に連絡をとってからお申し込み願います。
  • 留意点
  1. これまでに全国戦没者追悼式に参加したことがない方が優先されます。
  2. 戦没者1名につき1名の参列を原則とします。(子・兄弟姉妹の配偶者が夫婦で参加する場合及び18歳未満遺族の保護者が参加する場合を除く。)
  3. 応募者が参列可能人数を超えた場合は、島根県において選考されます。
  4. 参列者は、島根県遺族連合会が組織する旅行団に加入いただき、全員団体行動となります。
  5. 日程等の詳細は、参列者決定後に島根県遺族連合会から参列者あてに直接通知されます。
  6. 参列者に決定してから辞退されると、時期によっては旅行費用のキャンセル料を支払っていただく場合があります。

平成30年度慰霊巡拝について

厚生労働省では、旧主要戦域や遺骨帰還のできない海上において、戦没者を慰霊するため、昭和51年度からご遺族を主体とした慰霊巡拝を実施しています。また旧ソ連及びモンゴル地域においては、抑留中死亡者の埋葬地の慰霊巡拝を実施しています。

日程概要はこちらの表をご覧ください。(PDF,103KB)

戦没者のご遺族で、巡拝を希望される方は、市役所本庁福祉総務課福祉総務係窓口(15番)に直接お申し込みください。内申書(申込用紙)を設置しています。なお、市窓口での各巡拝地域へのお申し込み期日は上記表の内申締切日の一週間前までとなっておりますのでご留意願います。

平成29年度戦没者遺児による慰霊友好親善事業の実施について

日本遺族会より「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の実施のお知らせがありました。

詳細はこちらをご覧ください

なお、本事業は上記の慰霊巡拝とは主催が異なりますのでご留意ください。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式の実施について

平成30年5月28日(月)12時30分から千鳥ヶ淵戦没者墓苑(東京都千代田区三番町)で、厚生労働省主催の「千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式」を実施いたします。

今回の式典で納骨を予定している御遺骨の収容地域は次のとおりです。

  • 旧ソ連地域(抑留中に死亡) アムール州、イルクーツク州、沿海地方、カザフスタン共和国、ハカシア共和国、タンボフ州
  • その他の地域 硫黄島、マリアナ諸島、ミャンマー、東部ニューギニア、樺太、ビスマーク・ソロモン諸島、インド、トラック諸島

申込期限:平成30年4月25日(水)

(参加費は全額自己負担です。ご注意ください)

詳しくは、福祉総務課(0852-55-5319)へお問い合わせください。

税関が保管する引揚者の方の通貨・証券等の返還について

税関では、お預かりしている次の通貨・証券などをお返ししています。

  • 終戦後、外地から引揚げてこられた方が、上陸港の税関、海運局に預けられた通貨・証券など
  • 外地の集結地において総領事館、日本人自治会などに預けられた通貨・証券などのうち日本に返還されたもの

返還の申し出は、ご本人ばかりでなく、ご家族の方でも結構です。

お心あたりの方は、上陸港を所轄する税関又は境税関支署へお問い合わせ下さい。

税関ホームページにも返還のご案内を掲載しています。

税関ホームページ(外部サイト)はこちらから

<お問い合わせ先>

境税関支署

住所:〒684-0034鳥取県境港市昭和町11-18

電話:0859-42-2228/ファックス:0859-42-3893

お問い合わせ
福祉部  福祉総務課
電話:0852-55-5302(福祉総務係)、0852-55-5688(法人・保育指導係)、0852-55-5689(介護・障がい指導係)/ファックス:0852-55-5396(福祉総務係)、0852-55-5566(法人・保育指導係、介護・障がい指導係)/メールアドレス:fukushisoumu@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。