1. 総合メニュー  >  
  2. 市政情報  >  
  3. 人事  >  
  4. 松江市職員採用情報  >  
  5. 社会人経験者を対象とした採用試験Q&A

社会人経験者を対象とした採用試験Q&A

Q1受験するために必要な学歴や免許は?

A1年齢、職務経験等の受験資格を満たしていれば受験可能です。学歴や免許・資格についての条件は特にありませんが、土木技術員及び保健師は専門的知識、能力をみる専門試験が課されます。

 

Q2受験資格の「民間企業等における職務経験」とは?

A2「民間企業等における職務経験」には、会社員(財団法人、社団法人、NPO法人等含む)、公務員、団体職員、自営業者(経営者)、アルバイト、パートタイマーの経験を含みます。ただし、最終合格発表後、職務経験年数を確認するため、勤務していた民間企業等の職歴証明書等を提出していただきます。受験資格の職務経験年数の確認できない場合は、採用されません。

 

Q3職務経験年数の計算・通算方法は?

A3

(1)対象となる期間は、「平成22年4月1日から平成29年6月30日」までとなります。この期間外の職務経験は、受験資格に定める職務経験年数に算入できません。

(2)申込日時点で在職中の場合は、平成29年6月30日現在で計算してください。

(3)「通算で5年(保健師は3年)以上」とは、同一の民間企業等で「週30時間以上」の勤務を「1年以上継続」し、これらの職務経験年数が通算で5年(保健師は3年)以上であることを要します。

(4)連続した1か月以上の休業等[病気休暇、育児休業等(ただし産前・産後休暇を除く)]の期間は、職務経験年数に算入できません。

(5)同一期間内に複数の職務に従事した場合は、いずれか一方のみの職歴に限ります。

【計算方法】

○年数は、企業等で勤務を開始した日(起算日)から、翌年の起算日と同じ月日の前日までを1年として計算します。

例)H22.6.9〜H25.6.8⇒3年

○月数は、起算日から翌月の起算日と同じ日付の前日までを1月として計算します。

例)H22.4.20〜H22.5.19⇒1月職務経験年数例示

Q4土木技術員を受験するために必要な職務経験とは?

A4「民間企業等における土木工事の設計、施工管理等」とは、道路や河川の築造・改修工事、上下水道管の設置、その他土木構造物の築造・改修工事についての設計や監理技術者、現場代理人等としての施工管理に関する業務の経験となります。

 

Q5保健師を受験するために必要な職務経験とは?

A5「保健師」の受験資格における「地域保健業務または地域医療業務など」とは、地域住民の健康の保持増進、疾病の予防、公衆衛生の向上を目的とする活動で、対人保健業務(健康増進・母子保健・精神保健・予防接種業務等)、対人支援業務(疾病予防・訪問看護や訪問診療をはじめとする生活介助・生活サポート・ケアマネージャー等)、地域福祉業務等のことをいいます。

 

Q6職務経験から除かれる期間とは?

A6休業等(傷病休暇・休職、育児休業等:産前・産後休暇除く)で実際に職務に従事しない期間が、連続1か月以上ある場合は、会社等の就業規則等で認められたものであっても、その全期間を職務経験期間から除きます。この場合、当該休業期間を除き、休業前と復帰後の在職期間を合算し、1年以上となるときは、職務経験期間として通算できます。

 

Q7契約社員や派遣社員の職務経験期間は通算可能?

A7契約先や派遣先として一つの事業所等に継続して週30時間以上で1年以上勤務していれば、職務経験期間として通算できます。ただし、契約・派遣社員としての実働期間は1年以上であっても、契約先や派遣先の事業所が2つ以上であった場合、1事業所毎の勤務期間が1年未満の期間は、職務経験期間として通算することはできません。

 

Q8同じ企業で雇用形態が変わった場合(契約社員から正社員など)の職務経験の取扱いは?

A8同じ事業所で契約社員から正社員となった場合、契約社員として週30時間以上勤務していれば、その勤務経験期間と正社員となった期間を通算して計算することができます。

 

Q9系列会社等に出向した場合の出向前後の勤務期間の通算は?

A9職歴証明書等により、元の会社に在籍したままの出向であったことが証明できれば、元の会社での職務経験として通算できます。元の会社等を退職した扱いでの出向、転籍等の場合は、通算できません。

 

Q10会社名が変更(合併等も含む)になった場合の勤務期間の通算は?

A10会社名が変更されても、その会社が元は同一であることと、本人がその会社に継続して勤務していたことが職歴証明書等で証明できれば通算できます。

 

Q11過去に勤務していた会社が倒産して、最終合格後に職歴証明書の提出ができない場合は?

A11過去に勤務していた会社が倒産してしまった等のやむ得ない事情で、職歴証明書の提出ができない場合は、雇用時の雇用契約等の書類や雇用保険資格取得証明、退職時の離職証明書等の職歴が証明できる書類を提出いただきます。これらの書類の提出もできない場合は、職務経験期間として通算できません。

 

Q12職歴証明書は受験申込時に必要?

A12受験申込時点で、職歴証明書を準備いただく必要はありません。最終合格発表後、合格者には、市が指定する様式で証明をしていただきます。なお、既に職歴証明書を準備いただいた方については、最終合格発表後に証明内容等を確認させていただき、場合によっては、市の様式での証明をお願いすることがあります。

 

お問い合わせ
総務部  人事課
電話:0852-55-5131/ファックス:0852-55-5070
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。