1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 市民相談・市民活動  >  
  4. NPO法人・市民活動  >  
  5. 共創・協働マーケット

共創・協働マーケット

 松江市では、人口減少を克服し、地方創生を成し遂げるため「松江市まち・ひと・しごと創生第1次総合戦略」を平成27年10月に策定しました。地方創生の要となる「ひとづくり」、「地域・コミュニティーづくり」を進めることで、「市民運動」として取り組みを広げていくこととしています。

 そのためには、市民の皆様と企画段階から知恵を出し合い、共に実践する「共創の取り組み」が重要となります。

 このような中、NPO、市民活動団体、公民館や町内会、企業、本市をはじめとした行政機関(県、国)、公的機関(財団等)が、それぞれの取り組み分野、得意分野の話をタネに、自由に、気軽に話し合うことができる交流の場=マーケットを、商談会形式で開催します。

 共創・協働事業に関心をお持ちの、また、実際に事業に取り組みたいとお考えの市民、団体の皆様、マーケットに参加して、一緒に松江のまちづくりに参加しませんか。

2017松江共創・協働マーケット

2017松江共創・協働マーケットを開催します。

民間、行政団体が出店。それぞれの団体の取り組みについていろんな情報を得ることできます。

また、直接担当者と話すことができるチャンスです。

出店のお申し込みのない方も、自由にブースを回ることができます。

地域課題の解決のヒントを探しに、ぜひご来場ください。

日時:平成29年7月13日(木曜日)10時から16時まで
場所:松江市市民活動センター(STIC)松江市白潟本町43番地《アクセス(外部サイト)
概要:

【第1部】ワークショップ【5階交流ホール】10時から12時まで

テーマ「YOUターンのすすめ」を考えるー松江が好きなあなたのためにー

 人口減少対策として、流出を抑え若い世代の人達の地元定着を促進することは極めて重要です。しかしながら、大学進学などで市外に出ることは止めることができません。

 そこで、今回は松江で生まれてから、Uターンし地元定着までの期間を3つに分けて定義し、それぞれの期間において地元定着を促進するためには、行政や地域で何ができるのかをワークショップ形式で議論し、施策展開に結び付けていきます。

〈3つの期間〉

 1.松江で育つ期間(松江を離れるまで)

 2.市外で育つ期間(松江を離れて生活する)

 3.Uターン後の期間(再び松江で生活する)

【募集期限】平成29年7月6日(木)【参加費】無料

【第2部】交流゛商談゛会【1階、2階】13時から16時まで

 官民それぞれの取り組み分野の話をタネに、自由に、気軽に話し合い、民間、地域、行政などが相互に力を合わせることで新たな発想が生まれ、事業を通じて地域づくりに活かされることが期待されます。また、同会場内に民間団体向けの様々な支援策、助成事業などの紹介(展示)コーナーも設ける予定です。

駐車場について

駐車場には限りがあります。満車になる場合がありますので、公共交通機関のご利用にご協力ください。

 

問い合わせ

松江市共創のまちづくり推進本部(事務局:市民生活相談課)
電話:0852-55-5168/ファックス:0852-55-5544
メールアドレス:shikatsu@city.matsue.lg.jp

お問い合わせ
市民部  市民生活相談課
電話:0852-55-5169(市民活動推進係)、0852-55-5126(伺います係)/ファックス:0852-55-5544
お問い合わせ
市民部  市民活動センター
電話:0852-32-0892/ファックス:0852-32-0847
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。