1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 産業・Ruby  >  
  4. 林業支援  >  
  5. 林業支援  >  
  6. 松江の森づくり事業

松江の森づくり事業

平成27年度より開始

近年、木材価格の低迷や森林所有者の高齢化等により、森林管理が行き届かず放置され、荒廃する森林が増加しています。その一方で、企業の社会的責任(CSR)に対する関心が高まっており、地域と一体で、森林保全活動に取り組む企業も見られます。

このようなことから松江市では、市民参加の森づくりを実施することで、企業等が森林保全活動に参加する環境を整備し、市民の方に森林への理解と関心を深めていただきたいと考えています。

具体的には、松江市と森林組合が連携して、森林所有者と企業との架け橋となり、企業の要望に合ったフィールドの紹介、森づくり活動の支援等を行います。

森林保全活動の協定締結

初企業として(株)まつえ環境の森と森林保全活動の協定締結

「松江の森づくり事業」制度の記念すべき初の企業として、(株)まつえ環境の森が森林保全活動に取り組まれることになり、平成28年2月18日に松江市役所において、(株)まつえ環境の森、松江市、松江森林組合の三者による「森林保全活動に関する協定書」の調印式が行われました。

(株)まつえ環境の森では、今後5年間、松江市新庄町の個人所有の森林(5.0ヘクタール)において、植栽、下刈りなどの活動を地域と一緒lに行われます。

森林保全活動報告

ヒノキの間伐材で作ったクリスマスツリーをプレゼントしました!!

松江の森づくり事業で森林整備を締結している「(株)まつえ環境の森」と「松江森林組合」、「松江市」で市内の保育所、幼稚園73箇所にヒノキの間伐材で作ったクリスマスツリーをプレゼントしました。

この活動は次世代を担う子どもたちに森林への関心を深めてもらおうと、平成27年度から実施しており今回で2回目になります。

平成28年12月8日には、「比津ヶ丘保育園わらべのその」において贈呈式を行い、園児たちにツリーの飾り付けをしてもらいました。

来年度以降も三者で協力し、この活動を続けていきたいと考えています。

本庄小学校森林学習を開催しました!!

平成29年3月9日に本庄小学校4年生児童を対象に、新庄町地内の山林において植林活動を実施しました。

これは平成27年度策定した「松江の森づくり事業」に基づき、「(株)まつえ環境の森」「松江森林組合」「松江市」の三者において締結した森林保全活動の協定に基づき実施したものです。

児童たちは森林活動の事前学習として、「NPO法人もりふれ倶楽部」の協力により、同年2月27日に「森の持つ働きの講和」や「間伐材を使った紙漉き」を勉強、体験しています。

森林活動当日には、(株)まつえ環境の森の白石所長から「本庄地域で事業を行っており、地域のみなさまにお世話になっているため、少しでも恩返しがしたい。このような森林保全活動を今後も継続していきたい。」とあいさつがありました。

森林活動の後には、本庄地域「水と植物と人を育む豊かな里山の森づくり」協議会の協力により、本庄公民館にて「シシ汁」を食して、地域の方々と交流を行いました。

松江市ではこの取り組みを今後も継続し、企業の方々のご支援をいただきながら、他の小学校へと取り組みを拡大させたいと考えています。

お問い合わせ
産業経済部  農林基盤整備課
電話:0852-55-5245/ファックス:0852-55-5549
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。