1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 妊娠・出産  >  
  4. 支援  >  
  5. 松江市一般不妊治療費等補助金

松江市一般不妊治療費等補助金

松江市一般不妊治療費等助成は平成27年度より新しい制度となりました。

すべての対象者が新たに申請を行うことができます。(過去の申請の有無は問いません。)

一般不妊治療費等助成とは

一般不妊治療等を受けているご夫婦に対して、不妊治療等に要する費用の一部を助成することにより、その経済的負担の軽減を図り、治療を受けやすい環境づくりに資することを目的とします。

対象治療

保険適用の不妊治療及び検査・人工授精

助成の内容

1年につき4万5千円を上限とし、助成期間は一般不妊治療を受けた月から起算して36ヶ月間とします。

【期間の特例】

この助成を受けた方が妊娠し、その後さらに次の妊娠を希望して不妊治療を行う場合、助成期間はそこから再び36ヶ月間とします。

対象者

  • 戸籍上の婚姻関係にあり、夫婦またはそのどちらかが松江市に住所を有する人
  • 医療保険各法の規定に基づく被保険者、組合員、又は被扶養者である人
  • 松江市税の滞納がない者

申請について

申請時期

治療を受けた月の属する年度内(4月1日から翌年3月31日まで)です。

申請方法

産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科または皮膚泌尿器科を標榜している治療を受けた医療機関で医師の証明を受け、申請書及びその他の書類と併せ、申請窓口へ提出していただくか、担当課へ郵送してください。

申請書類

  1. 補助金交付申請書
  2. 一般不妊治療等医師証明書
  3. 補助金交付請求書
  4. 支払いを証する領収書(確定申告に使用された領収書は助成の対象となりません)
  5. 松江市税の滞納がないことがわかる書類
  6. 戸籍抄本
  7. ご夫婦それぞれの健康保険証

【期間の特例の申請時、上記の書類に加えて必要な書類】

  • 母子健康手帳の写し
  • 妊娠に関する申立書(母子健康手帳の写しが提出できない場合のみ)

申請窓口

本庁保健福祉課(13番窓口)

保健センター(松江市立病院隣・松江市保健福祉総合センター内)

申請につきご不明な点がありましたら保健福祉課までご連絡ください。

Q&A

一般不妊治療費助成事業Q&A(Word:58.5KB)

お問い合わせ/連絡先

健康福祉部保健福祉課
電話:0852-55-5335(給付係)/ファックス:0852-55-5537

お問い合わせ
健康福祉部  保健福祉課
電話:0852-55-5302(福祉政策係)、電話:0852-55-5326(給付係)/ファックス:0852-55-5537
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。