1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 新着情報  >  
  4. 新型コロナウイルスの感染防止のためのイベントの中止等のお知らせ

新型コロナウイルスの感染防止のためのイベント等についてのお知らせ

イベント等の開催に関する考え方(9月19日以降)

9月19日以降に開催するイベント等については、島根県対策本部(9月17日)で示された考え方を参考にしてください。

<催物開催の目安>

感染防止対策を徹底した上で、以下のとおりとし、人数のいずれか小さい方を限度とすることを目安として判断してください。

  • 収容要件について、感染リスクの少ないイベント(クラシック音楽コンサート、各種講演会、各種展示会等)は、収容定員の100%以内に緩和し、その他のイベント(ロックコンサート、スポーツイベント等)は引き続き50%以内とする。
  • 人数上限については、5,000人または収容定員の50%のいずれか大きい方とする。

<参考>島根県の対応については「県の対応状況について」(外部サイト)をご覧ください。

<参考>内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室で示された考え方は「9月19日以降における催物の開催制限等について」(外部サイト)をご覧ください。

開催の中止等を決定したイベント・講座等

新型コロナウイルスの感染防止のため、開催の中止等を決定したものは下記のとおりです。
新たに情報が入り次第、ページを随時更新いたします。このページに記載されていないイベントも、今後中止や延期になる可能性があります。

10月

11月

12月

イベント等の開催に関する考え方(9月1日以降)

9月1日以降に開催するイベント等については、国から示された考え方を参考にしてください。

<催物開催の目安>

  • 催物の目安は屋内、屋外ともに5,000人以下。
  • 上記人数要件に加え、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2メートル)。

<参考>内閣官房新型コロナウイルス感染症対策室で示された考え方は「9月1日以降における催物の開催制限等について」(外部サイト)をご覧ください。

イベント等の開催に関する考え方(8月1日以降)

8月1日以降に開催するイベント等については、国から示された考え方を参考にしてください。

<催物開催の目安>

  • 催物の目安は屋内、屋外ともに5,000人以下。
  • 上記人数要件に加え、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2メートル)。

<参考>内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室で示された考え方は「8月1日以降における催物の開催制限等について」(外部サイト)をご覧ください。

イベント等の開催に関する考え方(6月19日以降)

6月19日以降に開催されるイベントについては、島根県対策本部(6月17日)で示された考え方を参考にしてください。

<島根県対策本部で示された考え方>

  • イベントの開催の可否を判断するに当たっては、今後3段階にわたって、人数などの制限を緩和していきます。
  • イベントを開催する場合は、次のような対応を基本としてください。
  1. 「入場時の制限や誘導」、「待合場所などにおける密集の回避」、「手指の消毒」、「マスクの着用」、「室内の換気」、「出演者の発声を伴う催し物にあっては客席との十分な距離の確保」、「声援にかかる感染防止対策」など、適切な感染防止策をとること。
  2. 参加者の名簿を作成し、連絡先などを把握すること。
  3. 導入が検討されている接触確認アプリを、接触率の低減や感染防止に活用すること。
  4. 業種ごとに策定されるガイドラインに基づく適切な感染防止策を講じること。
  • 事業者の方へのお願い

感染拡大防止のため、各業界団体が主体となり、業種ごとに実施すべき基本的事項を整理した「感染拡大予防ガイドライン」が作成、公表されています。事業者の皆さまには「感染拡大予防ガイドライン」をご確認いただき、実践してください。

<参考>島根県の対応については「島根県の対応」(外部サイト)をご覧ください。

イベント等の開催に関する考え方(6月)

緊急事態宣言の全面解除(5月25日)と島根県対策本部会議(5月27日)での決定を受けて、6月以降に開催されるイベントについて本市の考え方を5月28日の市対策本部会議で決定しました。

1.6月18日までの間は、イベントを主催する人は次のことを基準にイベントの開催の可否を判断してください。

(1)屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること、屋外であれば200人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できることを目安として判断すること。
(2)「入退場時制限や誘導」、「待合場所等における密集の回避」、「手指の消毒」、「マスクの着用」、「室内の換気」、「出演者の発声を伴う催し物にあっては観客席との十分な距離の確保」、「声援による感染防止策」など、適切な感染防止策をとること。
(3)参加者の名簿を作成し、連絡先等を把握すること。
(4)政府での導入が検討されている接触確認アプリを、接触率の低減や感染拡大防止に活用すること。

2.6月19日以降は、政府の基本的対処方針(5月25日付け)および島根県において示される基準を目安に判断してください。

イベント等の開催に関する考え方(4月,5月)

政府専門家会議(3月19日)と政府見解(3月20日)を踏まえ、4月、5月に開催されるイベントについての本市の考え方を3月23日の市対策本部会議で決定しました。

本市並びに周辺地域は、国の示す「感染状況が確認されていない地域」であることから、感染拡大のリスクの低いイベントについては、つぎの3点に留意したうえで、開催を検討することとします。ただし、感染状況が変化した場合は改めて対応を検討します。なお、「感染状況が確認されていない地域」の範囲は、本市においては、中海・宍道湖・大山圏域(安来市、出雲市、米子市、境港市、日吉津村、大山町、南部町、伯耆町、日南町、日野町、江府町)と雲南市、奥出雲町、飯南町とします。

【イベント開催にあたっての3つの留意点】

  1. 風邪、発熱症状のある人は参加を控えてもらう。
  2. 咳エチケット、手洗い、アルコール消毒の徹底を要請する。
  3. 隣や前後の人と1メートルから2メートルの間隔をあける。
  • ただし、つぎの3条件が同時に重なるイベントについては、引き続き、中止または延期します。

【中止または延期するイベント3条件】

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多くの人が集まる密集場所
  3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われる場面

イベント等の開催に関する考え方(3月末まで)

政府専門家会議が「これから1、2週間が急速な拡大か終息かの瀬戸際」との見解を示したことを受け、松江市としても新型コロナウイルス感染症拡大防止に全力を尽くす必要があり、下記のとおりイベント等に関する考え方を2月26日に対策本部会議で決定しました。

  • 基本的な考え方(松江市が主催または実行委員会に加わるイベント等で下記に該当するものを中止または延期します)
    • 不特定多数(参加者が特定できない)が参加し、感染拡大のリスクが高いもの
    • 重症化の恐れが高い人を対象としたもの
    • 中止または延期によって市民生活に大きな支障や不利益を与えないもの

(補足)上記以外のイベント等については、主催者において実施等を判断するものですが、松江市の基本的な考え方に沿った対応を要請しています。

(過去分)中止等を決定したイベント・講座等

お問い合わせ
松江市役所
〒690-8540  島根県松江市末次町86
電話:0852-55-5555/ファックス:0852-55-5530
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。