1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. まちづくり  >  
  4. 歴史まちづくり  >  
  5. 松江市登録歴史的建造物

松江市登録歴史的建造物

松江市には、歴史的なまちなみを形成する町家や近代建築物など様々な歴史的建造物がありますが、近年、人口減少や居住形態の変化に伴い、空き家になったり、老朽化により取り壊されるといった事例が見受けられます。松江市ではこうした現状を踏まえ、本市固有の貴重な歴史的建造物を保全継承し、歴史的なまちづくりに活かしていくため、平成28年7月に歴史的建造物の登録制度を創設しました。

松江市では、3件の建物を「松江市登録歴史的建造物」として登録しました(登録日:平成29年2月3日)。この3件は、明治後期から昭和初期にかけての松江の歴史を語る上で貴重な、地域の歴史的景観の象徴となる建物です。

今後も登録を増やし、歴史を活かしたまちづくりを進めていく考えです。


松江市登録歴史的建造物の位置図(PDF:1,199KB)

松江市登録歴史的建造一覧

1.出雲ビル(PDF:594KB) 松江市登録歴史的建造物 2.旧紳士服トラヤ(元山陰道産業株式会社)(PDF:529KB) 松江市登録歴史的建造物 3.かげやま呉服店(旧第三国立銀行松江支店)(PDF:502KB)

歴史的建造物とは(登録基準)

「松江市歴史的風致維持向上計画」で定める重点区域のうち、歴史的まちなみが残っている旧城下町エリア(PDF:772KB)美保関エリア(PDF:754KB)宍道エリア(PDF:630KB)にある建造物及び市内にある登録有形文化財建造物のうち、次の基準を満たすものが対象となります。

  • 必須項目(1と2は必須)

1.概ね昭和25年頃までに建築されたもの

2.将来にわたって適切な保全継承が見込まれるもの

  • 個別項目(3、4、5のいずれかを満たす)

3.松江市の歴史的景観の保全に貢献しているもの

4.その造形が建造物等の造形の規範となっているもの

5.その建造物等を再現する場合において、再現が容易でないもの

歴史的建造物の登録までの流れ(手続き)

  1. 歴史的建造物の悉皆調査(外観・詳細調査)
  2. 登録に関する建造物所有者の意向確認
  3. 歴史的建造物の登録に関する審議(松江市歴史的建造物保全活用審議会)
  4. 歴史的建造物の登録(建造物所有者への通知)
  5. 登録歴史的建造物に関する保全契約の締結(市と建造物所有者)

歴史的建造物保全継承に関する条例・規則、基本方針

歴史的建造物の保全及び活用に向けた取り組みを計画的かつ着実に実施するため、基本方針を定めるとともに、その方針に基づく条例及び規則を制定しました。


 

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり文化財歴史まちづくり係

所在地:〒690-8540松江市末次町86(松江市役所別館2階)

電話:0852-55-5956/ファックス:0852-55-5658

Eメール:machi-bun@city.matsue.lg.jp

お問い合わせ
歴史まちづくり部  まちづくり文化財課
電話:0852-55-5956(歴史まちづくり係)、0852-55-5387(景観政策係)、0852-55-5294(文化財保護係)/ファックス:0852-55-5658
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。