1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. まちづくり  >  
  4. 景観・屋外広告物  >  
  5. 景観  >  
  6. 景観地区・景観整備機構・景観重要樹木  >  
  7. 景観地区

景観地区

塩見縄手地区(平成19年4月1日指定)

本地区は、国宝松江城の北面に隣接し、かつて中老格の藩士の屋敷が並び、現在もその面影を色濃く残している。昭和48年松江市伝統美観保存条例の制定と同時に、第1次保存指定地区に指定し、門、塀の復元、堀沿いの松の移植・補植、電柱移転等、松江を代表する歴史的景観として保存を図ってきた。通りに面して連続する門、塀、と老松、堀川などが相まった景観は四季折々に美しく、観光客の周遊ルートとしても重要な観光資源であり、松江市の個性と格式の高さを形成している代表的な景観である。
この塩見縄手地区の景観を松江市固有の歴史・文化的資産として後世の市民に継承されるべきものとし、郷土愛の高揚に資するとともに、広く文化の向上発展に寄与することを目的とし、その伝統美観を保存するものとする。

塩見縄手地区の写真

このページに関するお問い合わせ

都市政策課景観政策係

住所:690-8540松江市末次町86(市役所別館3階)

電話:0852-55-5387/ファックス:0852-55-5552/メール:keikan@city.matsue.lg.jp

(注意)メールアドレスの「@」は半角「@」に置き換えてください。

お問い合わせ
都市整備部  都市政策課
電話:0852-55-5373(計画係)/0852-55-5374(開発指導係)/0852-55-5387(景観政策係)/ファックス:0852-55-5552
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。