1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. まちづくり  >  
  4. 道路・河川・土地・砂防(土砂災害)  >  
  5. 道路・河川の維持管理  >  
  6. 道路・河川の維持管理

道路・河川の維持管理

1.市道・河川の危険個所はすぐにご通報ください

松江市では、道路パトロール車、道路維持作業車を配備し、松江市道の日常点検及び応急対応を行っています。また、冬季の除雪作業に備えて除雪機械を待機させております。

しかし、市道・河川の延長は長く、すべての箇所を常時点検するには限界もあります。皆さまからの通報は、事故防止に欠かせません。日常生活の中で発見された、次のような事項については、直接ご通報ください。

  1. 道路の陥没:大事故になる可能性があり大変危険です。即時対応の必要がありますので早急にご連絡ください。
  2. 道路の舗装が破損:アスファルト舗装版が破損すると、路面に亀裂が発生し、さらに進行すると段差が生じてきます。応急の対応が必要ですので、発見し次第ご連絡願います。
  3. 道路側溝が破損している
  4. カーブミラーが見えにくい、破損している:ミラーの方向修正や取替えが必要になります。
  5. ガードレール等が破損している
  6. 区画線(道路標示)の補修、道路標識(警戒標識等)の補修、新設:交通安全施設要望により対応します。手続きは、最寄りの交通安全対策協議会ですが、管理課へ一度お問い合わせ願います。
  7. 街路灯の維持管理:交差点や横断歩道、見通しの悪いカーブなどに、事故防止の目的で設置しております。夜間に電球が切れている、日中に点灯している等の異常を発見されたときはご連絡願います。
  8. 大雨等による道路・河川災害の発生:通行規制をする必要もありますので、早急にご連絡ください。
  9. 大雪時の路面状況の悪化:除雪が必要な路線は、その優先順位等を考慮して順次除雪します。また、路面凍結の恐れがある橋梁や坂道には凍結防止剤を配布しておりますので、散布にご協力願います。雪道では、冬用タイヤ・タイヤチェーン装着等、路面状況を考慮した自衛策も必要です。安全運転を心がけてください。平成29年度松江市除雪計画書(PDF:1.43MB)
  10. 倒木に注意してください:路上に倒木や、せり出しのおそれがある竹木は早めに伐採してください。なお、通行上支障となる場合は、市で伐採することもありますので、ご了承ください。
  11. 河川の護岸が崩れているまたは崩れそうである
  12. 道路(河川)愛護団にご協力下さい:松江市認定道路の沿道、松江市内の河川等における美化清掃活動、草刈り、側溝清掃を行うことにより、住民の皆さま自ら、住みよい生活環境を保全していただくことを目的として、道路(河川)愛護団を組織いただいております。設立についての詳細は、お問い合わせください。

(道路愛護団に関する申請書等のダウンロード)

こちらの記載例を参考にしてください。道路愛護団設立届及び実施計画書記載例(PDF:86KB)

通報先はこちらまで

(道路に関する通報)

  • 松江市都市整備部管理課道路第一係、道路第二係(電話:0852-55-5364、0852-55-5365)
  • 各支所地域振興課

(注意)市役所閉庁時間中に、市道の通行に支障をきたすような災害・重大な事故、その他緊急事態が生じた時は0852-55-5555(市役所当直)まで

(河川に関する通報)

  • 松江市都市整備部河川課計画管理係(電話:0852-55-5355、0852-55-5358)

2.道路工事施行承認

道路工事施行承認とは

道路管理者以外の方が、道路に関する次のような行為をする場合は、道路管理者の承認が必要になります。

  1. 歩道の車両乗り入れ口の施工
  2. 道路の法面埋立、切り取り等の施工
  3. その他の承認工事の施工

この工事は、申請者の費用負担でしていただく必要がありますが、工事完了後に検査し合格したものについては、以後松江市で維持管理をします。なお、道路の損傷を防止する為に必要な、砂利又は土砂の局部的補修、その他道路の構造に影響を与えない行為については、道路管理者の承認を要しません。

申請に必要なもの

申請いただくには、以下のことが必要になります。

  • 必要なものは、申請書、位置図、計画平面図、横断図、構造図、縦断図、現況写真等です。
  • 提出部数は3部です。

計画された段階で、道路管理者との事前の協議をしていただく必要があります。また、市道と私有地との境界確認が必要となる場合がありますので、ご相談ください。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ願います。

申請書ダウンロード

3.道路占用許可申請

道路の占用とは

道路は、私たちの日常生活に欠くことのできないものです。歩道を歩いたり、自転車や自動車を利用して通行したりといった一般的な使用から、大切な公共空間として、震災時の避難経路や火災時の消火活動の場となるなど大きな役割を果たしています。一方で、道路に工作物、物件または施設を設けて、継続して道路を使用することがあります。これを道路の占用といいます。道路の占用は道路面だけでなく、以下のような場合も道路の占用となります。

  • 道路面の占用電柱、郵便差出箱、看板類、露店、工事用足場、仮囲い
  • 上空の占用突出看板、日よけ
  • 地下の占用ガス管、上下水道管、ケーブル管

などです。

松江市道において道路占用をする場合、道路法第32条により道路管理者(市)の許可を受ける必要があります。道路占用できる物件は道路法により規定されており、許可に関する基準についてはお問い合わせください。

不法占用とは

道路は公共空間であり、むやみに物を置いたり工作物を設置したり、掘削したりしてはなりません。緊急活動時の障害となることや、生活環境や景観を損ねることとなり、みんなの迷惑となります。無許可での占用は、不法占用となります

不法占用の例

  • 置き看板、立て看板を路上に設置してはいけません。
  • 商品を路上に陳列してはいけません。
  • 自動販売機を路上に設置してはいけません。
  • 乗入れブロックや乗入用の鉄板を設置してはいけません。

安全で快適な道づくりへのご協力をお願いいたします。

占用物件でのよくあるお問い合わせ

Q1:お店の前の道路に看板を設置したいです。

A1:法令等で禁止されているため、道路上には置き看板等の看板を置くことはできません。ただし、道路上空に突出する看板は、基準に適合すれば許可を受け設置することができます。詳しくはお問い合わせください。

Q2:自治会で道路にゴミ集積箱を設置したいです。

A2:基準に適合すれば許可を受けることができます。ただし、ご希望される場所で許可をできないことがあるため、必ず置きたい場所が分かる写真をご用意いただき、事前にご相談ください。

申請の方法

はじめに占用する物件等の規模や工事の方法等について、事前にご相談いただきますようお願いいたします。 

  • 窓口備付け、もしくは下記から申請様式をダウンロードして申請してください。申請書へは各種添付書類が必要です。ご不明な場合は事前にご相談いただきますようお願いいたします。
  • 占用しようとする日の2週間以上前までに窓口へ提出願います。提出いただく部数は3部です。書類の不備等によりその期間を超えることがあるため、余裕を持って提出いただきますようお願いいたします。
  • 道路占用には占用料がかかります。占用料は許可書に添付された納入通知書により、指定期限内に納付してください。また、翌年度以降も占用料がかかる場合は、当該年度に納入通知書を送付します。

足場などの道路占用許可については、道路占用許可証票(様式第3号)を交付するため、別途400円をいただきます。

  • 内容によっては、道路交通法第77条に基づき、松江警察署から道路使用許可を受ける必要があります。その場合には、工事着手の前に道路使用許可を受けてください。
  • 工事完了後は承認(工事)完了届を、着工前、工事中、了の写真を添付して提出してください。

占用料について

道路占用は占用料がかかります。物件ごとの占用料、計算方法についてはお問い合わせください。ここでは特に、工事用足場を例として占用料の計算方法をご案内します。

算出方法

道路占用料=占用面積(平方メートル)×単価(円/(平方メートル・1か月))×占用期間(月)

占用面積(平方メートル)=出幅(メートル)×延長(メートル)

計算結果は、小数点を切り上げて整数とします。

(例)0.9平方メートルは1平方メートルとなります。

複雑な形状である場合は求積図を添付してください。

  • 単価:工事用施設:1平方メートルあたり1か月200円(平成26年4月1日現在)
  • 占用期間:占用期間が1か月に満たない場合は、1か月分の占用料になります。

(例)占用期間が2月28日から3月31日の場合は、2か月分の占用料となります。

占用期間が翌年度にまたがる場合は、翌年度分は当該年度に徴収します。

(例)占用期間:2月4日から5月1日の場合

当該年度:2月4日から3月31日までの2か月分

翌年度:4月1日から5月1日までの2か月分

計4か月分

その他

当該年度の占用料の総額が100円未満の場合については、占用料は100円となります。

物件を譲渡する、または廃止したとき

  • 譲渡:占用物件を譲渡しようとするときは、道路占用譲渡申請書(様式第7号)により、事前に許可を受けて下さい。占用許可書の写しを添付し、2部提出して下さい。
  • 廃止:占用物件を廃止されたときは、道路占用廃止届(様式第5号)により届出てください。提出時は、着工前、工事中、原状回復の写真を添付し、2部提出してください。
  • 原状回復承認:占用物件の廃止において、掘削復旧が必要な場合等については、事前に道路原状回復承認願い(様式第6号)により、許可を受けてください。

道路占用の更新について

占用許可期間後も道路を占用する場合は、占用の更新許可を受ける必要があります。占用許可期間が満了する前に「許可期間満了に伴う更新手続について」が郵送されますので、必要事項に記入の上、ご返送いただきますようお願いいたします。
なお、返送されない場合は占用期間満了により不法占用となりますのでご注意願います。また、占用を廃止された場合は、道路占用廃止届(様式第5号)を提出してください。

法定外公共物(里道、水路)及び準用河川の改良、占用許可について

法定外公共物(里道、水路)や準用河川に工作物、物件または施設を設け、継続して使用するときは、事前に許可を受ける必要があります。道路占用と同様な手続となりますが、事前にご相談をお願いいたします。

申請書ダウンロード

申請書(道路占用)

申請書(里道・水路)

申請書(その他)

届出書

国道、県道での道路占用のお問い合わせ

農道、林道での占用のお問い合わせ

  • 農道、林道はこちらへ
    • 松江市産業観光部農林基盤整備課(本庁舎第4別館2階)
    • 電話:0852-55-5245(農道について:基盤整備係)、0852-55-5233(林道について:林務係)

道路使用許可についてのお問い合わせ

4.市道の通行規制について

道路占用や工事、イベント等において、市道を通行規制する場合は、届出をお願いします。

申請の方法

窓口備え付けの様式、もしくは下記から様式をダウンロードして届出をしてください。届出書へは各種添付書類が必要です。ご不明な場合は事前にご相談いただきますようお願いいたします。
(注意)提出部数が規制形態等により異なります。

  • 片側交互通行、路肩規制:4部(旧八束郡内の規制では5部)
  • 車両通行止、全面通行止:5部(旧八束郡内の規制では6部)

(お願い事項)

旧松江市内の一部(秋鹿、大野、古江、本庄持田、忌部)及び旧八束郡内では、コミュニティバスを運行しております。通行規制により、運行に支障をきたす恐れがありますので、事前に歴史まちづくり部交通政策課バス交通係(電話:0852-55-5661)へ協議をしていただきますようお願いいたします。

申請書ダウンロード

5.土木要望制度

目的

町内会、自治会等で話し合い、地域のまちづくりにとって必要と判断され提出された土木工事関係(道路、水路等に関わる工事)の要望を全市的に把握し、実施することを目的にしています。自治会単位での要望をいただきます。

要望の回答と効果

提出された要望書は、現地調査を行った上、緊急性・関連計画の有無・工事費用・予算の状況等、松江市全体を眺め、総合的に検討して実施の有無を回答します。公平で効率的なまちづくり、予算の執行が可能となります。

要望者

松江市内の町内会、自治会等の地域単位の要望を原則とします。

要望の対象となる土木工事

  • 道路に関すること
  • 河川、水路に関すること

町内会、自治会で話し合って要望して下さい。

提出書類(ダウンロード)

提出部数

一枚の要望書に一つの要望事項を記入して、要望ごとに2部提出してください。

提出期間

(平成30年度分)

平成30年8月1日から10月31日まで(3ヶ月間)

回答時期

各年度の3月下旬ごろに各公民館(旧市内)、各支所を通じて回答書で回答します。

土木要望に関するお問い合わせ

  • 都市整備部管理課調整官
    • 電話:0852-55-5450
    • ファックス:0852-55-5554
お問い合わせ
都市整備部  管理課
電話:0852-55-5363/ファックス:0852-55-5554/メールアドレス:kanri@city.matsue.lg.jp
お問い合わせ
都市整備部  河川課
電話:0852-55-5355/ファックス:0852-55-5538/メールアドレス:kasen@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。