1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 教育・子育て  >  
  4. 子育て  >  
  5. 手当  >  
  6. 児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当とは

父母の離婚などにより父又は母と生計を共にしていない子どもが育成される家庭(ひとり親世帯)の生活の安定と児童の健やかな成長を願って支給される手当です。ひとり親とは、児童扶養手当の支給要件に該当する人を言います。

障がい基礎年金等を受給しているひとり親の方へ

これまで障がい基礎年金等(補足1)受給している方は、障がい基礎年金等の額が児童扶養手当の額を上回る場合は、児童扶養手当を受給できず、就労が難しい方は、厳しい経済状況におかれていました。そこで、児童扶養手当法の一部改正により令和3年3月分から手当額の算出方法と支給制限に関する所得の算定方法が変更になります。

(補足1)国民年金法に基づく障がい基礎年金、労働者災害補償保険法による障がい補償年金など

見直し内容(令和3年3月分【令和3年5月支払い】から)

児童扶養手当と比較する障がい基礎年金等の範囲が変わります

令和3年3月以降は、児童扶養手当の額が障がい基礎年金等の子の加算分の額を上回る場合、その差額を児童扶養手当として受給できるようになります。なお、障がい基礎年金等以外の公的年金等を受給している方(補足2)は、改正後も調整する公的年金等の範囲に変更はありません。

(補足2)遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などの障がい年金以外の公的年金等や障がい厚生年金(3級)のみを受給している方

支給制限に関する所得の算定が変わります

障がい基礎年金等を受給している受給資格者の支給制限に関する所得に、非課税の公的年金給付等(補足3)を含みます。

(補足3)障がい年金、遺族年金、労災年金、遺族補償など

児童扶養手当を受給するための手続き

  • すでに手当を受給している方は、手続きは必要はありません。
  • これまで障がい基礎年金等の受給により申請をしていなかった方は、令和3年3月1日時点で支給要件を満たしていれば、手当を受給できる可能性がありますので、子育て支援課までご相談ください。事前の申請も可能です。令和3年6月30日までに申請されると、令和3年3月分(令和3年5月払い)の手当から遡って受給できます。

参考資料

お知らせ

  • 児童扶養手当の申請に所得課税証明書の提出が不要になりました!所得の状況が松江市で確認できない場合(申請される1月1日に松江市に住民登録のなかった方等)、認定請求書や現況届を提出する際に所得課税証明書を添付していただいていましたが、マイナンバー制度の情報連携本格運用開始により添付が不要となりました。
  • これまで公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。
  • 令和元年11月から、支払い回数が年3回から年6回(奇数月毎)に変わりました。

詳しくは厚生労働省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

児童扶養手当を受けることができる人(支給要件に該当する人)

次のいずれかの者

  • 支給対象児童に該当する児童を監護する母
  • 支給対象児童に該当する児童を監護し、かつ、これと生計を同じくする父
  • 支給対象児童に該当する児童を、父又は母に代わって監護する養育者

(注意)「支給対象児童」は次項目を参照してください

支給対象児童

「児童」とは18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者、又は、心身におおむね中度以上の障がい(特別児童扶養手当2級と同程度)のある場合は20歳未満の者で、支給対象児童は以下のいずれかに該当する者。

  • 父母が離婚した児童:離婚
  • 父又は母が死亡した児童:死亡
  • 父又は母が障がいの状態(障がい手帳1級程度)にある児童:障がい(父又は母が内部・精神障がいの方で就労されている場合は該当しません。)
  • 父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童:遺棄
  • 父又は母が法令等により引き続き1年以上拘禁されている児童:拘禁
  • 父又は母の生死が明らかでない児童:生死不明
  • 婚姻によらないで生まれた児童:未婚

必要書類及び持参いただくもの

  • 戸籍謄本(請求者と対象児童のもの)・・・・発行日から1ヶ月以内のもの
  • 印章
  • 口座番号のわかるもの
  • 年金手帳
  • 健康保険証(請求者と対象児童のもの)
  • 請求者、対象児童、同居の扶養義務者の個人番号のわかるもの
  • 請求者の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証など)
  • その他支給対象により、その他の書類が必要な場合があります。詳しくは、お問い合わせください。

手当の支給額(月額)令和2年4月以降

支給額

区分

児童1人 児童2人

児童3人

全部支給 43,160円 53,350円 59,460円
一部支給 43,150円~10,180円 53,330円~15,280円 59,430円~18,340円

 児童が4人以上のときは、1人増えるごとに全部支給では6,110円、一部支給では6,100円から3,060円加算されます。

 注意:所得に応じて決定されます。

 一部支給額は所得額に応じて10円刻みの額となります。

手当の支給時期

支給日 支給対象月 支給日 支給対象月
支給日・支給対象月
5月11日 3・4月分 11月11日 9・10月分
7月11日 5・6月分 1月11日 11・12月分
9月11日 7・8月分 3月11日 1・2月分

注意:支給日が土曜・日曜・祝日にあたるときは、その直前の金融機関が営業している日となります。

手当は認定されると請求された月の翌月分から支給されます。

所得の制限

受給者本人又は受給者と生計を同じくする扶養義務者の所得が一定額以上である場合は、手当の一部又は全部が支給されません。

【限度額に加算されるもの】

  • 受給者本人:特定扶養親族がある場合は1人につき15万円
  • 老人扶養親族がある場合は1人につき10万円
  • 扶養義務者等:老人扶養親族がある場合は1人につき6万円

 ただし、扶養親族等がすべて70歳以上の場合は1人を除く

所得制限限度額

扶養親族等の数

受給者本人の所得限度額

扶養義務者等

の所得限度額

全部支給

一部支給

0人

490,000円

1,920,000円

2,360,000円

1人

870,000円

2,300,000円

2,740,000円

2人

1,250,000円

2,680,000円

3,120,000円

3人

1,630,000円

3,060,000円

3,500,000円

以降1人につき

380,000円/加算

380,000円/加算

380,000円/加算

 

現況届

  • 児童扶養手当を受けている方は、毎年8月に「現況届」を提出しなければなりません。
  • この届は、毎年8月1日の状況を記載していただき、児童扶養手当を引き続き受ける要件があるかどうかを確認するためのものです。
  • 受給資格者全員が毎年8月1日から8月31日までの間に提出してください。「現況届」を提出しないと、11月分以降の手当は支給されません。なお、2年間提出しないと受給資格がなくなることとなります。

子育てワンストップについて

平成30年7月から、マイナンバーカードを使ってオンラインで児童扶養手当の現況届に関する手続きができます。

電子申請の内容

  • 現況届の事前送付:事前に内容を電子申請にて申請いただき、手続き時間を省くことができます。ただし、現況届の届出に加え、子育て支援課での面談が必要となります。
  • 子育てワンストップを初めて利用される方はマイナポータルサイト(外部サイト)をご覧ください。

お問い合わせ/連絡先

子育て部子育て支援課
電話:0852-55-5335/ファックス:0852-55-5537

お問い合わせ
子育て部  子育て支援課
電話:0852-55-5312(保育幼稚園係)、電話:0852-55-5326(子育て給付係)/ファックス:0852-55-5537
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。