1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 障がい者福祉  >  
  5. 手当・年金等  >  
  6. 障がい児福祉手当

障がい児福祉手当

障がい児福祉手当は、20歳未満で重度の障がいがあるため常時介護が必要な在宅の方が対象となります。

受給できる人

20才未満の障がいのある方で、障がいの程度が別表に該当する場合に支給されます。(特別児童扶養手当の1級のうち、最重度の場合に該当し、併給もできます。)

次のような場合は、手当は支給されません。

  • 施設などに入所しているとき
  • 障がいを事由とする年金を受けているとき

【別表】

  1. 両眼の視力の和が0.02以下のもの
  2. 両耳の聴力が補聴器を用いても音声を識別することができない程度のもの
  3. 両上肢の機能に著しい障がいを有するもの
  4. 両上肢の全ての指を欠くもの
  5. 両下肢の用を全く廃したもの
  6. 両大腿を2分の1以上失ったもの
  7. 体幹の機能に座っていることができない程度の障がいを有するもの
  8. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障がい又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同等以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  9. 精神の障がいであって、前各号と同等以上と認められる程度のもの
  10. 身体の機能の障がい若しくは病状又は精神の障がいが重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

手当の額

月額14,880円(令和2年4月分から・物価スライドにより改定されることがあります。)
毎年2月、5月、8月、11月にそれぞれの前月までの3ヵ月分が支払われます。各支払月とも10日頃にあらかじめ申し出のあった金融機関の口座へ振り込みます。

手当を受ける手続き

手当を受けるには、次の書類を添えて障がい者福祉課または、各支所市民生活課にお越しください。

  1. 障がい児福祉手当認定請求書(PDF:84KB)
  2. 所得状況届(PDF:124KB)
  3. 医師の診断書(所定の書式があります)
  4. 身体障がい者手帳または療育手帳((注意)お持ちの方)
  5. 印鑑
  6. 口座振替依頼書(PDF:68KB)
  7. 振込先の通帳(障がい児本人名義のものに限ります)
  8. その他必要な書類

本人、配偶者、扶養義務者で1月1日現在に松江市に住民登録をしていない方は、住所地の市町村長発行の所得証明書が必要になります。

所得制限

本人や扶養義務者(父や母など)の前年の所得が一定額以上の場合は、その年度(8月から翌年の7月まで)は手当の支給が停止になります。限度額表は特別障がい者手当(PDF:56KB)と同じです。

こんなときには届出を

  1. 施設に入所したとき
  2. 受給者が死亡したとき
  3. 住所・氏名・受取口座が変更になったとき
お問い合わせ
福祉部  障がい者福祉課
電話:0852-55-5304/ファックス:0852-55-5309/メールアドレス:s-fukushi@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。