1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 高齢者福祉  >  
  5. 高齢者虐待

高齢者虐待

高齢者虐待とは

高齢者虐待は、高齢者の尊厳を冒す重大な問題です。

高齢者が他者からの不適切な扱いにより権利利益を侵害される状態や、生命、健康、生活が損なわれるような状態におかれることとと捉えられています。

  • 身体的虐待:暴力をふるって身体にあざや痛みを与える、外部との接触を意図的に遮断する
  • 介護・世話の放棄:必要な介護や世話をしていないため、身体・精神的状態を悪化させている
  • 心理的虐待:脅しや侮辱などの言葉や威圧的な態度、無視、嫌がらせ等により、精神的苦痛を与える
  • 性的虐待:本人との間で合意されていない性的な嫌がらせやその強要
  • 経済的虐待:本人の合意なしに財産や金銭を使用、本人の金銭の使用を理由なく制限する

松江市健康政策課、各地域包括支援センターにて高齢者虐待についての相談、通報等を受けています。気になることがある場合は、早めにご連絡ください。

松江市では、高齢者虐待への対応についてマニュアルを作成しました。

高齢者虐待の考え方や各関係機関の役割、市や包括支援センターの対応の流れなどをまとめていますので、参考にしてください。

高齢者虐待対応マニュアル.pdf

高齢者虐待を防止しましょう

市民一人ひとりが、高齢者虐待について関心を持ち、正しい知識を身につけ、地域全体で高齢者とその家族を支えていくことが高齢者虐待の発生を防止することにつながります。

虐待を防止しましょう .pdf

高齢者虐待の相談窓口

高齢者の介護は、一人で抱え込むと大変です。

高齢者虐待の発生要因として、「介護者の介護疲れ」や「高齢者本人と介護者の人間関係」、「経済的な問題」などがあります。また、介護の方法や対応が分からないことから、高齢者虐待につながることもあります。一人で悩まずに担当のケアマネジャーや地域包括支援センターに相談をしてみましょう。

あなたの周りで、「もしかしたら高齢者虐待かもしれない・・・」と感じることがあれば、地域包括支援センターに相談をしましょう。

地域包括支援センター(外部サイト)

また、家庭内だけでなく、入所先やサービス事業所の従事者等からの虐待(またはその疑い)についても、松江市健康政策課へ早めに相談・連絡してください。

 

高齢者虐待防止関連のホームページ

高齢者虐待の防止(島根県:外部サイト)

高齢者虐待防止関連調査・資料(厚生労働省:外部サイト)

お問い合わせ
健康部  健康政策課
電話:0852-55-5303(健康政策係)、0852-55-5568(地域包括ケア推進係)/ファックス:0852-55-5205/メールアドレス:ken-sei@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。