1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 健康づくり  >  
  5. 熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

熱中症とは

高温多湿の環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによって、体内に熱がたまり、発症します。

熱中症は予防法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症になった場合も、適切な応急処置により救命することができます。

熱中症の予防

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が必要です。

○こまめに水分を取りましょう

  • のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給が大切です

○熱中症になりにくい室内環境を整えましょう

  • 扇風機やエアコンを上手に使いましょう
  • こまめに室温を確認しましょう

○体調に合わせた工夫

  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やす
  • 通気性のよい、吸湿・速乾の衣服など涼しい服装にこころがけましょう

○外出時の準備

  • 日傘や帽子を上手に使いましょう
  • 日陰を利用しましょう
  • こまめな休憩をとりましょう

熱中症の症状

  • めまいや立ちくらみ、顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 体のだるさ(倦怠感)や頭痛、吐き気、虚脱感
  • 汗のかきかたがおかしい
  • 体温が高い、皮膚の異常
  • 呼びかけに反応しない、まっすぐに歩けない
  • 水分補給ができないなど

熱中症になった時の処置

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ、身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する

自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに119番へ

熱中症の応急処置

(出典)環境省「熱中症環境保健マニュアル2018」

熱中症に関するリーフレット

「熱中症は、予防が大切です」島根県

「熱中症ーご存知ですか?予防・対処法ー」環境省

「熱中症ー思い当たることはありませんか?ー」環境省

「Summer_in_Japan_is_hot_and_humid!ー日本の熱中症ー」環境省

 

熱中症関連のホームページ

島根県「熱中症に気をつけましょう」(外部サイト)

厚生労働省「熱中症関連情報」(外部サイト)

環境省「熱中症予防情報サイト」(外部サイト)

お問い合わせ
健康部  健康推進課
電話:0852-60-8162(保健総務係)、電話:0852-60-8174(保健企画係)、電話:0852-60-8154(地域保健グループ(橋北))、電話:0852-60-8156(地域保健グループ(橋南))/ファックス:0852-60-8160/メールアドレス:kensui@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。