1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 健康づくり  >  
  5. 休養・こころの健康づくり

休養・こころの健康づくりの充実

「松江市自死対策推進計画」を策定しました

本市では平成22年7月に「松江市自死(自殺)対策事業計画」を策定しました。その後、平成25年に計画の見直しを行い、自死対策の取り組みを進めてきました。この度、平成28年の「自殺対策基本法」の改正に基づき、自死対策の本質が生きることの支援にあることを改めて確認し、「誰も自死に追い込まれることのない松江の実現」を目指し、「松江市自死対策推進計画」を策定しました。

[第1章]計画策定にあたって

[第2章]松江市の自死の現状と課題

[第3章]松江市の自死対策における取り組み

[第4章]計画の推進体制

[参考資料]

  • 計画期間:平成31年度(2019年度)から平成35年度(2023年度)までの5か年計画

 

松江市自死対策推進計画(案)に関する意見募集の実施結果について

  • 意見募集期間

平成30年12月27日(木曜)から平成31年1月25日(金曜)まで

  • 掲出・閲覧場所

市ホームページ、市役所本庁舎(本館2階総務課内行政資料コーナー)、保健福祉総合センター(健康推進課)、各支所(行政資料コーナー)、各公民館

  • 募集結果

意見はありませんでした。

  • お問い合わせ先

健康部健康推進課保健総務係(電話番号:0852-60-8162)

3月は自死対策強化月間です

自死は誰もが当事者となり得る重大な問題です。自死の背景には、過労、経済問題、育児や介護疲れ、いじめや孤立などさまざまな要因があります。
自死はその多くが追い込まれた末の死であり、自死を考えている人は何らかのサインを出していると言われています。自死を防ぐには一人ひとりが周りの人の変化に気づき、見守るという意識を持つことが大切です。
国は、月別自死者数が多い3月を「自死対策強化月間」として、「支援情報検索サイト」(外部サイト)を通じて相談先の情報提供を行います。
悩みや辛い気持ちをひとりで抱えずに、まずは相談してみませんか?

9月10日から16日は自死予防週間です

自死対策を推進するためには、自死について、誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発することが重要です。このため、自殺対策基本法では、9月10日の「世界自殺予防デー」に因んで、毎年9月10日から9月16日までを「自死予防週間」と位置付け、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を推進します。
また、平成29年7月25日に閣議決定した、「自殺総合対策大綱」では、国、地方公共団体、関係団体及び民間団体等が連携して「いのち支える自死対策」という理念を前面に打ち出して啓発活動を推進し、あわせて、啓発事業によって援助を求めるに至った悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるよう、支援策を重点的に実施することとされています。

平成30年度自死予防週間広報ポスター(PDF:454KB)

メンタルヘルスのとびら

ストレスやメンタルヘルスという言葉をよく耳にするようになり、こころの健康づくりは身近なテーマとなっています。

しかし、こころの病気についての理解がまだ十分とは言えません。

こころの病気は誰にでも起こります。こころの不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに専門機関に相談することをお勧めします。

また、こころの病気に適切に対処し、ご自身や周囲の方たちがこころの病気を抱えていても安心して暮らしているためには、こころの病気を正しく理解することが大切です。

(厚生労働省ホームページ「知ることからはじめよう―みんなのメンタルヘルス」より一部抜粋)

こころの健康教室

こころの健康について、周囲の人の「気づき」を大切にした研修(ゲートキーパー研修)を各地区、事業所などで行っています。

松江市健康推進課(電話:0852-60-8162)までお尋ねください。

「自殺」から「自死」へ

眠れない、食欲がない、口数が少なくなった等、「いつもと違う場合」…。背景には、死別体験、過重労働、借金、配置転換、引っ越し、出産、昇進等の「変化」は悩みの大きな要因となります。悩みを相談できること、あるいは悩んでいる人に勇気をもって声をかけることが自死予防にとって大変必要なことです。

(厚生労働省ホームページ「誰でもゲートキーパー手帳」から一部抜粋)

松江市では、誰も自死に追い込まれることのない社会を目指し生きることの包括支援として自死予防対策に取り組んでいます。

(注意)松江市では、ご遺族のお気持ちに配慮し、平成26年4月1日より「自殺」という言葉を「自死」と表しています。

その他相談窓口

お問い合わせ
健康部  健康推進課
電話:0852-60-8162(保健総務係)、電話:0852-60-8174(保健企画係)、電話:0852-60-8154(地域保健グループ(橋北))、電話:0852-60-8156(地域保健グループ(橋南))/ファックス:0852-60-8160/メールアドレス:kensui@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。