1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 介護保険  >  
  5. 介護保険  >  
  6. 要介護認定

要介護認定

介護サービスを利用するときは、「どのくらいの介護が必要か」の認定を受けることが必要です。これを「要介護認定」といいます。
サービス利用までの流れは次のようになっています。
申請から結果通知までは、原則として30日以内に行うことになっています。

申請

本庁介護保険課窓口(16番)、各支所(市民生活課)の窓口で申請します。申請には申請書・介護保険の保険証(40歳〜64歳の人は医療保険の保険証)が必要です。

(注意)「主治医意見書」については、松江市では申請者から主治医に作成依頼をしていただきます。後日、医療機関から直接市へ郵送されます。

(主治医が市外の場合は、申請後に市から医療機関へ作成を依頼します。)

申請は、居宅介護支援事業者、介護保険施設、地域包括支援センターに代行してもらうこともできます。

訪問調査

訪問調査員が本人と面談し、厚生労働省の定めた全国共通の調査票に基づき、動作確認と聴き取り調査を行います。

調査は

  • 現在の心身や生活の状況
  • 過去14日以内に受けた医療に関すること

など74項目です。そのほかに、特に記載するべき事項について記載します。

一次判定

訪問調査の結果から、全国共通の基準により、コンピュータで一次判定します。

認定審査会

一次判定の結果と、主治医の意見書、訪問調査の特記事項をもとに、どれくらいの介護が必要な状態かを総合的に審査・判定します。(二次判定)

介護が必要な度合い(要介護度)に応じて、「非該当」「要支援1〜2」「要介護1〜5」の8段階に分けられます。

介護認定審査会は、保健・医療・福祉の専門家で構成されています。

結果通知

松江市から要介護度を記入した認定結果が送付されます。

要介護度によって、利用できるサービスや利用限度額が決められています。

ケアプランの作成

本人や家族の状況や希望をふまえて、介護サービスの利用計画(ケアプラン)を作ります。ケアプランは、居宅介護支援事業者の介護支援専門員(ケアマネジャー)に作成してもらえます。作成費用の自己負担はありません。
サービス利用

ケアプランにもとづいてサービスを利用できます。

サービスにかかった費用の1割を自己負担します。

(注意)認定の有効期間は、原則として新規6ヵ月、更新12カ月です。認定者の状態によっては、原則の有効期間を短縮・延長することもあります。有効期間終了後も引き続きサービスを利用するには、認定有効期間内に更新の手続き(更新申請)をして認定を更新することが必要です。更新申請のときにも、上記と同じ流れになります。

お問い合わせは認定係へ

お問い合わせ
健康子育て部  介護保険課
電話:0852-55-5930(保険料係)、電話:0852-55-5933(給付係)、電話:0852-55-5936(認定係)/ファックス:0852-55-6186
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。