1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 保健所  >  
  5. 小児慢性特定疾病医療  >  
  6. 小児慢性特定疾病医療

小児慢性特定疾病医療(指定医・指定医療機関)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

指定医について

医療費の支給認定に必要な診断書(医療意見書)の作成は、都道府県知事等(中核市市長を含む)の指定を受けた「指定医」に限られます。そのため、診断書を作成される医師の方々につきましては指定医の申請手続きを行っていただく必要があります。

また、他自治体での指定を既に受けている場合でも、松江市内の医療機関で医療意見書を作成する場合は、松江市に申請をする必要があります。

  1. 指定医の役割
  • 小児慢性特定疾病の診断を行い、支給認定に必要な診断書(医療意見書)を作成する。
  • 患者データ(診断書の内容)を患者登録管理システムに登録する。
  1. 指定医の要件(次のいずれかに該当)
  • 疾病の診断、治療に5年以上従事した経験があり、関係学会の専門医(※1)の認定を受けている。
  • 疾病の診断、治療に5年以上従事した経験があり、都道府県知事等が行う研修(※2)(指定医研修サイト(※3)を含む)を修了している。

(※1)対象となる専門医資格は次のとおりです。

専門医資格一覧(PDF:144KB)

(※2)島根県が実施する令和元年度の研修はこちら(外部サイト)

(※3)指定医研修サイトはこちら指定医研修サイト(外部サイト)

指定医研修サイト利用して松江市に指定医の申請をされる場合は、サイト内プロファイル画面の申請先実施主体は「松江市」を選択してください。

講義及びテストを受け発行される修了証(「松江市長」と印字され、公印はなし)は、松江市指定医申請書に併せて提出してください。

  1. 指定の有効期間

5年ごとの更新制とする。

  1. その他
  • 申請内容に変更があった場合は、変更の届出が必要です。
  • 指定医の指定を辞退する場合は、辞退の届出が必要です。
  1. 新規申請・更新手続き方法

<新規申請の場合>

  1. 指定医指定申請書
  2. 医師免許の写し
  3. 専門医に認定されていることを証明する書類の写しまたは都道府県知事等が行う研修の修了証(研修サイトの修了証を含む)の写し

<更新申請の場合>

  1. 指定医更新申請書
  2. 専門医に認定されていることを証明する書類の写しまたは都道府県知事等が行う研修の修了証(研修サイトの修了証を含む)の写し

上記書類を揃えて、下記の「申請・届出窓口」に提出してください。

  1. 指定医各種様式
中核市移行に伴う変更点

<指定医の指定について>

  • 平成30年3月31日時点で島根県から指定医の指定を受けている場合は、中核市以降後も指定有効期間までは島根県と松江市両方から指定を受けているとみなされます。現在の指定名及び届出内容に変更がなければ、中核市移行に伴う手続き等は必要ありません。
  • 平成30年4月1日以降に指定の申請をされる場合は<申請・届出に関する注意事項>をご確認ください。

<松江市の指定医番号設定について>

  • 平成30年3月31日時点で島根県から指定医の指定を受けている場合は、新たに松江市の指定医番号が設定されます。4月1日以降、松江市の医療機関において意見書を作成される際は、指定医番号をご記入ください。

(注意)平成30年3月31日時点での指定有効期間までは現在の指定医番号で作成された医療意見書も有効とします。

  • 平成30年4月1日以降に指定医の指定を受ける場合は、新規で松江市の指定医番号が設定されます。

<申請・届出に関する注意事項>

  1. 松江市と松江市以外の両方で小児慢性特定疾病意見書を作成する場合
  • 松江市(共同設置保健所)と市外(勤務先の医療機関が所在する圏域を管轄する)の保健所等の窓口の両方に申請・届出をします。

(3月31日時点で島根県の指定を受けている場合、指定有効期間までは松江市にあらためて申請する必要はありません。)

  1. 松江市指定医の指定を受けている方が市外へ転勤する場合
  • 松江市と転勤先の医療機関が所在する圏域を管轄する保健所の両方に申請・届出をします。
  • 松江市には辞退届
  • 転勤先には新規申請書等(管轄する部署にお問い合わせください)
  1. 小児慢性特定疾病と難病の指定医の両方の指定を受ける場合
  • 難病に関する事務はこれまでどおり、島根県が所管しますので、4月1日以降申請等される場合は、難病については島根県へ、小児慢性特定疾病については松江市へ、それぞれ申請書等を提出していただく必要があります。
  • 難病の指定医についての申請窓口は小児慢性特定疾病と同じ窓口(松江保健所)です。

指定医療機関について

小児慢性特定疾病の認定を受けた児童が、都道府県知事等(中核市市長を含む)の指定を受けた「指定小児慢性特定疾病指定医療機関」(以下「指定医療機関」という。)を受診する際に、小児慢性特定疾病医療費助成を受けることができます。そのために、当該児童の診療を行っている医療機関につきましては、指定医療機関の申請手続きを行っていただく必要があります。

(注意)指定医療機関には病院・診療所・薬局・訪問看護事業者が含まれます。

(注意)ひとつの法人が複数の医療機関を開設している場合、医療機関ごとにそれぞれ申請が必要です。

  1. 指定の有効期間

6年ごとの更新制とする。

  1. その他
  • 申請内容に変更があった場合は、変更の届出が必要です。
  • 指定医療機関を休止・廃止する場合は、休止・廃止の届出が必要です。
  1. 新規・更新申請の手続方法

申請書を記入のうえ、下記「申請・届出窓口」に提出してください。

  1. 指定医療機関各種様式
中核市移行に伴う変更点

<指定医療機関の指定について>

  • 平成30年3月31日時点で島根県から指定医療機関の指定を受けている場合は、中核市移行後も指定有効期間までは島根県と松江市両方から指定を受けているとみなされます。

現在の指定内容及び届出内容に変更がなければ、中核市移行にともなう手続き等は必要ありません。

  • 平成30年4月1日以降に指定の申請をする場合は<申請・届出等について>をご確認ください。

<申請・届出等について>

  1. 申請・届出様式
  • 申請先・届出先が松江市長になるため、松江市の申請書、届出用紙にて手続きを行ってください。
  1. 小児慢性特定疾病と難病の指定医療機関の両方の指定を受ける医療機関
  • 難病に関する事務はこれまでどおり、島根県が所管しますので、4月1日以降申請等される場合は、難病については島根県へ、小児慢性特定疾病については松江市へ、それぞれ申請書等を提出していただく必要があります。
  • 難病指定医療機関についての申請窓口は【松江市・島根県共同設置松江保健所医事・難病支援課】で、小児慢性特定疾病と同じ窓口です。
【公費負担者番号及び受給者証の変更について】

(注意)平成30年3月31日時点で島根県の指定を受けている医療機関のみ

  1. 公費負担者番号が松江市の番号にかわります。診療費請求の際にはご注意ください。

平成30年3月31日診療分まで(島根県の公費負担者番号で請求)

島根県:[2328010]]例外(生活保護等):[52327012]

 ↓

平成30年4月1日診療分から(松江市の新たな公費負担者番号で請求)

松江市:[52328028]例外(生活保護等):[52327020]

  1. 松江市在住の受給者について、受給者を緑色に変更します。窓口での確認をお願いいたします。

指定医療機関の方へ

医療費総額 公費1 公費2 負担割合 自己負担上限額管理票の記載
10,000円

小児慢性特定疾病

2割上限5,000円

子ども医療費

自己負担なし

保険者負担:7,000円

小児慢性:1,000円

子ども医療:2,000円

患者負担:なし

医療費総額10,000円自己負担2,000円

(子ども医療を適用しない場合の負担額)

管理票の記載方法

<自己負担上限額管理票>

患者が複数の医療機関等を受診した場合でも、自己負担上限額を超えた金額を徴収しないよう、受給者証とあわせて「自己負担上限額管理票」を交付しています。記入方法については、次のとおりです。

自己負担上限額管理票の記載方法について(PDF:371KB)

なお、子ども医療費受給資格証または福祉医療費医療証(資格証)をお持ちの方の場合は、実際の窓口での負担額は、より負担の低い金額が適用されますが、自己負担上限額管理票へは、子ども医療または福祉医療を適用する前の金額(小児慢性特定疾病医療受給者証のみを適用した自己負担額)を記載してください。

(例)

30,000円

小児慢性特定疾病

2割上限5,000円

福祉医療費

1割上限6,000円

保険者負担:21,000円

小児慢性:4,000円

福祉医療:2,000円

患者負担:3,000円

医療費総額30,000円自己負担5,000円

(福祉医療を適用しない場合の負担額)

松江市への申請・届出窓口

〒690-0011松江市東津田町1741-3

松江市・島根県共同設置松江保健所

担当部署:医事・難病支援課【電話:0852-23-1315】

(注意)保健所の場所、届出窓口は変更ありません。松江市役所では受付できません。

お問い合わせ
子育て部  子育て支援課
電話:0852-55-5312(保育幼稚園係)、電話:0852-55-5326(子育て給付係)/ファックス:0852-55-5537
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。