1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 健康・福祉・介護  >  
  4. 保健衛生(感染症、食品、動物、生活衛生)  >  
  5. 食品情報  >  
  6. ふぐによる食中毒の予防について

ふぐによる食中毒の予防について

ふぐに毒があることは広く知られていますが、例年、自分で釣ったりもらったふぐを自家調理して喫食することによる食中毒事例が発生しており、令和元年においても死亡事例が報告されました。

ふぐの毒は、塩もみ、水にさらす、加熱などの調理では無(弱)毒化されることはありません。

釣ったふぐの処理は、ふぐを取り扱う資格を持つ専門の方に依頼するか、依頼できない場合は食べないでください。また、人にも譲らないでください。

 

ふぐの有毒部位を食べると

食後20分から3時間程度の短時間で、しびれや麻痺症状が現れます。

麻痺症状は口唇から四肢、全身に広がり、重症の場合には呼吸困難で死亡することがあります。

お問い合わせ
健康福祉部  保健衛生課
電話:0852-28-8285/ファックス:0852-28-8118/メールアドレス:eisei@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。