1. 総合メニュー  >  
  2. 事業者向け情報  >  
  3. 産業振興  >  
  4. Ruby City MATSUE  >  
  5. 平成24年度中学生Ruby教室開催

平成24年度中学生Ruby教室開催

下記の日程で、松江市内の中学生を対象にRuby教室を開催しました。

各回とも同様の内容で実施し、合わせて40名の中学生がRubyによるプログラミングを学びました。

募集定員30名をはるかに上回る68名から応募をいただいたため、急遽8月4日土曜日午前にも追加で開催しました。

親子で参加された参加者もあり、非常に活気のある教室となりました。

参加した中学生はプログラムの基礎について学んだ後、与えられた課題のプログラムを打ち込み、さらには講師・アシスタントに相談しながら、思い思いにプログラムの改造に取り組みました。

また、今回は、例年参加してくれている松江工業高等専門学校の生徒さん(2名)に加え、松江商業高校の生徒さん(3名)も参加していただき、学生中心のサポート体制で教室を実施しました。

  • 開催日時 平成24年8月4日土曜日 1. 9時から12時  2. 13時から16時30分

  平成24年8月5日日曜日 3. 13時から16時30分

  • 場所   松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)
  • 講師   株式会社ネットワーク応用通信研究所 高尾宏治氏

今回の教室で配布された資料は下記のとおり(講師:高尾氏作成)

なお、上記配布資料は【クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンス】の下、高尾氏のより提供いただいています。

改変・再配布・営利目的での二次利用の際、資料中に「高尾宏治著『中学生Ruby教室テキスト・課題1から3・付録』http://www.city.matsue.shimane.jp/jigyousha/sangyou/ruby/junior_ruby.html」を明記してください。

なお、資料中、リンク先資料については各々リンク先の著作権者にお問い合わせください。

参加された皆さんからは

  • 少し数字を変えるだけで、色や大きさがどんどん変わったところが面白かった。
  • 自分で実際に記号を打ち込んで、それが正しかったら動くところが面白かった。
  • 失敗しても何度でも挑戦できるのが面白かった。

などの感想をいただきました。

また、アシスタントとして協力してくれた学生からは

  • 人に教えることを通じて、自分もさらにRubyを勉強することができた。
  • 人に教えることの楽しさが分かった。
  • Ruby技術者認定試験】受けてみたい。

などの感想が聞かれました。

なお、1月には、今回の受講生の中から希望者を対象に、1日コースとして今回より進んだ内容での開催を予定しています。

今回の様子

プログラミングしたことある人?と講師が質問している様子の写真 全体課題中の写真

プログラミング改造中の様子写真 プログラミング中の様子写真

講師とアシスタントの写真

【手前】株式会社ネットワーク応用通信研究所研究員

【奥】向かって左側2名:松江工業高等専門学校専攻科生、右側3名:松江商業高等学校生徒

日経ITPro掲載記事もご覧ください。(外部サイト)

お問い合わせ
産業経済部  まつえ産業支援センター
〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地テクノアークしまね内/電話:0852-60-7101/ファックス:0852-25-0300 /メールアドレス:misc@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。