1. 総合メニュー  >  
  2. 事業者向け情報  >  
  3. 産業振興  >  
  4. 企業支援  >  
  5. 「お試しサテライトオフィス」モデル事業

お試しサテライトオフィスモデル事業

松江市では、平成28年度第2次補正予算「お試しサテライトオフィス」モデル事業(外部サイト)(総務省)の採択を受けました。

地方サテライトオフィスをご検討中のIT企業様、松江市で「お試し勤務」してみませんか?

お試しサテライトオフィスバナー

お試しオフィスバナー2

本事業を通じて松江市で「お試し勤務」をされたIT企業様からのご意見・ご感想を踏まえ、松江市が取り組むIT企業誘致方針を策定します。

選べる3つの「お試しオフィス」

松江市内に環境が異なる3つの「お試しオフィス」をご用意します。

城下町」「緑に囲まれた郊外」「IT企業が集まる駅前」の中から、ご要望にあわせてオフィスをお選びいただくことができます。

(お試し勤務の日程次第ですが、3つのオフィスをそれぞれ体験いただき感想を頂きたいと考えています)

1.殿町古民家風オフィス「松江城下」

 殿町古民家オフィス所在地島根県松江市殿町201

 「国宝松江城」近くに建つ趣のある古民家風オフィスです。2階建てになっており、1階をオープンスペースに、

 2階を執務スペースにといった使い分けも可能です。

2.緑に囲まれた環境に建つ「ゆめっくす北陵」

 ゆめっくす北陵所在地島根県松江市北陵町52-2

 市街地や大学とも近く、緑に囲まれた環境に建つオフィスです。

 エンジニアの皆さんが仕事に集中でき、オフィス周辺ではランニングやサイクリングでリフレッシュもできる

 オン・オフの切り替えに最適な環境です。

3.通勤・食事にも便利!勉強会も間近で開催される駅前立地「テルサ別館」

 テルサ別館所在地松江市朝日町478-18松江テルサ別館2階

 JR松江駅隣接の好立地。社員の方の通勤や昼食・会食も環境もバッチリです。

 お試しオフィスの隣にはITエンジニアの交流拠点「松江オープンソースラボ」があり、

 市内外のITエンジニアや学生との交流が行われています。

なぜ松江市か?

松江市は2006年からプログラミング言語「Ruby」による地域振興・産業振興に取り組んできました。

プログラミング言語で地域振興

 プログラミング言語「Ruby」の開発者である「まつもとゆきひろ」氏が松江市在住であることをきっかけに

 2006年に取り組みが始まったプロジェクトで、「Ruby」を旗印に「人材育成」「企業支援」「企業誘致」に

 取り組んできました。2009年には、まつもと氏に名誉市民の称号が贈られています。

 ・プロジェクトスタート当時の思い・・・「日経ITpro」(外部サイト)(2006年11月)

 ・ITで地方創生・・・「東京IT新聞」(外部サイト)(2015年1月)

 

2016年度から市立中学校のRuby教材で授業スタート

プロジェクトを継続的なものにするために、地域をあげた人材育成に取り組んできました。

特に中学生については休日の小規模教室からスタートし、2016年度からは市内の全市立中学校の授業の教材に

「smalruby(スモウルビー)」(外部サイト)を採用し産学官一体となって地域を盛り上げています。

 ・プログラミング教育で地域創成「ベネッセ教育総合研究所【SHIFT(シフト)】」(外部サイト)(2015年10月)

 

 

IT企業進出・ITエンジニア移住が増加中!エンジニアの交流も盛んです

松江市を中心に島根県にはIT企業様のサテライトオフィス進出が続いており、進出数は延べ30社以上に

なりました。誘致に際しては、島根県と松江市がガッチリとタッグを組んでご支援しています。

島根県と松江市を合わせた支援メニューは全国トップクラスです(詳しくは下記サイトをご覧ください)。

 ・IT企業様向け誘致支援メニュー「しまねスタイル」(外部サイト)

支援メニューだけでなく、進出後のエンジニア同士の交流もしっかりと対応していますので、長く・継続した

拠点運営が可能です。

 ・島根編:就業も支援!コミュニティーも支援!呑み会も支援!「@IT」(外部サイト)(2016年10月)

 ・IT企業が続々と進出!島根県松江市を世界に誇れる「Rubyのメッカ」へ!「Fledge」(外部サイト)(2017年1月)

事業の対象となる企業様

主に想定しているのは三大都市圏(国土利用計画(全国計画)(平成27年8月14日閣議決定)に基づく埼玉県、千葉県、

東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部)に所在するIT企業様です。

(上記以外の所在地の企業様、また「IT企業」の定義も幅広く捉えていますのでご希望の企業様はまずはお問い合わせください!)

お試し勤務の費用について

PCさえお持ちいただければすぐにでも地方サテライトでお試し勤務!そんな環境をご用意してお待ちしています。

松江市が負担する費用・ご用意する内容
  • お試し勤務に参加される方の松江市への交通費(往復)
  • オフィス利用料
  • 光熱水道費、オフィスのインターネット利用料
  • オフィス家具類、Web会議用機器
  • 市内移動用車両(リース・レンタル)

 (上記について「お試し勤務」参加企業様の負担はありません)

参加企業様に負担・ご協力いただく内容
  • 「お試し勤務」期間中の社員様の宿泊費(ホテル、旅館、民宿料金等)
  • 「お試し勤務」終了後の松江市からのヒアリング・アンケート(総務省へのレポート、松江市の誘致戦略策定に活用します)

実施期間

  • 平成29年4月から9月(この期間の内、数日程度でお試し勤務)
  • 具体的な実施日程、日数は企業様ごとに個別に設定します(凡そ5日程度からの日数を想定しています)。

募集定員および1社あたりの参加定員

  • 募集定員5社
  • 1社あたりの参加定員3名から5名(3つのオフィスとも5名程度の利用を想定しています)

 (参加定員についてはご都合・ご要望に応じて可能な限り柔軟に対応します)

    「いきなりお試し勤務は難しいけど松江市に興味がある」という企業様は?

    まずは松江市を知っていただくことから全ては始まると思っています。

    そのため、「視察ツアー」や「開発合宿」という形での参加も募集する予定です。

    こちらは詳細が決まり次第にアナウンスします。

    お問い合わせ先

    担当者までお気軽にお問い合わせください。ご説明に伺います!

    • 松江市産業観光部定住企業立地推進課
    • 担当:福田、玉木
    • 電話:0852‐55‐5650
    • ファックス:0852-55-5920
    • Eメール:richi@city.matsue.lg.jp

    イベント開催・参加

    本事業PRのために参加・開催するイベント情報です。新着情報を随時更新します。

    【終了】2017年2月12日(日)「移住交流フェア」に参加しました。

    東京で開催される「移住交流フェア」に松江市お試しサテライトオフィス事業説明ブースを出展しました。

    お問い合わせ
    産業経済部  まつえ産業支援センター
    〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地テクノアークしまね内/電話:0852-60-7101/ファックス:0852-25-0300 /Eメール:misc@city.matsue.lg.jp
    お問い合わせ
    産業経済部  定住企業立地推進課
    電話:0852-55-5216(企業立地係)、0852‐55‐5215(定住雇用推進係)/ファックス:0852-55-5920(共通)
    松江市役所
    〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
    電話:0852-55-5555(代表)
    開庁時間:8時30分から17時15分
    • 庁舎位置図
    • 電話番号・メールアドレス一覧
    松江市携帯サイトQRコード
    松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。