1. 総合メニュー  >  
  2. 事業者向け情報  >  
  3. 入札・契約  >  
  4. 【工事】【測量等】優良建設工事等表彰制度  >  
  5. 令和元年度表彰  >  
  6. 表彰技術者インタビュー((株)内村電機工務店松江支店)

表彰技術者インタビュー((株)内村電機工務店松江支店)

松江市消防本部庁舎放射線防護対策(電気設備)工事

表彰工事の概要

部門名 電気設備工事部門

 

施工場所 学園南一丁目
工事概要 消防本部庁舎の陽圧化工事のうち電気設備工事一式
増築:約345m2、改修:約3640m2他
表彰理由 本工事は、消防本部庁舎の陽圧化工事のうち、電気設備を整備するもので、緊急出動が頻繁に行われる消防施設において、工期的かつ作業的制約がある中、適切な工程管理、安全管理に努め、施設関係者との適切な協議により施工しました。また、特殊な設備の設置工事でしたが、計画的な工程管理のもと関連工事業者との連携を図りスムーズに工事を完工することができました。全体として優良な工事でした。
表彰事業者 (株)内村電機工務店松江支店(内村電機工務店・一畑住設特別共同企業体)
表彰技術者 監理技術者岩田望見さん

 

表彰技術者インタビュー

※本インタビューでは、主任技術者兼現場代理人月川耕兵さん(写真二番目)にも同席いただき、お話を伺いました。

表彰工事について

担当者とのコミュニケーション

 受賞は大変名誉なことだと思います。消防本部とのコミュニケーション面については、技術者写真1担当者にきちんと対応してもらいました。たとえば、狭い場所に分電盤を取り付けるときには、事前に場所を空けてもらうことを了承してもらい、問題なく施工できたことはよかったです。また、作業時間と日程は打ち合わせ時に必ず連絡して、図面を使って説明していました。

 

 

 

 

技術者写真2

 

 

 

 

 

 

消防本部という特殊性

 苦労したことは、既設の壁に穴を開ける作業のときに、コンクリート壁現場写真1の中で配管位置が不明な部分もありましたが、消防本部という重要な施設に支障をきたすことのないように作業したところです。また、電源部分を増設する際には、停電を伴う切替作業が必ず発生しますので、トラブルがないようバックアップを準備したり、何かあった時のために応援を呼んだりしました。その他には、消防隊員が着替える場所で作業をすることもありましたので、緊急出動の際は作業を中止しました。

 また、工事に伴う音の問題もありました。壁に穴をあける音が大きく、119番通報の受電の妨げになりかねませんので、事前に作業の時間帯を連絡しました。現場外にはそこまで大きな音は届きませんが、周辺には音が響きやすい場所もあるようですので、気を付けて施工しました。現場写真2地域貢献として、建築業者や設備業者と一緒に登下校の子ども達の交通安全活動も行いました。

 

 

 

 

技術者としてのキャリアについて

地元地域を拠点に

 父と兄が建設業に携わっていて、その影響があったことと、自分がものをつくるのが好きだったということが建設業についたきっかけです。工作なども嫌いではなく、興味があって、仕事の手伝いをすることもありました。工業高校の電気科を出ましたので、電気については学校の頃から勉強していて、製造業よりは建設業に進みたいと思っていました。

 高校を卒業して、いきなり現場を担当することは難しいので、入社してまずは清掃から始めました。資格は高校で取得していましたが、実務とは違いがあるので、入社後に少しずつ現場の作業を教えてもらいました。

 それから作業責任者を3年くらい務めました。現場は県西部も含め色々行きましたが、ずっと松江支店勤務で、ほとんど異動はないです。大体の社員は住んでいる地域で働いていると思います。社員の生活への配慮や、その地域をよく知っている人が仕事をした方がいいという理由もあるのではないでしょうか。現在は工務係長として現場を担当しています。同じ役職は何人かいますが、一つの現場を任せられる立場ということです。現場では部下の主任などに指示を出せるような人でなければいけません。経験を重ねて、そういうことができるようになりました。工事は時期によりますが、今は民間工事が多い印象です。大規模な新築以外では、照明のLED化の需要などもあると思います。

設備工事の進め方

 当社は住宅、公共施設、プラント関係や外線工事(発電所・変電所から電柱までの部分に関する工事)など、色々なものを手掛けているので、覚えることは多いと思います。

 住宅工事などでは、たとえば、壁を施工してから穴を開ける作業をするなど、建築業者や電気業者の作業に合わせて設備工事を少しずつ進めていきます。そういう事情があるので、一日で複数の現場を掛け持ちすることもありますが、大きい現場であれば専任になります。それでも施工を少しずつ進めることは同じですね。工事の種類にもよりますが、作業のペースが他の業者の事情に左右されることもありますので、そこが設備業者として一番難しいところです。ただし中には、他の工事の竣工後に、最後に電気設備工事を施工する場合や、設備単独のプラント工事もあります。

バランスよい関係の構築

 仕事では独りよがりにならないように、コミュニケーションを取ることを心掛けています。他の人もいる中で、自分の都合ばかり言っても仕事はできませんので、バランス感覚をもって上手くやらなければいけません。そういうところも身についてきますね。

 建築や設備業者としっかり打ち合わせすることが必要ですね。ただ、その通りに進まないこともありますので、よく現場を見て把握しておかなければいけません。心掛けているのは、質の高いものや、できるだけ発注者の要望に沿ったものをつくって、喜んでもらうということですね。工事の規模が小さくなればなるほど、発注者と直接現場で話すことがあるので、反応がわかることもあります。言われることを全て実現するのは難しいですが、できる限りのことをしたいです。

個性を発揮できる仕事

 建設業界を目指す人へ伝えたいのは、建設業は楽な仕事ではないですが、自分の個性が活かせるということです。他の業界では、任された工程の中で決まったものを作っていくイメージのところもありますが、建設業は自分で最初から最後までやっていくので、個性が発揮できると思いますね。それに責任もついて回るのが、面白みでもあり大変なところでもあります。

 私は初心を忘れず、これからも日々勉強だという気持ちで仕事に取り組みたいですね。若いうちは何でも受け入れて学ぶ気持ちがあっても、年数とともに素直に聞けなくなることもあるので、いつまでもそうならないようにありたいです。そうでないと、なかなか成長しないと思います。また、仕事以外でも年代によって知っていることは違うので、そういうこともできるだけ素直に学びたいです。

 

会社について

真面目な風土

 松江支店の雰囲気としては、仕事に対し真面目な人が多いですね。社員数は松江支店が20人程度で、社屋写真会社全体で140人程度です。松江支店は、ここ数年は新入社員が毎年配属されるので、若手社員もそれなりにいます。また、他社も同じだと思いますが、60代の社員も第一線で活躍しています。電気工事は知識や経験が必要ですので、若手社員が入社してから現場を任されるようになるまで時間が掛かりますし、現場作業と施工管理も仕事内容が違います。本店は出雲で、拠点は大田、浜田や益田などにあり、従業員は出雲より西が多いです。

 当社は鉄塔工事を行っていることが特徴的です。施工の難易度が高いので、鉄塔工事を手掛けている会社はほとんどないと思います。特殊作業ですので、専門の部署があって、携わる人は最初からそこに配属されるようです。私たちはそういう作業はできませんので、現場に行くことはないですが、鉄塔の高さまで上るだけでも大変だと思います。

休暇取得の推進

 当社は有給休暇の取得に取り組んでいます。日曜出勤があればその週に休むなど、表彰式写真昔に比べて代休も取るようになりました。また、今は土曜の休日が月に2、3回と結構多く、そこで出勤したら平日に代休を取ることもあります。自分が入社してからは、現在のような状況が整っています。

 

 

 

※本インタビューの内容は取材当時のものです。

お問い合わせ
財政部  契約検査課
電話:0852-55-5403(工事・測量等)、5404(物品)/ファックス:0852-55-5570/メールアドレス:keiyaku@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。