1. 総合メニュー  >  
  2. 事業者向け情報  >  
  3. 入札・契約  >  
  4. 【工事】【測量等】優良建設工事等表彰制度  >  
  5. 令和元年度表彰  >  
  6. 表彰技術者インタビュー(一畑住設(株))

表彰技術者インタビュー(一畑住設(株))

松江市消防本部庁舎放射線防護対策(電気設備)工事

表彰工事の概要

部門名 電気設備工事部門

 

施工場所 学園南一丁目
工事概要 消防本部庁舎の陽圧化工事のうち電気設備工事一式
増築:約345m2、改修:約3640m2他
表彰理由 本工事は、消防本部庁舎の陽圧化工事のうち、電気設備を整備するもので、緊急出動が頻繁に行われる消防施設において、工期的かつ作業的制約がある中、適切な工程管理、安全管理に努め、施設関係者との適切な協議により施工しました。また、特殊な設備の設置工事でしたが、計画的な工程管理のもと関連工事業者との連携を図りスムーズに工事を完工することができました。全体として優良な工事でした。
表彰事業者 一畑住設(株)(内村電機工務店・一畑住設特別共同企業体)
表彰技術者 主任技術者川瀬幸夫さん

 

表彰技術者インタビュー

表彰工事について

入念なバックアップと連携

 受賞したことは素直にうれしいです。消防本部は24時間運用していて、技術者写真出動があれば工事を止めなければならないので、気をつけて作業しました。また、工程については消防本部へ連絡して連携を取っていましたが、工程通りにいかないこともありますので、苦労しました。

 一番大変だったのは、高圧受電設備を新設して電気を切り替えるときでした。運用は24時間ですので、工事によって停電してはいけません。まず仮設の電気を用意して、それが切れても大丈夫なように仮設発電機を用意したうえに、さらに非常用電源装置が起動しなかった場合に備えて協力業者の応援を要請し、消防職員も増員してもらいました。119番通報が入ることを考えると、間違っても電気を止めることができませんので、二重三重のバックアップが必要でした。朝から晩まで人を配置していましたので、終わったときには気持ちがホッとしました。

業者間の協力の大切さ

 実施工程も大切ですが、建物は建築業者以外にも電気・衛生・機械と異業種がつくり上げていくものですので、現場写真1協力し合うことがいいものをつくる前提だと思います。特定の業者に負担が偏って、他の業者の仕事に支障をきたさないように、普段からコミュニケーションを取ることを心掛けていますし、工程管理は互いに意見を言いながら進めてきました。信頼関係が大事ですね。

 また、現場近くの道路は学生がよく通行しますので、地域貢献として月に1回交通安全の立ち番をしました。施工中は消防職員にも協力をいただきました。

 

 

現場写真2

 

 

 

 

 

 

技術者としてのキャリアについて

安全第一で地元地域に貢献

 電気工事に興味があり、前の仕事とも関係があったため、30年くらい前に当社に入りました。自分で仕事を覚えて、一つのものをつくるということに対して興味や関心がないと何事も長続きしませんね。多少嫌なことや苦労があっても、ものづくりへの意欲や関心があれば、やりきったというやりがいがあります。

 これまでは現場作業から始まって、職長を務めた後、現場代理人などを経験しました。松江市の工事では東出雲保健相談センターや松江堀川地ビール館に携わりました。公共工事は島根県立博物館(当時)がスタートで、松江南高校、ソフトビジネスパーク島根、島根県立水泳プールなど、島根県発注が多いです。最近は島根県民会館の耐震改修、出雲市立平田小学校の体育館を施工しました。浜田市でも工事に携わりましたが、出雲圏域が多いですね。

 仕事ではまず安全第一を心掛けています。それと業種間の融和・調整、そして最終的には工程管理の確認が大事です。事故が起これば何もなりませんから。無事に現場が終わって、竣工したときは嬉しいですね。「ああできた、やった」という気持ちです。できたものを発注者に常に使ってもらえればありがたいです。竣工後、上手く機能しているかどうか確かめるために、現場を見に行くこともあります。大変だった現場は、大変な思いがよみがえってきますが(笑)。

失敗を恐れず挑戦

 仕事では最初は苦労しますが、できたときのやりがい・達成感がありますね。たとえば個人住宅では、電気工事は建築工事の最初から最後までずっと関わり続けます。照明の工事が完了すると、住宅らしくなって、「できたな」と感じますね。一つのものを仕上げる過程で達成感があるから、次も続けられると思います。

 昔は見て覚える、叱られてナンボでしたが、今は部下を褒めて伸ばし、マニュアルをつくるようにしています。失敗もありますが、若い人が失敗を恐れていてはいけないと思います。安全に関すること以外では、部下が工事の途中の段階で失敗しても、まだ完成ではないので過剰には気に留めません。結線や、金属管の曲げ作業などに、若い人にはどんどん挑戦してほしいです。そうしないと成長しませんし、楽しさも感じられませんから。「失敗してもいい」という気持ちがあると、多少は気が楽になって、何回も挑戦できます。他人の仕事ぶりに興味を持ったり、見て覚えたりすることもいいと思います。仕事以外でも、チャレンジすることは大切ですね。我々の世代でもそういう機会はあるかもしれません。

 これから建設業界を目指す人に伝えたいことは、ものができたときの達成感に尽きると思います。工程上、他業者との調整によって決まった日に休みを取ることが難しく、大変なこともありますが、休日取得に関しては改革が進んできていると思います。たとえば日曜に出勤すれば、その週内で代休を取れるように心掛けています。

技術の伝承

 これからは若い人に仕事を教えて、技術を伝承することが役目だと思います。ただし、あまり頼られすぎてもよくないので、「自分で考えて、わからなければ聞きなさい」というふうに突き放すことも大切だと思います。そうしないといつまでもベテランが戦力であり続けてしまい、辞めるに辞められなくなって会社が成り立たなくなります。若い人が「吸収できることはしておこう」という気持ちに本気でなることが大切だと思います。

 立場上、積算や調整業務が多いので、直接指導する機会は少ないですが、時間を見つけて、若手社員がどういう作業をしているのか見ることを心掛けようと思っています。問題があったら現場に行くようにしていますが、なくても時々行くようにしなければと思います。若手社員には悩みや人に言えないこともあるかもしれませんので、それが意思疎通にもつながります。ただし、年齢差があるので、20歳の社員なら20~30代の人の方が話を聞きやすいかなと思いますが。若い年代だと自分が入った時の経験が新鮮だと思いますので、注意点や心構えなど、入社時の経験が役に立ちますからね。相談にも乗りやすいですし。

 昔は叱られても「若い人はそのうち育つ」という心のゆとりがあってよかったように思いますが、今の時代は生産性や即時性を期待されることが多くなり、何でもすぐデータで表されるので、ちょっと大変ですかね。私にとって若い人は子どもみたいなものですので、父親のように長い目で見るようにしていますが。ただし、間違っていることは間違っていると言わないといけないですし、褒めるところは褒めないといけません。安全面だけは、何かあっては済まされないので、正直に厳しく指導しますね。自分や家族にとっても大切なことですし、怪我をするリスクもあり、元請業者にも迷惑が掛かりますから。

 

会社について

幅広い事業展開

 当社は色々な事業を行っていまして、電車の保守管理(電気関係)・管工事・住宅設備工事(流し・ユニットバスな社屋写真ど)も手掛けています。LEDの改修や電気工事もありますね。新築は住宅が伸びています。公共工事と民間工事の割合は6:4くらいです。仕事の担当は分業制で、平田や隠岐にも営業所がありますし、本人の適性によって別の部署に行くこともできます。たとえば、電気工事事業部から建材事業部に異動することもあります。今後は、電気信号や電話関係の事業部を含めた展開があります。建築工事以外の部門は当社にほとんど揃っています。

 

社内の多様性

 何でも話せる職場だと思います。部門によって業態が異なるので、考え方が違う人がいて、表彰式写真多様な意見が出るのが楽しいですね。新鮮味もありますし、こういうことを考えているのだという気づきがあります。違う立場の人と話すと、色んなものが見えてくるので、異業種交流もいいと聞きます。

 

 

 

※本インタビューの内容は取材当時のものです。

お問い合わせ
財政部  契約検査課
電話:0852-55-5403(工事・測量等)、5404(物品)/ファックス:0852-55-5570/メールアドレス:keiyaku@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。