1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 税金・保険・年金  >  
  4. 税金  >  
  5. 個人住民税  >  
  6. 個人住民税の寄附金税額控除

個人住民税の寄附金税額控除

控除の対象となる寄附金は?

  1. 都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)

ふるさと納税の対象となっている都道府県・市区町村については、 「総務省ホームページ内ふるさと納税ポータルサイト:外部サイト」 をご覧ください。

  1. 島根県共同募金会、日赤島根県支部に対する寄附金
  2. 所得税で寄附金控除の対象となっている国立大学法人、独立行政法人、社会福祉法人、学校法人、更生保護法人等のうち、松江市・島根県が指定した寄附金

(注意)市民税は市が指定した寄附金、県民税は県が指定した寄附金が対象ですので、県と市で対象が異なる場合があります。

「個人県民税の税額控除の対象となる寄附金受領届出書の提出法人(平成31年1月31日現在、157法人)」(PDF:259KB)外部サイト(島根県ホームページ)へリンクします。

手続きの方法

 寄附金控除を受けるためには、寄附を行った人が、寄附の相手先が発行する領収書または証明書を添付して所得税の確定申告または住民税(市民税・県民税)の申告を行っていただく必要があります。

 住民税の申告をする場合は、次の申告書を使用することもできます。(寄附金税額控除申告書(Excel:47KB)寄附金税額控除申告書(PDF:78KB))

 なお、所得税の確定申告を行う人は住民税(市民税・県民税)の申告は不要です。

計算式と例

個人住民税の寄附金控除額の計算式

  1. 基本控除

(寄附金額−2千円)×10%【県4%・市6%】

  1. 特例控除
  • 指定団体である地方公共団体への寄附金(いわゆる「ふるさと納税制度」)の場合、さらに次の式で求めた金額を加算します。

平成27年度以降…(寄附金額−2千円)×(90%−所得税の限界税率×1.021

(注意)限界税率とは、寄附をされた人に適用される最も高い税率で、課税所得金額に応じて5%、10%、20%、23%、33%、40%、45%となります。

 

モデルケース(地方公共団体に寄附した場合)

例:給与収入7,000,000円、夫婦子ども2人(所得税の税率は10%、住民税の所得割額は293,500円とする)

【50,000円を寄付した場合】 

  1. 基本控除額

(50,000-2,000)×10%=4,800円

2.特例控除額

(50,000-2,000)×(90%-10%×1.021)=38,300<58,700(上限:住民税所得割額の20%)

 より、38,300円が特例控除額になります。

1と2から、4,800+38,300=43,100円が住民税の税額控除になります。

 

【100,000円を寄附した場合】 

  1. 基本控除額

 (100,000-2,000)×10%=9,800円

2.特例控除額

 (100,000-2,000)×(90%-10%×1.021)=78,195>58,700(上限:住民税所得割額の20%)

住民税所得割額の上限を超えるので、58,700円が特例控除額になります。

1と2から、9,800+58,700=68,500円が住民税の税額控除になります。

松江市の条例指定寄附を申請する法人の方へ

申請等に使用する様式をダウンロードできます。

お問い合わせ
財政部  市民税課    
電話:0852-55-5151(市民税第一・第二係)、0852‐55‐5154(諸税係)/ファックス:0852-55-5545/メールアドレス:shiminzei@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。