1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 税金・保険・年金  >  
  4. 税金  >  
  5. 軽自動車税

軽自動車税

軽自動車税(種別割)

軽自動車税(種別割)は、毎年4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型の自動車(これらを「軽自動車等」といいます)を所有している人に対してかかる税金です。なお、所有権保留付きで割賦販売された場合は、買い主を所有者として、買い主に課税されます。

税率

原動機付自転車、小型特殊自動車、軽二輪、二輪の小型自動車

原動機付自転車
  • 総排気量が50cc以下のもの(ミニカーを除く)…税率2,000円
  • 総排気量が50ccを超え90cc以下のもの…税率2,000円
  • 総排気量が90ccを超え125cc以下のもの…税率2,400円
  • ミニカー…税率3,700円
軽二輪
  • 二輪で総排気量が125ccを超え250cc以下のもの…税率3,600円
雪上車
  • 雪上車…税率3,600円
小型特殊自動車
  • 農耕作業用(コンバイン、トラクター、田植機などで乗用装置のあるもの)…税率2,400円
  • その他作業用(フォークリフト等)…税率5,900円
二輪の小型自動車
  • 総排気量が250ccを超えるもの…税率6,000円

三輪及び四輪以上の軽自動車

・納税通知書は車検証の『使用の本拠の位置』に記載してある市区町村から届きます。

・税率(年税額)については最初の新規検査年月で判定します。車検証の『初度検査年月』をご確認ください。

・最初の新規検査から13年を経過した三輪及び四輪以上の軽自動車は、軽自動車税(種別割)が増額になります。

 (動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車は対象外です)

車検証見本(PDF:98KB)

重課税率一覧表(PDF:88KB)

 

三輪で総排気量が660cc以下のもの
  • 平成19年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額4,600円
  • 平成19年4月1日から平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額3,700円
  • 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両…税額3,900円
四輪以上のもの(総排気量が660cc以下のもの)
貨物営業用
  • 平成20年3月31までに最初の新規検査を受けた車両…税額4,500円
  • 平成20年4月1日から平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額3,600円
  • 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両…税額3,800円
貨物自家用
  • 平成20年3月31日までに最初の新規検査を受車両…税額6,000円
  • 平成20年4月1日から平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額4,800円
  • 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両…税額5,000円
乗用営業用
  • 平成20年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額8,200円
  • 平成20年4月1日から平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額6,600円
  • 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両…税額6,900円
乗用自家用
  • 平成20年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額12,900円
  • 平成20年4月1日から平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両…税額8,600円
  • 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両…税額10,800円

グリーン化特例による税率の軽減について

適用期間中に最初の新規検査を受けた三輪及び四輪以上の軽自動車(新車に限る)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものを取得する場合に限り、当該取得をした日の属する年度の翌年度分の軽自動車税(種別割)の税率を軽減します。

  • 令和3年度分の軽自動車税(種別割)については、令和2年4月1日から令和3年3月31日までが適用期間です。
軽課税率一覧

 

車種区分 (ア)新税率の概ね75%軽減 (イ)新税率の概ね50%軽減 (ウ)新税率の概ね25%軽減

軽課税率一覧

三輪(660cc以下)

1,000円

2,000円

3,000円

四輪以上貨物営業用(660cc以下)

1,000円

1,900円

2,900円

四輪以上貨物自家用(660cc以下)

1,300円

2,500円

3,800円

四輪以上乗用営業車(660cc以下)

1,800円

3,500円

5,200円

四輪以上乗用自家用(660cc以下)

2,700円

5,400円

8,100円

 

グリーン化特例(軽課)の適用となる基準
(ア)概ね75%軽減
  • 電気自動車
  • 天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制に適合するもの。または平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの)
(イ)概ね50%軽減
  • 平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50%以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車(1)
  • 平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車(2)

【乗用】

上記の(1)または(2)を満たし、かつ、令和2年度燃費基準値より30%以上燃費性能のいいもの

【貨物】

上記の(1)または(2)を満たし、かつ、平成27年度燃費基準値より35%以上燃費性能のいいもの

(ウ)概ね25%軽減
  • 平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50%以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車(1)
  • 平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車(2)

【乗用】

上記の(1)または(2)を満たし、かつ、令和2年度燃費基準値より10%以上燃費性能のいいもの

【貨物】

上記の(1)または(2)を満たし、かつ、平成27年度燃費基準値より15%以上燃費性能のいいもの

※平成32年度達成基準は、令和2年度達成基準と同様の扱いとなります。

申告

軽自動車等を所有しているかどうかは、すべて所有している人の申告にもとづいて判断します。

軽自動車を取得した場合、名義変更する場合、又は廃車する場合は、次の場所で申告してください。

原動機付自転車(125cc以下のバイク)、小型特殊自動車

  • 松江市役所市民税課
    • 住所:松江市末次町86番地
    • 電話:0852-55-5154
  • 又は、各支所市民生活課

軽三輪・軽四輪

  • 島根県軽自動車協会
    • 住所:松江市馬潟町68番地11
    • 電話:0852-37-0046

軽二輪(125cc超250cc以下)、二輪の小型自動車(250cc超)

  • 中国運輸局島根運輸支局
    • 住所:松江市馬潟町43番地3
    • 電話:050-5540-2071(登録部門)

原動機付自転車・小型特殊自動車の登録・名義変更・廃車手続について

各種申請様式のダウンロードが利用できます。

新規登録(ナンバープレートがついていないもの)

申告に必要なもの

  • 印鑑
  • 販売証明書、譲渡証明書又は廃車証明書のいずれか一点
  • 農耕作業用車以外の小型特殊自動車の登録の際は、高さ・長さ・幅・最高速度のわかる書類(カタログの写し等)

住所変更(市外から転入した場合)

申告に必要なもの

  • 所有者の印鑑
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書

名義変更(ナンバープレートがついているもの)

申告に必要なもの

  • 旧所有者の印鑑
  • 新所有者の印鑑
  • ナンバープレート(旧町村又は市外のナンバープレートが付いている場合のみ)

旧町村とは:鹿島町、島根町、美保関町、東出雲町、八雲村、玉湯町、宍道町、八束町

廃車

申告に必要なもの

  • ナンバープレート
  • 所有者の印鑑
松江市に住民票がない方へ

松江市に住民票がない方は、申告の際に下記の書類も必要です。

  • 居住地のわかるもの(アパートの賃貸契約書の写し、公共料金の領収書の写し等)
  • 運転免許証の写し
  • 学生証の写し(学生のみ)

軽二輪・軽三輪・軽四輪・二輪の小型自動車の手続きについては、それぞれ上記の申告場所に直接お問い合わせください。

軽自動車税(種別割)の減免について

「障がいのある方がお使いの軽自動車」や、「戦傷病者手帳の交付を受けている方がお使いの軽自動車」、「身体障がい者等の利用に専ら供するため車椅子の昇降装置・固定装置又は浴槽を装着する等の特別の仕様に製造された軽自動車」、又は「生活保護法による生活扶助を受けている場合」や「公益のため直接専用する場合」等の軽自動車税について、申請によって減免になる場合があります。

減免の対象・申請手続きについて

原付バイクオリジナルナンバープレート交付・交換について

オリジナルナンバーの紹介、申請手続きについて

軽自動車税(環境性能割)

税制改正により、令和元年10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、自動車税及び軽自動車税において、「環境性能割」が創設されました。環境負荷の小さい自動車の普及を促進することを目的としています。

対象

3輪・4輪以上の軽自動車で取得価格が50万円を超える車両(新車・中古車を問いません)

手続

これまでの自動車取得税と同様、軽自動車の取得時に申告・納付してください。

なお、軽自動車税(環境性能割)は市町村税となりますが、当分の間は県が賦課徴収等を行います。

税率

軽自動車の取得に対して課税されるものです。

詳しくは島根県のホームページをご覧ください。

島根県(外部サイト)

 

お問い合わせ先

財政部市民税課諸税係(本館2階22番窓口)

電話:0852-55-5154/ファックス:0852-55-5545

メール:shiminzei@city.matsue.lg.jp

お問い合わせ
財政部  市民税課    
電話:0852-55-5151(市民税第一・第二係)、0852‐55‐5154(諸税係)/ファックス:0852-55-5545/メールアドレス:shiminzei@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。