1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 税金・保険・年金  >  
  4. 国民年金  >  
  5. 国民年金について

国民年金について

国民年金のしくみ

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入します。つまり、厚生年金や共済組合などの加入者も、国民年金に加入していることになります。
国民年金は、公的年金制度の基礎部分で、基礎年金を支給する制度です。厚生年金や共済組合などの加入者には、基礎年金に上乗せした年金が支給されます。

被保険者の種類

  • 第1号被保険者
    • 自営業者、農林漁業従事者、学生、無職の人などで、20歳以上60歳未満の人(厚生年金、共済組合加入者とその人に扶養されている配偶者を除く)
  • 第2号被保険者
    • 厚生年金、共済組合加入者
  • 第3号被保険者
    • 第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人

任意加入被保険者

次の人は、希望すれば、第1号被保険者と同様に申し出の日から加入することができます。

  • 日本国内に住む60歳以上65歳未満の人
  • 海外に住む20歳以上65歳未満の日本国籍を有する人
  • 老齢年金を受給している20歳以上60歳未満の人
  • 昭和40年4月1日以前に生まれた人で、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の人

国民年金の届出

市役所(本庁または支所)では、第1号被保険者に関する届出を受け付けています。

届出には、年金手帳をお持ちください。(初めて年金制度に加入される人は除きます。)

なお、第3号被保険者、厚生年金等に関しては、勤務先へお問い合わせください。

20歳になったとき

自営業者、学生、無職の人など、第1号被保険者に該当する人は、20歳になったら加入の届け出をしてください。

退職または扶養から外れたとき

  • 退職したとき
    • 60歳になる前に退職したときは、第1号被保険者の届出をしてください。
    • 扶養している配偶者がいる場合は、あわせて届出をしてください。
    • 届出に必要なものは、退職日を証明する書類と印鑑です。
  • サラリーマンの夫(妻)の扶養から外れたとき
    • 20歳以上60歳未満の方は、第1号被保険者の届出をしてください。
    • 手続きに必要なものは、扶養から外れた日を証明する書類と印鑑です。

(注意)扶養から外れたときとは、所得が増えたとき、離婚されたとき、扶養者が65歳に到達したときなどの場合です。

任意加入に関する届出

  • 任意加入するとき
    • 届出に必要なものは、預貯金通帳、預貯金通帳届出印です。
    • また、本人または配偶者が年金を受給している場合は、年金証書が必要です。
  • 任意加入をやめるとき
    • 届出に必要なものは、印鑑です。

国民年金保険料のお支払いが難しいとき

  • 免除、若年者納付猶予制度を申請するとき
    • 届出に必要なものは、印鑑です。

(注意)失業を理由に免除申請をされる場合は、雇用保険受給資格者証または雇用保険被保険者離職票などが必要です。

  • 学生納付特例制度を申請するとき
    • 届出に必要なものは学生証と印鑑です。

(注意)年度ごと(4月)に申請が必要です。

お問い合わせ
市民部  保険年金課
電話:0852-55-5265(給付管理係)、 0852-55-5263(国保・年金係) 、0852-55-5267(収納係)、 0852-55-5325(高齢者医療係)/ファックス:0852-55-5559
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。