1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 税金・保険・年金  >  
  4. 国民健康保険  >  
  5. 国民健康保険で受けられる給付  >  
  6. 出産育児一時金

出産育児一時金

加入者が妊娠4か月(12週)以降で出産したとき(死産・流産を含む)、申請により、出産育児一時金が支給されます。

ただし、会社等を辞めてから6か月以内の出産の場合、前の保険から支給される場合もあります。

  • 産科医療補償制度に加入している医療機関での在胎週数22週以降の出産(死産・流産含む)の場合:420,000円
  • 上記以外の出産の場合

 ◎平成27年1月以降の出産:404,000円

(注釈)産科医療補償制度とは、分娩に関連して発症した重度脳性まひのお子さまとご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、原因分析を行い、再発防止に資する情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的として、公益財団法人日本医療機能評価機構が運営している制度です。

出産育児一時金直接払制度

出産育児一時金(上限42万円)を、市が医療機関に直接支払う制度です。

手続きは、出産する医療機関等で、出産のために入院する際に手続きを行います。

実際にかかった出産費用が一時金より低い場合は、出産後、その差額を申請することができます。

出産育児一時金の申請

直接支払制度を利用されない場合の出産育児一時金及び出産費用が上限に達しなかった場合の差額は、保険年金課給付管理係(7番窓口)または各支所市民生活課で、申請してください。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 母子手帳
  • 印鑑
  • 振込先口座
  • 請求者(世帯主)及び受診者本人のマイナンバーカードまたは通知カード
  • 請求者(世帯主)の本人確認書類(運転免許証など)
  • 医療機関等の請求書または領収書
  • 直接支払制度を利用しない(または利用した)旨の同意書
  • 死産証明書又は死胎埋火葬許可証等の写し(妊娠12週以降の死産・流産の場合のみ)
お問い合わせ
市民部  保険年金課
電話:0852-55-5265(給付管理係)、 0852-55-5263(国保・年金係) 、0852-55-5267(収納係)、 0852-55-5325(高齢者医療係)/ファックス:0852-55-5559/メールアドレス:hoken-nenkin@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。