1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. ごみ・環境・衛生  >  
  4. 浄化槽の適正管理  >  
  5. 浄化槽の維持管理

浄化槽の維持管理

(2021年11月29日更新)

浄化槽の使用上の注意

浄化槽を正しく使うために、日頃から次のことに注意してください。

  • 排気口及び送気口はふさがないでください。また、雑草や落ち葉でふさがれていないか見るようにしてください。
  • 便器を清掃するときは、強い洗剤等を使わないでください。浄化作用を行っている微生物が死んでしまいます。
  • 洗剤以外の薬品類(殺虫剤、消毒薬)は使わないでください。これも微生物が死んでしまうためです。
  • ばっ気方式浄化槽は、機械の運転を絶対に止めないでください。

また、浄化槽の使用者に対して、浄化槽法によって次の3つのことが義務付けられています。

  1. 清掃
  2. 保守点検
  3. 法定検査

浄化槽の清掃について

清掃は、市の許可を得た浄化槽清掃業者により行います。契約された浄化槽清掃業者に依頼ください。

  • 所定量の汚泥の引出し
  • 装置、付属機器類等の洗浄、清掃
  • 管きょ等の洗浄、清掃
  • 清掃後の適正な張り水など

浄化槽の保守点検について

機器類が故障したり、専用の消毒剤がない状態で浄化槽を使用すると、汚れた水や大腸菌が河川に流れ出したり、悪臭が発生します。このため、浄化槽には保守点検が必要です。

保守点検は、市に登録された浄化槽保守点検業者により行います。

  • 浄化槽各装置の機能状況
  • 管きょの閉塞防止
  • 散気装置目詰まり防止、調整
  • 放流水の消毒の調整など

浄化槽保守点検業者の登録申請については、こちらのページをご覧ください。

法定検査について

法定検査は、浄化槽が正常に機能しているか総合的に判断するための検査です。日頃の保守点検や清掃の状況、処理された水の水質を検査します。

設置後の水質検査(浄化槽法第7条)

適正な設置工事が行われ、本来の機能を発揮し、水質に問題がないかを確認する検査です。

浄化槽使用開始後3か月経過後から5か月以内に1回の検査です。

定期検査(浄化槽法第11条)

保守点検・清掃が適正に実施され、機能が正常に維持され、水質に問題はないかを確認する検査です。

毎年1回の受検が必要です。

検査実施機関

島根県知事が指定した検査機関である、公益財団法人島根県浄化槽普及管理センターが検査を実施します。

法定検査のご案内が公益財団法人島根県浄化槽普及管理センターからありますので、お申込みをお願いします。

各種届出・報告様式

リンク

お問い合わせ
環境エネルギー部  環境対策課
〒690-0826 松江市学園南一丁目20番43号 / 電話:0852-55-5679(廃棄物対策係)、0852-55-5671(廃棄物規制係)、0852-55-5274(生活環境係)/ファックス:0852-55-5497(共通)/メールアドレス:haikibutsu@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。