1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 文化・スポーツ  >  
  4. 生涯学習・公民館  >  
  5. 松江市立天文台天文教室

松江市立天文台天文教室

市役所屋上にある天文台は、市庁舎が建設された昭和37年(1962年)に設立されました。一般に公開されている公共天文台としては、日本で最も古い天文台のひとつです。

夏休みの天文教室のお知らせ

夏休みの天文教室は7月26日(水)27(木)です。

(とき)午後8時から9時(受付は午後7時30分〜8時30分まで)

(ところ)松江市天文台(市役所屋上)

(参加料)無料

(事前申込み)不要

(ご注意)悪天候の場合は中止します。

(主な観察対象)月・木星・土星、いて座の球状星団M22、さそり座の二重星β

 
 

 

今月の星空メモ

 今年は7月19日に中国地方の梅雨明けが発表になりました。梅雨が明けてしばらくの期間は天候が安定し、晴れる日が続きます。これを梅雨明け十日と呼び、きれいな星空を見ることができます。
西の空にひときわ明るく輝く星は「木星」です。天体望遠鏡で見ると表面の縞模様やガリレオの発見した4つの衛星を見ることができます。
南の空に明るい星が2つ見えます。「土星」とさそり座の「アンタレス」です。今年の土星は輪の傾きが大きく、とても見やすくなっています。
東の空には「夏の大三角」が昇ってきました。こと座の「ベガ」=おりひめ星、わし座の「アルタイル」=ひこ星、はくちょう座の「デネブ」の3つの星をさがしましょう。
今月は「いて座の球状星団M22、さそり座の二重星β」を観察します。球状星団M22は日本から見える球状星団の中で最も大きな球状星団の一つです。たくさんの星が集まった様子を観察することができます。二重星は2つの星の微妙な色の違いをお楽しみください。
さて、夏はたくさんの流れ星を見ることができます。特に、お盆の頃に流れる「ペルセウス座流星群」は必見です。8月12日(土)の夜に晴れたら、ぜひ広い場所で寝転がって星空を眺めてみてください。

★次回の天文教室は、8月29日(火)30日(水)を予定しています。

 松江星の会

 「松江星の会」(外部サイト)ホームページでも紹介しています。

お問い合わせ
教育委員会  生涯学習課
電話:0852-55-5288/ファックス:0852-55-5543
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。