1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 文化・スポーツ  >  
  4. 松江歴史館  >  
  5. 松平治郷(不昧公)研究会

松平治郷(不昧公)研究会について

 江戸時代中期の松江藩の藩政改革について調査・研究を進め、史実に基づき治郷(不昧公)の事績を再検証するとともに、藩主治郷(不昧公)が持つ高い文化性が松江藩政を進めるうえで果たした役割を追求していきます。

松平治郷(不昧公)の藩政及び財政改革の調査・研究について

現状

松江藩の藩政改革については、これまでもいくつかの論考がなされています。しかしながら、藩政改革における松平治郷(不昧公)の役割等についてはこれまで十分な調査研究がなされていませんでした。

江戸時代中期の松江藩主である治郷(不昧公)は、藩政の象徴(シンボル)的な存在として藩政改革を成功に導きますが、具体的な施策にどのように関わっていたかについては研究途上ともいえます。

松平不昧公200年祭を契機に、史実に基づき、松江藩の藩政改革と、新しい治郷(不昧公)像について検証していく必要があります。

調査・研究内容

江戸時代中期の松江藩の藩政改革について調査・研究を進め、史実に基づき治郷(不昧公)の事績を再検証するとともに、藩主治郷(不昧公)が持つ高い文化性が松江藩政を進めるうえで果たした役割を追求します。

既に公開されている書籍や文献資料を整理するとともに、史料調査を可能な範囲で行い、その成果を「書簡集」や「史料集」としてまとめることで、今後の治郷(不昧公)研究の基盤を整えます。

調査・研究体制

委員名簿(PDF:252KB

「松平治郷(不昧公)研究会」

  • 松江市史に携わる近世史の専門家や、藩政改革等で著名な研究者
  • 松江歴史館専門職員
  • 史料編纂課専門職員

事務局:歴史まちづくり部(史料編纂課、松江歴史館)

これまでの活動について

第1回松平治郷(不昧公)研究会

詳細はこちら

担当課

歴史まちづくり部史料編纂課(電話:0852-55-5388/ファックス:0852-55-5495)

歴史まちづくり部松江歴史館(電話:0852-55-5511/ファックス:0852-32-1611)

お問い合わせ
歴史まちづくり部  松江歴史館
電話:0852-32-1607/ファックス:0852-32-1611 /メールアドレス:rekishi@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。