1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 文化・スポーツ  >  
  4. 文化財  >  
  5. 資料館  >  
  6. 出雲玉作資料館  >  
  7. 出雲玉作資料館

出雲玉作資料館

令和2年度秋季企画展『布志名焼の図案と絵付けの黄釉』

〜明治から大正期の華やかな世界〜

2020年10月20日(火)〜11月23日(月)

きかくてんちらし

 江戸時代から操業している布志名焼の特徴のひとつに華麗な絵付けがあり、優美な黄釉をさらに際立たせています。とくに明治から大正期には海外に輸出されるほど好評で、各窯元では多くの絵付師を抱えていました。

 今回は玉作資料館が収蔵している得能興洲の下絵と掛け軸、絵付けのある黄釉の布志名焼などを展示します。下絵の緻密さと華やかな布志名焼をお楽しみください。

所在地:〒699−0201島根県松江市玉湯町玉造99-3

電話番号:0852ー62-1040

ご来館に際してのお願い(感染症対策について)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来館の皆さまへ、以下の取り組みへのご理解・ご協力をお願いいたします。

○検温の実施にご協力ください。発熱や、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方や、新型コロナウイルス感染者又は感染の可能性がある方が身近にいらっしゃる方は、入館をお控えください。
○施設内ではマスクの着用をお願いします。
○入・退館時の手指消毒をお願いします。
○万が一の感染発生に備え、入館時に代表者の氏名・連絡先を伺います。なお、名簿は厳重に管理し、3週間経過後に廃棄します。
○他のお客様との距離を1m以上あけてご観覧ください。混雑時は、入館制限をする場合があります。
○展示品や展示ケースには手を触れないでください。

○新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力ください。

 

出雲玉作資料館のご案内

  1. 利用案内

資料館の外観

  • 開館時間

午前9時〜午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)

  • 休館日

毎週月曜日、祝日の翌日、12月28日から1月4日

  • 入館料

個人300円

団体(10名以上)250円

高校生以下は無料です。

  • 交通案内

JR山陰線玉造温泉駅下車バス10分

姫神広場下車徒歩10分

  1. 常設展案内

1階展示室

  • 古代出雲の玉作り(1階展示室)

玉湯町には、玉材を産する花仙山があり、弥生時代から平安時代まで勾玉などを作りつづけ、全国各地に送り出した。古代には、日本一の玉の生産地であった。玉作り遺跡から出土した玉の未成品や砥石などの工具を展示。

2階展示室

  • 出雲めのう細工(2階展示室)

めのう細工は、古代と同じ材料を使い、若狭の技術を習得した職人によって江戸時代末期に始まった。出雲の代表的伝統工芸である。昭和初期の道具や作品を展示。

  • 布志名焼(2階展示室)

布志名焼は、出雲最古の窯のひとつで、松江藩の御用窯もつとめた。かつては、黄釉色絵を特徴とした。今も4つの窯がある。江戸時代から今日までの作品を系統的に展示。

資料館だより

出雲玉作資料館では、館内外での活動の様子や、今後のイベント予定などをお知らせしています。

資料館だよりバックナンバー

過去の資料館だよりはこちらからご覧いただけます。

お問い合わせ
歴史まちづくり部  まちづくり文化財課
電話:0852-55-5956(歴史まちづくり係)、0852-55-5387(景観政策係)、0852-55-5294(文化財保護係)/ファックス:0852-55-5658/メールアドレス:machi-bun@city.matsue.lg.jp
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
  • 組織機構図・事務分掌一覧
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。