1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 安全・安心  >  
  4. 防災情報  >  
  5. 地域で見守り・助け合い事業

災害時要援護者支援対策

地域で見守り・助け合い事業

松江市では、高齢者・障がいのある方などを災害から守るため、平成20年9月1日から「災害時要援護者避難支援登録制度」をスタートしました。これは、一人暮らしの高齢者や高齢者のみで暮らしている方、障がいのある方など災害が起きた時に手助けを必要とする方に対して、地区災害対策本部等、近所の方など地域が連携して避難支援をしていく制度です。


 

対象となる方

次の1から5のいずれかに該当し、災害発生時に自分自身で避難行動をとることが困難な「災害時要援護者」で、何らかの助けを希望する方です。

  1. 一人暮らしの高齢者又は高齢者のみ世帯の方(65歳以上)
  2. 身体障害者手帳[視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語・そしゃく機能、上肢1〜3級、下肢1〜4級、体幹、内部障害(心臓、肝臓、呼吸器、膀胱・直腸、小腸)]の交付を受けている方
  3. 療育手帳(A.B)の交付を受けている方
  4. 精神障害手帳(1,2級)の交付を受けている方
  5. 要介護3以上の方
  6. 1から5以外の方で、災害時に不安があり、登録を希望される方(保健福祉課までお問合せください。電話:0852-55−5302)

災害時に支援を受けるには

支援を受けるために登録する情報は

住所・氏名・性別・電話番号・公民館区名・緊急時の連絡先・かかりつけの医師・避難支援のために必要なその他の情報です。

登録方法

1.市への登録申請
  • 対象者の方へは、事前に制度内容の説明及び民生・児童委員(高齢者を担当します)、市職員(障がい者を担当します)が調査のために自宅訪問を行うことを周知する文書を配布します。
  • 登録をいただくために、地域の民生・児童委員及び市職員が対象者の方へ直接「災害時要援護者支援計画登録申請書兼登録台帳」を持って調査にうかがいます。必要事項を記入していただき、民生・児童委員・市職員を通じて、市に返送してください。

(個人情報の提供への同意)

  • 登録には、市の関係部署や警察、消防及び避難支援者、地区災害対策本部責任者、地区連合会長、地区社協会長、民生・児童委員、公民館長及び職員へ避難支援のために必要な個人情報を提供することに同意をいただきます。また、単位自治会長、自主防災隊役員、福祉推進員、居住地区を担当する消防団員、避難支援を依頼する方へは、氏名・住所・性別・年齢に限り情報提供の同意をお願いします。

避難支援には地域の協力が必要です。住所・氏名・性別・電話番号・公民館区名・緊急時の連絡先・かかりつけの医師・その他避難支援のために必要な情報です。情報提供の同意にご理解をお願いします。

2.避難支援者への登録依頼

登録を希望する方は、市職員、民生・児童委員が調査にうかがうまでに、避難支援者(避難するとき手助けしていただく方)の登録の依頼を、近所の方などにしてください。

<避難支援者が見つからない場合>

調査にうかがった市職員、民生・児童委員の方に申し出てください。地区災害対策本部(注1)に、避難支援者を探していただきます。(ただし、避難支援者が見つからない場合もあります。)

避難支援者とは

「登録要援護者)(注3)への日頃の声かけや災害が起きたときの安否確認や避難の手助けをお願いする方ですので、災害が起きたとき頼りになる近所の方々や自治会・消防団・自主防災組織などになります。

  • 避難支援者の責任について

 できる範囲での支援をお願いするもので、支援活動を行うにあたり責任を伴うものではありません。

  • 避難支援者とは、お互いに普段から気軽に話せる関係をつくるといった心がけも重要です。

(注1)地区災害対策本部等とは、地震、風水害、その他の災害が発生し、又は発生の恐れがある場合、地区における自助・共助による助け合いと、行政と住民との協働による災害対応を迅速かつ的確に行うことを目的に、自治会、公民館、消防団、自主防災組織、地区社協、民生・児童委員・その他地区で必要とする者で構成された組織(地区災害対策本部の未設置地区・支所管内においては公民館、管轄消防団、自主防災組織、自治会、地区社協、民生・児童委員の組織・団体)で構成された組織)。

(注2)避難支援者とは、対象者の方の避難の支援を行うため、「避難支援計画」(注4)に登録していただく方となります。

(注3)登録要援護者とは、対象者の中から「避難支援計画」に登録された方をいいます。

(注4)「避難支援計画」とは、「災害時要援護者避難支援計画登録申請書兼登録台帳」を基に調査・決定したものをいいます。

登録のお願い

  • 対象者で、避難の支援が必要な方はぜひ登録してください。地域の方や支援者とのつながりにより、災害時の避難支援を円滑に行うことが可能となります。
  • 松江市は、対象者の方の名簿を作成しています。この名簿は、災害が発生した場合又は発生の恐れがある場合に、支援者に提供し、対象者の方の避難・安否確認や救助活動等の災害対応に使用します。

(注意)登録がない場合でも個人の生命、身体又は財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められる場合は、市の保有している対象者名簿(住所・氏名・電話番号等)を、支援者に提供します。

個人情報の取り扱い図

地域で見守り・助け合い事業実施要領・申請様式

災害時要援護者自らができること

災害が発生したとき、災害時要援護者自身がケガをする危険を少なくするとともに、まわりの人がスムーズに支援できるよう、災害時要援護
者の方は特に次の備えをしておきましょう。

要支援者の活動について

福祉避難所について

市が指定した学校施設等の避難所では避難生活が困難な、高齢者や障がい者等の内、特別の配慮を必要とする方が避難する施設です。(原則、健常者の方の避難はできません)

お問い合わせ
健康福祉部  保健福祉課
電話:0852-55-5302(福祉政策係)、電話:0852-55-5326(給付係)/ファックス:0852-55-5537
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。