1. 総合メニュー  >  
  2. 暮らしのガイド  >  
  3. 安全・安心  >  
  4. 防災情報  >  
  5. 被災されたとき  >  
  6. 被災されたときは

被災されたときは

自然災害に被災された場合の証明

被災(ひさい)証明と罹災(りさい)証明の違い

罹災(りさい)証明とは

住家の被災程度を証明するもので、市が被災家屋調査を行い、その確認した事実に基づき発行する証明書です。

お問い合わせ先:固定資産税課(電話)0852-55-5163
火災による場合のお問い合わせ先:松江消防本部警防課(電話)0852-32-9131

被災(ひさい)証明とは

自然災害により被災した事実を市が証明するものです。

被災証明

被災証明の発行について

大雪・強風などの災害を原因とした軽微な被害に対し、「被災証明書」を発行します。

この「被災証明書」は、災害で被害を受け「保険」もしくは「見舞金」等を請求する際、ご加入の保険会社から提出を求められる場合があります。

 

1.申請方法

下記の書類を防災安全課へ提出してください。提出書類を審査いたします。

審査終了後、「被災証明書」を郵送いたします(即時交付は行っておりません)。

2.提出書類

1.被災証明申請書(様式・記入例)(word:54KB)

保険会社の任意様式でも証明できます。

申請書の第三者証明欄について:第三者とは、被災された方の親族以外の方で、被害があったことを実地で確認した人です。(地区役員・自治会役員・民生委員・地区住民などの人)

添付する被災状況のわかる写真に、被害の原因となったものが一緒に写っている場合は第三者証明が不要です。(例:雪害において、被災家屋等が雪で押しつぶされている状態の写真など、破損の原因となった雪が一緒に写っている場合)

2.被災状況のわかる写真

 

お問い合わせ
防災安全部  防災安全課
電話:0852-55-5115/ファックス:0852-55-5617
松江市役所
〒690-8540 島根県松江市末次町86番地
電話:0852-55-5555(代表)
開庁時間:8時30分から17時15分
  • 庁舎位置図
  • 電話番号・メールアドレス一覧
松江市携帯サイトQRコード
松江市ホームページはプログラム言語「Ruby」で構築されています。